片雲さくら

歌舞伎とビーフシチューと日本橋

夏休み、納涼歌舞伎を観に歌舞伎座に初めて行きました。母と一緒に。
演目は『落窪』『棒縛り』
なんとなく話は知っているのでわかりやすいかなと思いながら、
一応解説のイヤフォンを借りて観たのでわかりやすかったです。
というか、現代風にアレンジされているとか、なるほどとわかるセリフ運びとか、そんな解説もあってよかったですね。
『棒縛り』はたぶん、ドリフのコントとかで見たようなきがするんですが、
それよりもなんか面白かったです。
また行きたいです。

エルベ銀座といえば、すし、ビーフシチュー、オムライスですかねぇってことで色々調べたのですが、並ぶのは嫌だし、そこまで高いものも食べたかないし、おなかすいてるので歩きたくもないしってことで、
歌舞伎座裏をちょっといったところにある「エルベ」へ。
午前の部が終わってからでもランチタイムに間に合います♪
平日のせいか並ぶこともなく穴場かもしれませんね。


エルベ私はビーフシチュー。母は夏野菜のビーフシチューを頼みました。
サラダを食べながら待っているとやってきました。
土鍋でグツグツいってるビーフシチュー。
ご飯が進みます。
グツグツいってるので結構熱いのですが、
母はスゴイ速さで食べきってましたw
美味しかったです。


時間が余ったので日本橋で噂になってるとかいう金魚展へ行くことにしました。
銀座と日本橋なら歩いて行けるだろうと思ってましたが、結構遠かったですね。
で、コレド日本橋とコレド室町があるなんてこと知らなくて、右往左往してなんとかたどりつきましたが、サービス券くれるくらいならもうちょっと親切な道案内くらいしてくれてもいいんじゃないかと思ったり、、、





TOPへ
片雲さくら

姫路城へ行ってきました

姫路城9mm@大阪の翌日、姫路城へ行ってきました。
塗り替えられて、再公開が始まったばかりということで、サイト上で混雑状況なども公開されてますが、日曜日などは整理券も発行されるくらいの混雑状況とか。
この時点で、直近の交差点です。
まだ遠い。。。


姫路城ま、その混雑ってのは結局のところ天守閣まで行くとってことなんですが、場内もちょっとは見たいってことで水の門とか、城外だと思うんですけど、ギリまで城の下まで見たいってなるとそのコースをたどるしかないわけで。
行ったときは場内所要時間1時間30分と言われました。
並ぶこと、待つことが大嫌いなのだが、ここまで来て間近でみられないのもしゃくなのでいってみました。



姫路城ミニチュア。
…適当? ってのが感想ですね。つか、これ本当かよって感じ。
それ以外のたいしたものはなかったですね。
正直、本丸しか残ってない川越城のほうが面白かったくらいに、つまらなすぎる場内でした。
急階段ばっかなのに、クソガキや海外の人が入りまじってるので押されてもケツ触れてもしょうがないみたいな、
そして、見に来ているっていうのに、「立ち止まらないでください」とは?!
ま、天守閣からの眺めも、想像どおりなので大した感慨はないんだけど、払った金の分くらいは満喫したいとか、
混雑の中登ってきたのだから、くだる前にちょっと落ち着きたいという気持ちを打ち砕き、
さっさとこの場から離れたい思わせる場内整理の人たちの発言は別格でした。



姫路城そんなだったら整理券発行のもと、人数制限でゆったり回れる方がまだましだけど、
炎天下でこんなところで待たされたらたまったものではないぞっていうスペースを帰りにみてさらにぞっとしつつ、
白く眩しい壁を見ながら退散しました。
あやしい雲行きでしたが、なんとなく晴れてきて。
なんだかんだで2時間くらいかかっていて、すっかり腹へって
どうにもとまらないーっ


姫路おでん駅前に戻って姫路おでんのお店に行きたかったのだが、そこまで歩きたくないってほど疲れてしまってたので、城前の交差点をわたったところでおでんとビールでお昼にしました。
なるほど。
私、冬のコンビニの匂いが嫌いなんで、おでんは嫌いなんだと思ってたけど、
これはおいしかった。
そうか、関東は昆布だしだが、関西はかつおだしでつくってるんですね。
しかもしょうが付。めっちゃおいしかった。
27度、暑いよねーといいながらもおでんがめっちゃおいしかった。


姫路城お城の外堀を昔風の木船が進んでました。
ちょっとすすむと庭を集めた好古園というところがある。
水戸黄門とか大岡越前とか、最近だとるろうに剣心などの撮影にも使われたというお庭だそうで。
大岡越前は大好きで、全シリーズを見ました。
ああ、ここに伊織さんと忠相が佇んでたような…ってところで写真をとりつつ
また、いろんな花や植物も楽しめる雰囲気を堪能しました。
鯉がね、やたらめったら、どいつもこいつもでっかくて、なるほど、将軍様や悪代官が無駄に餌をあげたりするシーンを飾る役者っぷりを感じました。…ええ、鯉に。


そのあと、播磨国総社へお参りしてたら雨が降ってきて、雨宿りしてもやむ気配がないのでタクシーで駅まで戻り、
座った瞬間、かなり疲れていることを認識した。
神戸に移動して生田神社へお参りする予定だったがその元気も時間もなさそうで、一旦ホテルへチェックインすることに。
続きはまた。

TOPへ
片雲さくら

大満足のしゃぶしゃぶ食べ放題

ろくまる五元豚
お彼岸の話になりますが、
毎年墓参りのあとは家族で、恵比寿で飲んで帰るというのを楽しみにしております。
去年はとくに調べもしなかったので、歩き回った挙句けっきょく、恵比寿ガーデンプレイスでフツーにビアガーデンに入って、(それなりに楽しく飲みましたがw)…という感じで。
今年は妹が下調べしたしゃぶしゃぶ食べ放題のお店にいきました。

ランチタイムが終わるかおわらないかって時間だったせいか、ちょと飲みモノや食事の出てくるタイミングが遅かったですが…
予約していけばよかったですかね。
展望レストランなのに、窓際に通されないとちょっと落とされた気がします。

ろくまる五元豚つーのは差し置いても、まあ出される肉にびっくりすること間違いなしの食べ放題でした。
これ、肉の刺身(?)ですか。
飲み介たちには満足のいくツマミですかね、…いや、これで結構、食べごたえがあるので、
メインのしゃぶしゃぶ肉がやってくるとびっくりしますよ。



ほら。
ろくまる五元豚
ほらほら。

ろくまる五元豚しゃぶしゃぶのコースでお肉選べます。
鍋の種類も選べます。
これは豆乳鍋ですね。
このあと〆のごはんだかうどんだかを考えるとぞっとするほどの肉の量でしょ。
お野菜とかもきますからね。
大人4人でしたが、最後にはきっつきつな感じでした。
〆は蕎麦にしました。

あ、デザートもしっかり食べました。


事前にお肉の用意に時間がかかりますと言われてたのを承諾しましたが、
結構まったりするほどでしたね。
そのせいか(?)時間制限もなかったので、3時間くらいのんびり食事ができました。
せめてのみものはもうちょっとはやく出てきてくれるとありがたかったのですが…。




関連ランキング:鍋(その他) | 恵比寿駅目黒駅




人気ブログランキングへ ポチっとお願いします




TOPへ
片雲さくら

若冲と蕪村展@サントリー美術館

六本木は鬼門なんですよ。
待ち合わせに必ず失敗します。
だから早めにでたのに、やっぱりダメでした。

ま、それは置いといて。
久々に友達からメールがきて、若冲展があるので一緒にってことで行ってきました。

若冲と蕪村展

土曜日のせいか結構混んでましたね。
アレですね。音声ガイド、案外利用する人が多いみたいです。
イヤフォンした人たちがガラスにへばりついて、まったく動かない。
…説明長すぎるんじゃないですかね、作品ひとつひとつについて、解説するのはいいと思いますけど、展示品をまわりながらっていうのはどうなんだろ?
自分の感性で見たいものを見て、じっくり楽しんで、
講義や裏話なんかは別でやったら? って思うんだけど。
何か残りますか?

ま、人それぞれの楽しみかたがあるからね。
その後ちょっと休もうと思ったけど、「ちょっと」という値段でくつろげる場所もなかったので、新宿に出て飲みに行きました。
六本木はやっぱ私には合わないなー。


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします





TOPへ
片雲さくら

富士山周辺のお土産、さんざん買いまくりました。

特別、誰にこれあげようとかそんな予定もないのに買ってしまうのは酔ってるからかもしれない。
座るとどこでも呑んでます。
電車、乗り換え、蕎麦屋、土産屋、旅館、バス停。
呑まないのはバスの中とタクシーくらいじゃないですかね。
地ビールが案外なくってがっかりしましたが、ワインは有りました。缶もあるからいいね。

富士山土産つい手を伸ばしてしまうのがやはり地域限定品でしょう。
河口湖周辺に土産屋さんがたくさんあります。
カチカチ山に行ったあと色々眺めてみました。
富士山周辺ってことだからよくよく見ると静岡、わさび、とかあったりして、「あ、違う違う」と戻したりしながら、へんなものを買ってしまうw
一味入りキットカットってどうよ? って思ったけど、一味の味はしなかった。しかし人に食わせてみると「あとから来る…」とまるで私、だましたような。
個人差ですよ。


富士山土産会社へ持っていったお土産。
なんすか、もつ味のドロップって!
ええ、これはホントにそんな味で、ビールでものみながらならいいけど、仕事中に食うもんじゃないと。
そのせいか、「おせんべいは、ふつーに美味しかったです」と好評を得る。
なんすか、フツーって。



プレミアム信玄餅プレミアム信玄餅

あちこちで信玄餅は売ってるんですけど、大月駅前にこの桔梗屋があるんですよね。
どうもそこでしか売ってないらしいと噂を聞きつけてとりあえず買ってみました。
プレミアム信玄餅。
原料が普通のよりいいらしいですよ。
しかし、黒蜜にしても、きなこにしても、このクニュクニュの本体にしても、
これ単体ではどうなのか、さっぱりわかりませんね。
単に信玄餅って感じでした。うーん。

信玄プリン信玄プリン


黒蜜かけて食べるプリン!
これは考えただけでも美味いだろうと思っていたけど、やっぱり美味かった!
しかくい容器に入っているので、家庭にあるスプーンで食うと角っこが食えないらしいが、ついてるスプーンで食うと食べ残しもありませんw

富士山土産会社のはす向かいに座ってる彼女がふち子さんをあつめているので、温泉ふち子さんを購入。
ほろ酔いふち子さんが欲しかったんだけど、スタンダードに足蹴りのふち子さんだった。しかし、ひじ、ひざ、ほっぺ、色っぽく赤い。



人気ブログランキングへ ポチっとお願いします





TOPへ
片雲さくら

ゴールデンウィークなので河口湖に行ってみました。その3

鳴沢氷穴翌日は鳴沢氷穴と風穴に行くことにしました。
バスで行くしかないですねとインフォメーション窓口で聞いて、バスの切符を富士急で買ったんですが、なんとボラれました><
よくよく聞くとパスモやスイカ、現金でもバスで払えるらしいんで、ますますくやしい思いをしましたが。

氷穴はちょっとした冒険のようで楽しかったです。
ところどころランプで照らされているんだけど、足元までしっかり見えるわけではないので、かなりこわごわ進む感じです。
ちょっとしたアトラクション気分だし、涼しいし。
ここで「アナ雪」を歌う人続出。


鳴沢氷穴特に写真上手いわけでもないですけど、どうやってもこんな感じでしょ。
ホントに真っ暗なところもあったりするんですよ。
氷穴は縦にもぐってく感じですが、風穴は横穴。それでも天井が低かったり、階段も急。鎌倉まで続いている穴があるとか、言われるとちょっと信じてしまいそうなくらい。
なんか、神秘ってものを感じます。…え? 違うか。
泣きがなら嫌がるこどもに「後ろ詰まってるから!」と怒鳴る母親。「男の子でしょ!」…それ関係ないし、小さい子にはまず無理だと思うんだけど。


そうなんですね、富士山だけじゃなくて富士山関連のこれらも併せて世界遺産なのか。と、観光客の多さというより様々な国の人たちに驚く。
韓国・中国、あとはインドとかイスラム圏っぽい人とか西洋風の人とか、あらゆる言語が飛び交ってました。
行列は日本の文化ですかね。列に並ぶということを知らないし、いけると知ったらパニック状態になりかねない勢いで移動する人たちもいし、身体やカバンにベタベタ触ってくるので、スリの心配も必要だし。怖いなと思いました。
そしてバスが来ない理由。一人ひとりに通じるまで説明します。言語が通じないまま。
どこへ行くのか、ここへ行きたいが連れてってくれるか。バス停じゃないところでも止まることしばしば。

富士山
歩いたほうが気分もいいですよ。

浅間神社
お手をする 牛。



人気ブログランキングへ ポチっとお願いします






TOPへ
片雲さくら

ゴールデンウィークなので河口湖に行ってみました。その2

富士山
富士山ドーン!
これは富士急行富士山駅、展望デッキからの眺め。
やぁ、晴れてよかったよ。
電車はほぼ1時間に1本くらいなので、のんびり待つこと。
ええ、電車は待てば時間どおりにきますけど、バスはホントに来ない。
ゴールデンウィークなので臨時便でも出てるんじゃないかと期待したんだけど、
そんなことはなく、周遊バスが小さな車体ではなく、富士急の大きな車体になった程度で、1時間待っても来ないから絶対待たないほうがいいとタクシーの運ちゃんに言われるほどだった。

河口湖その日、河口湖縁の山岸旅館さんにチェックインして、近くのカチカチ山へ行きました。
あのうさぎとたぬきのカチカチ山のモデルとなった山だそうで。
河口湖が見降ろせます。
連れが話を知らないというので簡単に説明する。

たぬきに騙されたじーさんばーさんに同情したうさぎがやってきてな
「あのたぬきの野郎ですか。あっしに任せて下せぇやし」
つってな、たぬきを懲らしめるために背中に火をつけてな、あっちーっていいながらたぬきは山を走っておりたんだけど、それでも追いかけてって背中に乗り上げ…

おいおい、かわいいうさぎがそんなことするわけないだろー。
しかもたぬき丸焼きにするほど、じーさんばーさんになにしたんだ?

なんて言う。あれ?
ロープウェイは頂上まで3分で行けるというのが、待つこと40分。
駐車場のおっさんは30分待ちで、しかも5時で終わるからそれに乗れなかったら、歩いて下山だぞ!となぜか怒鳴りつけてくる。
無視して建物に入ると別のにいさんが20分待ちだという。
たぬきもきっと信用できない人間に出会ったせいかもしれないと話してたら、待ち時間の階段にこの物語が貼ってありました。
ええ、たぬきはなんとばーさんを鍋にしてじーさんに食わせてしまったらしい。
…そりゃじーさんも誰かれ構わず嘆きを漏らすわな。
うさぎ。火をつけるだけでは収まらず、火傷した皮膚にからしを塗りつけて、さらにその身体の上で踊っているような絵が…。
案外、ホントに覚えてたってか、もっと残酷な話だったという。


富士山
山頂からの富士山。
なんとか帰りもロープウェイに乗って無事下山。
かなりの急こう配なのでこれは楽しかったよ。
そして旅館に戻って風呂に入る。
露天風呂もあったが、上に窓、両隣も旅館。
プールとかで足まではいるようなへんなスペースあるじゃん。あれみたいな無理やり作った感があったけど、せっかく温泉なので、長く色々入りたいし、どうせうさぎやたぬきみたいなもんだから気にせず浸かりに行く。
風呂はいいねぇ。

山岸旅館_食事山岸旅館_食事


山岸旅館_食事山岸旅館_食事


わー、ゴージャス―。
棒読みのように感想を漏らす私はエビカニが食えません。
予約時にいうのを忘れたのでしょうがないですけど、海側でもないのにまさかここまでエビカニずくしとは…と。
ちょっと残念ではございましたが、旅館までの道すがらスーパーがあってそこでしこたま酒とつまみを買ってきたので、ここで腹を満たそうとは思ってないあたり。
贅沢三昧でしたねぇ。はい。

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします





TOPへ
片雲さくら

ゴールデンウィークなので河口湖に行ってみました。

忍野八海
見えます? 富士山です。
世界自然遺産登録されたというからやっぱり、直接いくのも人ごみにうんざりするようなものだから、
ちょっと離れたところで「富士山、でっかいなー」と満喫するのはどうだろうということで、
出掛けてみました。

芝桜まつりとやらをやってるらしいのだけど、でかけに調べたら
「本日3分咲き」だ…と…?
いやー、ピンクのじゅうたんまんかーい!!! みたいのじゃないとなんとなく満足できない気がしたので、
最近ちょっと人気が出てきたらしい忍野八海とやらにいく。

忍野八海まるで絵のよう。
水車や茅葺屋根の家があったり。

富士山が噴火したときにでっかい湖がどっかーんとやられて、八個分かれてしまったとか。
つーことで川沿いにそってあるいてみる。

忍野八海これがお釜池。
絵のよう。
ガマが出てきて娘を水中にひきずりこんだとされるらしいが、
その青く澄んだ奥にガマガエルがいるなんて、いやだね。
底がないくらいキレイじゃないすか。

で、結論からいうとこの池以外は別に感動はなかった。
八海観るつもりであるいてたが、途中「これは人口池」とか、
「え? これ?」なんてのもある。



それにしても桜がまだ咲いていて、あちこち咲いてたりする。
澄んだ川を桜色の花弁がながれていく風情はステキだった。

忍野八海
たとえば、入館料2〜300円でもとってくれてもかまわないから、
この順路に沿ってあるけば全部観れるとかいうものがあってもいい気がするが、
ガイドをみても、そこの看板をみても、
もと来た道をもどっても、ちゃんと巡れなかった。
結局諦め、こんだけ水がきれいなんだから蕎麦もうまいだろうと食ってみるが、つゆマズイ…。
選んだ店が失敗だったか?


忍野八海うーん。
この日はそのあと富士山駅近くの浅間神社に行って、
河口湖へ移動して一泊したんだけど、
この旅行で一番上手かったのはこれだった。

白桃ソフトクリームと巨峰ソフトクリーム。



交通が不便です。
バスがまったく着ません。
ま、せっかちなので観終わった時点で20分待つという選択肢はもともと私にはなかったんだけど、
バスが一時間に一本しかない。
周遊バスも時間通りには絶対来ないと言われ、結局タクシーに乗ったりした。
観光インフォメーションや駅の人に聞きこんだりいろいろしたけど、
3分で行けると歩いてみたら10分かかったり。
まっすぐ行けば迷わないと言われながら迷ったり。
あげく、富士急●の駅員にはバス賃ぼったくられる(バスで払えるので切符は窓口で買わないほうがいい)など、
ちぃとばかり県民性を疑いたくなるほど、騙されまくる旅だった。

おまけに世界遺産登録のせいか、外人が多い。
韓国・中国・インド圏とかあっちの方の人もいたし、白人も多い。
一人ひとりに対応してたら、そりゃ帰省ラッシュやまつりの影響だけじゃなくてもバス乗るだけで20分遅れるわなって感じで、大変だなというのはわかるけど、だったら増便するとか、さ、って思ってしまうのは我儘なんですかね。

って気を許してると列に並んでいるうちにスリにあったりするからね。
列に並ぶってことがわからないらしい。
一人前でるとみんな飛びだすので、整列で時間かかる。
押せば進むと思っているので、身体を密着される。

ま、そんな感じで。
気が向いたら続きを。



TOPへ
片雲さくら

花の色はうつりにけりないたづらに

三寒四温というけれど、桜が咲いてる時期だけはそっと穏やかな日々が続いて欲しいと思うよね。
昨日、夜、雨降ってたし、風もゴーゴー吹いてたし、ダメかもなぁと思いながら、
一年ぶりに友達と散歩するために六義園に行った。

六義園駒込、半年間だけ働いてたけど、いつの時期だったのだろう。
しだれ桜が見事で、ランチで通ってました。
今日行ってみたら、こんな感じ。
しだれ桜祭として、その期間はライトアップもしてるんですが、
入口でみたら、本日まで。
もしかして終わってるか? と思いつつもせっかくきたので入園してみたが、
見事に葉桜になってました。
ああ…


六義園ま、それでも広い庭園ですので、のんびり話ながら散歩するにはちょうどよく、
ここ、
結構急にみえますけど、そんな大した丘ではないw
それでもやっぱり広いかな。
渡月橋とかあるんですよ。
岩二枚でできてるの。
これは強風が心配なので一方通行とのことでした。
それにしても、鯉が多すぎて、月が水面に映ることはないだろうと想像して笑うワシら。かなりデカイ鯉ばかりでした。
はい。

茶店で炭焼きだんごをほおばっていると雨が降ってきて。

くらもちふさこの「花に染む」の舞台となってるのは駒込だろうということで。
ロボきちとあってた神社らしきものはあそこじゃないかと検討をつけてるところがあって行ってみようとしてたが、あまりにも寒くてコーヒー屋に逃げる。



その後、ちょっとダラダラしながら、
雨がやむのを待ってたら、950m先に旧古河庭園があるというので行ってみた。
そこにもしだれ桜があったが、六義園より一回り小さい。
そして、執事とメイドが必要っぽい館の下に薔薇園があって、つつじの茂みがあるが、今の時期回ってもなにも楽しくはない。
灯篭にいろいろな型があるということが勉強になった。
「あ、○○型!」とか、言って走り寄って行ったら、ちょと面白いかもね。
庭の勉強でもすれば強くなるのか? それよりつつじの種類を全部漢字でかけるようになった方がスゴイとか、
いや、それを披露する機会を作ることのほうが大変だとか。
くだらないことで一時間というものはあっという間に過ぎる。


そうそう。
皇居の乾通りが一般公開されたとかで。
金曜にそのニュースを朝聞いて、そりゃ珍しいってことで母に「しっとるけ」とメールしてみた。
すると、結構食いついてきて、新聞を漁ってみると、バスツアーまで出てるとか情報をキャッチしつつ、これはすごいから日曜にでも行ってみっかと話してたが、
その日のニュースで4万人との情報にビビり、これはだめだと諦める。
雨降るって言ってるしね。

新宿御苑
ってことで。
新宿御苑の桜の様子を送ってやる。

ようやく、歩けるようになった子が必死になって歩いていた。
こけてはようやく立ち上がって歩きだす様子をおかずにご飯をたべました。
カメラを構えるお父さんの、必ず右横を目指して歩くので、
きっとカメラアングルとしては悪かろうと思うのだが。
あれはなんなんだろう。
「どこまでも歩きたいのに、オマエ、邪魔ってことなのか?
「単にお父さん嫌いなのか」
「…ええ? もう?」
目の前に座ってたカップルも、似たようなアテレコしながら眺めていた。
子どもがかわいいと思う時期は幸せなもんだな。<

新宿御苑


昨日は昨日で、お茶ノ水に行って、
スイカで通ったら165円と初めての端数が記録され、消費税アップをここで初めて実感した。
そう、まだ4月になってから買物してないんだわ。
新宿のランチは割と料金据え置きが多い、…ん? 御苑半分だからまだそんなに行ってないか。
あ、そういえば薬局でお茶買ってたのが、100円でお釣りくるのが、1円玉必要になってたな。

市ヶ谷
そんなこんなでお茶の水から市ヶ谷まで歩いてみました。
ちょうど満開な感じですかね。
少し肌寒い感じでしたけど、外堀通りをずっと歩いていく人は多かったですね。
電車で眺めるより、やっぱり歩いたほうが気持ちいい。
しかし、法政大学から市ヶ谷までのあの道は、花見客がゴミのように散らばっていて、
アルコールのにおいと煙草の匂いで満たされてました。
ゴミ見か花見かわからん状況ですな。





人気ブログランキングへ ポチっとお願いします







TOPへ
片雲さくら

まぁどうせ東京は雪になれてないからこの惨事ってわけでしょうけど

自動車学校の車に勢いよく泥雪をはねられ、コートもジーパンもビッシャビシャになりました。

昨日親知らずを抜いたので、経過を見るために歯医者に行かなきゃならなかったのだ。
朝、早めに起きたけどTVつけたらスケートやってんじゃん。男子フリーじゃん。
羽生くん、かわいいねぇ。19歳なのにしっかりした発言してて、自分にも甘くないって感じがいいじゃない。始まる前の「ありがとう」って呟きとかみちゃうとかわいいって思うじゃない。十字切るのは宗教じゃなくて、身体の軸を確認するためなんだってさ、へぇ。
そう、最初は何気なく付けてたテレビで、
「あ、ゲイリー・ムーア!」
「なにそれ1 はにゅうゆずるよ!」
と母との会話から始まる。スポーツ選手の名前はほぼ覚えたことがないが、このきゃしゃな感じでありながらパワフルな演技をするところとか、演技終わってはぁはぁしながら、真面目にインタビュー受けてるとことか、なんというかもう、、、
男子はここ最近、ここまで完璧に近い人とか、フェロモンバシバシの人いなかったからなんとなーくしか見てなかったけど、ついぞ見つけてしまいましたね。
ええ、キャンデロロ以来かなー。

なんて陶酔しているうちに、1時間早めに出るつもりが30分押したんだわ。
雪道、今朝降った雨はなんだったんだってくらい溶けてなくて、晴れてきてるにも関わらず、先週よりかなり積もった雪道でした。
ゆっくり歩いて進んでいると、後から、この雪道の中、徐行もしない車がやってきます。
歩道というほどのものはなくて、しかも道の端っこは高く積まれているし、登れないわと思いながらもゆっくりと端に寄ったのに、轢くぞコラ! とでもいうようにスゴイスピードで横を通りぬけ、全身、はねた泥雪にまみれました。
あまりの怒りに、写真撮ってツイってやろうかと思いましたが、それもくだらないので我慢してやった。
が、だんだん足のあたり沁み込んできて冷えてくると、やっぱりクレームの一つでも入れてやりたい気分だとか思いながら、時々止まる電車にイライラしてたら、予想以上に進まず歯医者に電話する。
昼休みもあるからゆっくりおいでと、やたら時間を持て余すことになり、憂さ晴らしに新宿でお買いもの。二時間も遊んでれば電車も復旧するでしょうと思ってたのに、まだあちこちの電車は遅延中。
「不要不急の外出は避けましょう」
ニュースで言ってました。
デートを楽しんでいる若者より、きっと、私の方がそれなんだよねぇ。
たった10分の経過確認と歯磨き指導のために、3時間もかけて遠出してるんだからさ。

帰り路、あちこちの商店や家の前で、雪かきしている人たちがいました。御苦労さまです。助かりますー。
とはいえまだ、大きな道路(と言っても一車線ですけど)は雪が残ってるし、端っこは山となってるので、ゆっくり歩いていると、朝みたあの憎たらしい自動車学校のロゴを付けた車がやってくるじゃないですか。
これは大変! と十字路の道を思いっきり横へ進んでみたのに、3メートルは離れたっていうのに、思いっきり泥水ぶっかけられました。雪かきしてたおばちゃんも悲鳴を上げてました。顔にぶっかけられたみたいです。
やっぱり許せないわ、世田谷自動車学校。
スタッフの評判も悪いという話は頷けますね、2台の車が歩行者に悪意を持って走ってるんだからさ。



今更だが「告白」を読んでいる。
つらいことがあったら相談しなさい、言えないときは日記に書きなさい。人の脳は覚えておこうと必死になるけど書いたことで忘れていいんだと思うから、悪いことは書いて忘れろ、というようなことを死んだお母さんがいったという。

さっそく見倣ってみたが、ブログ10年もやっててそれはなんだか違う気がしてる。
ま、そもそも日記とブログは違うから確信犯か、あっはっはぁ。


ので、最後にほのぼの写真で終わろう。
もつと言ったらい志井
先週、9mmのライブの帰りに行った店。



人気ブログランキングへ ポチっとお願いします







TOPへ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM