片雲さくら

2016年まとめ

2016

読んだ本の数:106冊
読んだページ数:21880ページ
ナイス数:1058ナイス

 

マルコピだと壊れますね。

グラフだけにしました。

 

小説が一割ですかねー。

漫画は『雨柳堂〜』『暗殺教室』『天地明察』が主ですかね。

なんだかんだで100は読んでたんですね。

今年も3桁目指して頑張ります。

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

JUGEMテーマ:気になる書籍

TOPへ
片雲さくら

12月に読んだ本(2016年)

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1671ページ
ナイス数:75ナイス

聲の形(2) (講談社コミックス)聲の形(2) (講談社コミックス)感想
西宮の母ちゃんこわいわ。子供の意思は尊重しないわ、マジで他人の子なぐるわ、妹がこうなのも姉ばっかで見ないせいなのか?ナイトのような妹だが、姉は守られてばっかじゃなく見てるのね、良かった。つか、将也死ぬつもりだったのか。死ってそんなに価値あるものか?
読了日:12月31日 著者:大今良時
聲の形(1) (講談社コミックス)聲の形(1) (講談社コミックス)感想
手話や取っ組み合いの西宮が何を言ってるかわからない。わからない将也の目線で描かれてる。障害者とはいえ西宮のせいで煩わされる気持ちに憤るのはわかる気がするが、イジメになるのはなんでかな。親や先生もなんか気持ち悪い。
読了日:12月31日 著者:大今良時
フラジャイル(7) (アフタヌーンKC)フラジャイル(7) (アフタヌーンKC)感想
小早川さんの想いが演奏される。シーンの見える演奏ってすごいな。泣けた。まさか、ここであの譜面が使われるとは思ってなかった。それにしても、せっかく検査技師もいっぱいいて病理もあって大病院としてはちゃんとそろってるものを排除する必要があるのだろう? 質を落として広く浅くでいい病院といえるのか? 患者が繰り返し来ればいいというのか? コンサルの立場もあるのだろうが、前回の製薬会社の話のようにどんな理由があっても受け入れがたい話になりそうだ。 
読了日:12月18日 著者:恵三朗
はたらく細胞(4) (シリウスKC)はたらく細胞(4) (シリウスKC)感想
後輩? そうか、細胞も新陳代謝するしなぁ。彼女も年老いていくのだろうか。あれ? 血小板はずっと子供のままなら…。やたら危機にあうからだだな。しかし、ちょっと最近擬音をでかくかくことで、ごまかされすぎてるシーンが多い気がする。
読了日:12月18日 著者:清水茜
竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)感想
これは面白かった。吉田秋生好きの女子になら薦められる。ミナレさんほど、カッとんでないけど、赤木さん、どこかにマジでいそうな子だなと思った。スカッとしてていい。アホなイタリア人の思惑にはまらないのも面白い。自由に遊んでるようで、ちゃんと考えてたりするところもいい。後ろのカットんだハイスピード漫画も、Vシネでありそうww。「ファイティング」? フィル・ライノット? 作者のちゃらんぽらんな感じがますます好きになったわ。
読了日:12月18日 著者:沙村広明
ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)感想
怖。『波よ、聞いてくれ』が面白いので他の作品も読んでみようと思ったら…。残忍な話だけど、生と死に分かれる未来やら少女側、監視、囚人、いろいろな視点で殺伐と進む。読ませる話だった。
読了日:12月17日 著者:沙村広明
波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)感想
北海道人やばーい!! と笑いながら思ってしまったが、きっとミナレさん基準にしちゃいかんのだろうな。細かいところで「プッ」と笑ってしまうが、全体、ホラーやオカルトっぽい表現が多いので、面白いのに人には薦められないのが残念。いろんな人がちょっとずつ見えてきて続きが楽しみ。
読了日:12月17日 著者:沙村広明
艶漢(10) (ウィングス・コミックス)艶漢(10) (ウィングス・コミックス)感想
いよいよ核心ってことなんだろうけど、遅々として進まない。組の仕組みとかわかってくるたびに陰惨なものが出てくるので、なかなか読み進めるのが億劫になってきた。アンリ、好きなんだけどな、、、
読了日:12月17日 著者:尚月地
田中くんはいつもけだるげ(5) (ガンガンコミックスONLINE)田中くんはいつもけだるげ(5) (ガンガンコミックスONLINE)感想
白石さんがいじらしいが、ずっと片想いのままのほうがしあわせだろーな。田中くんは続けて読むと、読むことがだるくなってくる。田中くんに感染してるのか?
読了日:12月5日 著者:ウダノゾミ
田中くんはいつもけだるげ(4) (ガンガンコミックスONLINE)田中くんはいつもけだるげ(4) (ガンガンコミックスONLINE)感想
太田、いい嫁になりそうだと思ってたが意外とボケというかズレてるところもあるんだな。みゃーのがかわいくて癒される
読了日:12月5日 著者:ウダノゾミ

読書メーター

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
片雲さくら

2017年1月8日

年明けに最愛のペットとお別れしました。
 

 

 

 

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | 近況 | - | -
片雲さくら

11月に読んだ本(2016年)

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1188ページ
ナイス数:68ナイス

波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンKC)感想
放送事故のようなってそれ大丈夫なんでしょうかね、地方のラジオだからって…。ミツオ。死ねばいいのにと思うが死に目に会いながらぬくぬくと生きてる感じが絵になって表れて笑えた。「射殺」ってコマだけで思い出し笑い2日できる。ホントにテンポよくて面白い。が、話がオカルトというかホラーチックに持っていかれちゃうのがちょっと万人受けしないだろうからザンネンな気がする。
読了日:11月26日 著者:沙村広明
波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)感想
通常生活が大喜利のような店舗のよいのり突っ込みで、会話の端々まで活力にあふれていて笑えた。こういう女性好きだ。バイタリティ、って言葉だけじゃなくエネルギーの塊みたいで、失恋だの詐欺だの哀れな話だけど。。。そもそも、話の始まりが飲み屋で知り合ったばかりのおっさんに管巻いてるって、これだけで即買いしましたw
読了日:11月25日 著者:沙村広明
さよならの手口 (文春文庫)さよならの手口 (文春文庫)感想
「仕事はできるが運の悪い女探偵」そっか、確かに運悪すぎ、ってかよく生きてられたなってヒドイ目に遭ってきた。しかし今回いきなり冒頭からすぎてさすがに笑った。運悪いどころの話じゃない。それにしても、毒吐きまくっていてなんだかスカッとする。友達になれると思う。続きも速攻買いました。
読了日:11月20日 著者:若竹七海
ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)感想
あまり大笑いする部分はなかったな、というか、ダンジョンだけにシビアな危険が迫ると、な。ま、カエルは笑えたけど。あの4人じゃどうにもラスボスには立ち向かえない気がしてたけど、人が増えてくるとなんとかなるのかな、つかそろそろラスボスなのかしら。
読了日:11月13日 著者:九井諒子
魔法使いの嫁 6 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 6 (BLADE COMICS)感想
アリス? 時々女子っぽいなと思いつつ女だとは思ってなかったで、、、その分こめて女子がクリスマスプレゼント買いに行くっていう話題に和みました。アリスと師匠の関係もなんとなくわかってますます親しみを感じた。
読了日:11月13日 著者:ヤマザキコレ
ふしだらニート (ビーボーイコミックスデラックス)ふしだらニート (ビーボーイコミックスデラックス)感想
面白かった。初読み作家さんですが、絵がキレイでうれしい。アホな子って楽しいですね。どっちの話もニートですが、なんか居ることでそれなりに役に立ってるってのはいいことだと思ってしまうw
読了日:11月13日 著者:ジャガー芋子

読書メーター

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
片雲さくら

お酒好きの母を連れて

久しぶりの吉田兄弟のコンサート。

大宮だったので母を招待してみました。

三味線やってみたいねーなんて話ながら、津軽じょんがらのかけあいがよかったなんて話ながら

妹とライブ終わりに待ち合わせて、飲み屋にいくことにしました。

 

母はお酒好きですが、まぁ私らみたいに外で呑むことも余りないので、

出かけたときはいろいろ連れてってやりたいので、八吉にしました。

 

八吉_お通しお通しはイカの塩辛3種類。

右が普通で、真ん中が酒が進むほど辛い感じ。

左…忘れた。

一週間前なのでw

 

みんな違うお通しだとこういうときはうれしいですねぇ。
 

八吉_生ハムシーザーサラダ生ハムシーザーサラダ。

 

のんべぇなのですぐ出てくるものは必須です。

家でサラダに生ハムを添えようとするが、ちょっとおしゃれにはできなくて、

「なるほど、こういうのを目指してたのね」と知ってもらいたいものだが、

ペロリと食ってしまうので、覚えちゃいないだろうねw

いーけど。
 

八吉_ざる豆腐ざる豆豊。

塩とゴマとネギが添えられてます。

豆腐になんか、シャリシャリする歯ごたえのものが混じってます。

レンコンか大根か? 

なんだか美味いぞ、

でも塩よりやっぱ醤油だなー。
 

八吉_海鮮4点盛り

海鮮4点盛り。入口に本日のおさかなってな感じで魚がいるんだけど、

入ったときは一匹しかいなかったから心配したが、美味いもんいっぱい出てきました。

鯛2種類、ぷりっぷりで美味しかったです。

 

八吉_牛ロースの炙り焼き

国産牛ロースの炙り焼き

これはちょっと想像と違う、正直ハズレ…。

 

八吉_喉黒棒ずし

喉黒の棒ずし。

喉黒、美味い魚とは知ってるが、こんなところで食えるとは…。

居酒屋ってのはこういうのもあるのねーとひたすら感心しながらも、

ビール、日本酒、梅酒に焼酎といろいろ飲みました。

 

やー楽しかった。

ってことで、普段は〆なんて頼みませんが、

八吉に来たらやっぱり頼まないと損する気がするし。

八吉_氷見うどん

氷見うどん、つけ麺タイプ。

 

八吉_からすみ茶漬け

からすみ茶漬け。

からすみなんて酒に合う珍味を家に知らしめたのは私。

学生時代のオリエンテーリングで言った船旅の酒のつまみっすね。

もっとぺらっぺらに切って出されたが、それでもめっちゃ美味かった。

舐めててもいいくらい、好きっすな。

 

八吉_鯛茶漬け

母には鯛茶漬け。

「おしゃれねー」と感心しながら食べるの早ッ。

 

やたら食べて飲んで、大いに笑って楽しい飲み会でした。

帰りはほろ酔い通りこしてた感じでしたが、さっさと眠れていい一日でした。

 

関連ランキング:魚介・海鮮料理 | 大宮駅

 

TOPへ
片雲さくら

俺の目をみて言ってくれ!

3〜5年前、花粉症だといわれた。

カイシャのとある男を見るとアレルギー反応のようにぶつぶつでるし、

吐き気は止まらんし、気持ちが悪くなるので検査に言ったのだ。

害虫アレルギーと花粉ですと言われた。

害虫? 奴の名前をいうのも気持ち悪いので、確かにゴキブリとは言ってたがの。

でも、本物のゴキブリは見ても退治できる。

つぶさぬよう生け捕りにして苦しめて外へ放り出す。見事なまでの技を鍛えたので、本物にはたいしてない。

が、ゴキブリと呼んでる男が視界に入ると相変わらず、じんましんはできるし、

息はできないし吐き気もするから、周りの全面協力で、視界に入る前に警告してもらうことで

なんとか、辞めるまでほぼ姿みずに過ごした。

 

ま、それはどうでもいいが、花粉症だよ。

鼻水ね、透明なのは風邪じゃないって言われたさ。

花粉だってさ、杉花粉。

ってことは杉花粉が飛んでる2〜4月か5月くらいまでの期間で終わるもんじゃない?

でもね、起きた瞬間からくしゃみ鼻水が止まらなくて、出かける瞬間まで20〜30鼻かんでいくのよ。

外のほうがでない、つーか、薬が効いてきてるからか。

ってことで、毎朝、一日二回タイプの鼻炎薬は飲んででてる。

ずっと、薬飲んでる。

だから効かなくなるのか?

ってことで、最近はもう動くだけで、寝てる間に寝返りうっただけでも

鼻垂れるので、寝れないってほどになってきたので、

ちょっと医者に行ってみた。

アレルギー検査をされて花粉症だって言われて薬もらって帰ってきた。

 

そういや前回もそうだった。

鼻がっていってるのに、アレルギー検査して終わりだ。

顔さえもみねぇよ、医者の奴。

ってことで、出された薬を飲んだが止まらない。

市販のほうがきついからかね。

 

ってことで、処方箋を突き付けながら、ホントはこんなもの要らないんだけどね

って薬剤師に相談すると

「花粉は最近消えることがなくて、山の杉にたどり着けずに街の片隅に落ちて舞い上がって…を繰り返してるから」

と怖い話をする。

花粉っていつまで生きてるんだ? 干からびても子孫は残せるのか? 

PM2.5とかもあるしね、小さいものがグループ形成して花粉の形になるものもあるし?

それも考えやすいが、そんなことはあるのか?

 

というより、多分ハウスダストだとここ長いこと思ってた。

起きたときからくしゃみがでるからな。

だが、寒暖差アレルギーというのもあるらしい。

起きたとき、ごはん食べたあと、電車に乗ったとき、エアコン。

あ、これだ!

と思った。でもこれ、治療法はやっぱりないの?

レーザー治療とかなのかしらね。怖。

 

最近は鼻専門の病院もあるらしい。

病院によって日帰りだの、いろいろあるらしいが、それで完治するとも約束はされてないそうで。

ま、でもそろそろ限界かなー。

朝明けたティッシュが翌日には空になってた。

一日中、鼻かんでるだけでなんもしてない日曜日とか、もうやだ。

 

TOPへ
片雲さくら

豚丼がおいしいお店で呑む

豚っく

「しゃぶしゃぶーしたーい」

ちょっとストレスたまり気味の同僚を誘って夜のみました。

北海道のかみこみ豚とやらを使っているという、

ランチもめっちゃ美味しいお店です。

ぶたまる丼お昼がこんな感じです。

ぶたまる丼。

4個、6個と選べるぶたを丸めた丼です。

4個で1000円内でしたね、具体的に値段忘れましたが、

これがなくなるとほぼランチは終了するらしく

タイミングが合わないとホントにいけないんで、

夜は絶対美味いだろうと、目を付けてたお店です。


 

豚っくお通しはカモです。

食べやすい。

ペロッといけちゃいます。

なんというか、お通しというのは金払うのもばかばかしい箸置き替わりの小皿にしょぼい浅漬けが飲み屋の定番でしたけど、最近はちゃんとした食べ物が出てくるようになってたいへんうれしいですね。
 

豚っくはい、ありましたー

ぶたまるー。

二個から注文できるようです。1個づつ追加できます。

これがねー、もー歯がいらないほど柔らかいんですよ。

ほんでね、見たとおりのタレで焼いてるので

鼻をくすぐるんです。ほんのり焦げのにおいもついて

もう匂い嗅いでるだけでも酒が進みますね。
 

豚っくこちらがハーフ&ハーフ

これもランチで頼むと驚きのインパクトでやってくる。

こっちも美味くて、歯がいらない感じです。

こんなに柔らかい豚肉は、食ったことないですね。
 

豚っく

豚っく

しゃぶしゃぶです。豚しゃぶです。

白菜じゃなくてレタスが来ました。

レタスのしゃぶしゃぶ?

ま、豚と絡めて食べるとうまいです。

黒と白のタレが来ます。

豆板醤やらタレに混ぜる薬味も来ます。

飽きないです。

あれ? 灰汁を取る網とか来ませんけど…

っていってる間にドロドロになりました。

呑んべは困りますね。

 

で、追加しました。

豚っく豚とシカ。

あれ? 豚が2でシカ1ですが、

間違えちゃったのでよろしかったらということらしいです。

断る人いないでしょー。

 

ま、でもシカはさすがに脂身多いので

汁の追加というより、前の分が油2層になるくらいになってるので

取り替えてくださいといったら変えてくれました。

すんませんです。

頼んだ分の豚も後できました。
 

はぁ、さんざんしゃぶしゃぶしまくりました。

美味かったです。

 

一階はカウンターのみで、あちこちに豚の置物があったり、

卓上にも隠れてたりと、店名とともにかわいいお店ですが、

料理は本格的ですね。

ちょっとテーブルは狭いかなー。

あと、暗いかなーと思う。

カップルとかにはちょうどいいかもねー。
 

 

関連ランキング:居酒屋・ダイニングバー(その他) | 上野広小路駅御徒町駅上野御徒町駅

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

 

 

TOPへ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM