片雲さくら

山寺に登ってみました(仙台旅行 その1)

 

ぽっかり日程があいたので、ふいに仙台で牛タンでも食いたいなと思って旅行の設定をしました。

一人旅は初めてです。

仙台で牛タン、だけ、でかえってくるのも勿体ないので松島あたりでもいこうかとおもいつつ。

松島。スケジュール組んでみたら、日帰りもできちゃうらしい。

でもどうせ旅行にいくなら温泉でまったりしたい。

ってことで仙台周辺の温泉を探し、露天風呂8こって旅館があったので、

どうせならってことで勢い予約してしまいました。

その沿線というか、先にあったのが、山形県の山寺。

山寺で検索すれば立石寺がでてきます。

 

山寺

 

「山寺の〜おしょさんは〜」って歌がありましたがそこらしいです。

ヒドイ歌詞ですが、修行僧には過酷なあれこれが現場にいくとわかるので、

猫を毬にしてしまうのもわからなくもないような? いやいやいや、ないな…。

 

山寺ここに本文を記入してください。
ま、実のところ一度この地にはいったことがあります。

さくらんぼ狩りの途中でよったのだけど、こんな切り立った山の斜面に

どうして登るか? ってことで、あおりんごジュースを飲んで立ち去ったのでした。

 

って過去があるからリベンジしたくなったのかもしれないっすね。

あの時の友達はもう付き合いはありません。

新しい会社でやってけるのかもわからないけど、あたしってどうなの?って不安だけが友達?

みたいなとこなので、祓ってもらうにはちょうどいい体ですわwww

 

山寺

6月下旬ですが、めっさ暑かったです。

つかね、旅行っていうといつも「は?」って思ってる瞬間にすべてを手配してくれる人がいたので

今回初の一人旅で新幹線予約をネットでしたものの、発券ができずに戸惑い、

あたふたしながらのスタートだったので、

都会じゃない光景に、戸惑った2時間後に居ることにちょっと感動したりしてね。

そして人のやさしさにあらためて気づいたりしてね。

 

山寺

登山口ってあるところに上っていくともう、こういう感じなんで、

じっくり拝んであーって引き返してしまって、まてまてまて、私は山寺を目指してたんだぞと

戻ってくる感じ。

ま、こっからどういくんだよって正直わかんなかったんですけど。

時間があるんでふらふらしてたら、ああ、こっちねってのがようやくわかりました。

てか、え? 私が視野狭いだけ? え?

 

山寺芭蕉さんと…

誰だっけ?

が、まったりしてます。

 

あー、彼らはもう登ってきたんですね。

ちょうどツアーバズがついたらしくて

私よりご高齢のじじばば様がわらわらと抜いていきます。

…ついてっちゃうか。
 

山寺もう、100段上っただけで息キレてるんですけど、

奥の院に行くならプラス100があるわけで

私は無理とか分岐点で迷うジジババがおりました。

ガイドさんがむかったのは奥の院。

こんな感じでゆっくり進めるならついていけそうだと、向かいました。

よこっちょのところに14センチしかない修行僧の道があったりとかって説明をゼイゼイと気が遠くなるなか聞いたりしましたが、カモシカでも通れないだろう、道にさえみえないところをさしてました。

辛抱強さって必要でしょうが、命賭けって。
 

 

山寺奥の院から戻ってくると休憩どころがあって、

冷たい水を一気にのんでベンチで休みました。

そのあと五大堂へ向かいましたが、この道!

 

高所恐怖症ってわけじゃないけど、ちょっとこわかったです。

おお、山の上まで来てるんだなと実感。

 

なんか、昨日までlineアカウントとか全部削除ってやろうかとおもうほどクサってたのがうそみたいにメッサ休みながら、メッセ送ってましたw。
 

山寺

中国みたい。

というか、目線が山のてっぺんなとこにいる自分に「がんばったね」っていってやりたい気分ですな。

出無精なのになにしてんだろ、私って感じですが。

ともかく、仕事中にもかかわらず、速攻で返事くれた人々にうれしくなったりしてね。

 

山寺前の週にマツコの知らない世界で紹介されたとかいうさくらんぼソフトクリームを下山して食べました。

私キャラならビールなのになww

と笑われつつ、これがめっちゃ美味かった。

登山しなくてもうまいソフトクリームだと思うけどね。

達成感って半端ないわな。
 

ってな感じで。

そのあと作並温泉の旅館にいきました。

登山にもっと時間がかかるかと思ってたので、チェックインは遅めに伝えていたのだけど、

案外早くついてしまったので、近くの滝やニッカウヰスキー工場を眺めたりしてね。

バスでしかいけないよと駅員さんに言われたけど、帰りはフツーに歩いて帰れる距離で。

つか、あわよくばタクシーでもと思ってたのに、

山形県でタクシーは一台もみませんでした。

 

ゴリラ山

ゴリラの横顔に見えるという山。

これを左にいけば駅なんですけど、ずっとゴリラが右なので、

ちょと無謀だったかなーと思いながら歩き続けて1時間。

駅にようやくたどり着きました。

 

予定にないところにいくのも旅行として楽しいと思うのですが、

未知数なのはどうとらえるかよね。

割と楽しいと思ったけどね。

 

続きはとりあえずまた今度。

 

 

TOPへ
片雲さくら

リラックマファミリー、作ってみました

リラックマ

カイシャ辞める際、お世話になったママさんのリクエストで

リラックマ作ってみました。

うーん。

 

背中にチャックが付いてるとはしらなかった…。

 

コリラックマの顔をうまいものを食ってるときの顔にしたら

ぶっきーになってしまった、、、

 

キイロイトリが一番できた気がする。

 

リラックマ

 

配置変えて遊べます。

 

リラックマ

 

リラックマ

「うちのこも好きなのー」

 

と言っていたので、握って遊べるようふわっと仕上げ。

 

いちごは針山にも使えます。

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
片雲さくら

5月に読んだ本(2017年)

明日やろうと思うと一か月は軽くたってしまうなww
5月のまとめをかこうとしたらこんなに日がたってました。ひまなのになww

5月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:879
ナイス数:98

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)感想
姉妹みんなラブラブ街道まっしぐらだな。いい感じだ。吉田秋生、中学からずっと読んでるが、いまだ毎回胸に響く言葉を投げかけてくるところがスゴイ。絵やストーリーや舞台はほのぼのになってもちくりと刺さる言葉があるって、面白いものだなと思う。
読了日:05月13日 著者:吉田 秋生
ぼくの輪廻 3 (フラワーコミックス)ぼくの輪廻 3 (フラワーコミックス)感想
2巻表紙の話は笑いましたが、そういわれると今回はインパクト薄い気がする。ホクロくんはガチゲイってよりいきなり変態だったんじゃないか? つか、どっかからクレームきそうな気がするが、よく続くな…。
読了日:05月13日 著者:嶋木 あこ
きのこいぬ 7 (リュウコミックス)きのこいぬ 7 (リュウコミックス)感想
表紙のほたるが大人っぽくてビビった。ばあちゃんの日記で何かわかってしまうのが怖かったが、そんな風に明かされることもなくて良かった。きのこいぬ、ずっといてほしいな。
読了日:05月07日 著者:蒼星きまま
田中くんはいつもけだるげ(8) (ガンガンコミックスONLINE)田中くんはいつもけだるげ(8) (ガンガンコミックスONLINE)感想
こっちの感想を七巻に書いてしまった。子供の田中兄妹エピソードがかわいかった。なんだかんだいいおにいちゃんだ。
読了日:05月07日 著者:ウダノゾミ
不機嫌なモノノケ庵(8) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(8) (ガンガンコミックスONLINE)感想
和やかなお話だったのに、妖怪を抑える力とか使えるようになってくるとやっぱ戦いとかあるのかとさびしい気持ちになる。ヤヒコやモジャにもビビられるなんて…。
読了日:05月06日 著者:ワザワキリ
ばらかもん(14) (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん(14) (ガンガンコミックスONLINE)感想
月謝2万は高いだろ? 酒屋がなくなるのは都会でもツラいから継続してほしいもんだ。なるのお土産が面白かった。
読了日:05月06日 著者:ヨシノ サツキ
田中くんはいつもけだるげ(7) (ガンガンコミックスONLINE)田中くんはいつもけだるげ(7) (ガンガンコミックスONLINE)感想
田中くんがまさかのラブコメな展開になっていくのか?ww
読了日:05月05日 著者:ウダ ノゾミ
僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)感想
母さんエピソードが良かった。
読了日:05月05日 著者:三部 けい
ReLIFE7 (アース・スターコミックス)ReLIFE7 (アース・スターコミックス)感想
なをか映画のCMでネタバレされてたので残念。でも高校生ってだけでなんでもない日常も楽しそうで羨ましい。花火大会で告白、よいなぁ。
読了日:05月05日 著者:夜宵草

読書メーター

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
片雲さくら

BABEL / 9mm Parabellum Bullet

評価:
9mm Parabellum Bullet
日本コロムビア
¥ 2,440
(2017-05-10)
【ディスク1】
  1. ロング・グッドバイ
  2. Story of Glory
  3. I.C.R.A
  4. ガラスの街のアリス
  5. 眠り姫
  6. 火の鳥
  7. Everyone is fighting on this stage of lonely
  8. バベルのこどもたち
  9. ホワイトアウト
  10. それから

5月10日発売されました。

LINE LIVEでニューアルバムや今回のツアーについて卓郎やカズ、チヒロがちょっとずつ語ってくれました。

ツアーといっても今回は3会場ですが、いつものメンバーの定位置を変えたりするそうで。

ギター(サポート)が後ろだったりするそうで。

しかも二人? スコアブックを見たら、なるほど今回は1本追加されている曲が多いようです。

 

アルバムはなんだかその時出てたサポートギターの人が

「全部聴いてもまだ2秒しか…」というようなことを言ってたましたが

そのとおりのような、あっという間で、

でも充実してて、すべてが新しい感じな曲なのに、

やっぱり9mmな曲になっているので、

始まった瞬間の「わー」から終わるまで息をしてなかったかと思うくらい感激が続く。

ま、短い曲が多いけどね。

たぶん前回はシングル発売が先で、半分知ってる曲だったアルバムだったから

違いがあるのかもしれないけどね。

 

あと、歌詞が割と艶っぽいというか大人な恋愛とか、

肉厚な過去や関係をにおわせる人間はあまりなかった気がするけど

なんか世界観が変わった。

 

というより、またしても転職期間だった私にはすべての曲が私のために作られたような一枚に思えたw

 

「Everyone is fighting on this stage of lonely」や「バベルのこどもたち」

こんな乱暴な言葉も使うのかとか、否定的なことを言ったりもするのかと

ちょっとこれまでにない感じがあってそれもさらに好きですね。

「Everyone is fighting on this stage of lonely」はもう、面接いって嫌味言われて

泣いてても次の日も、よっしゃ、それでも、がんばるぞって思える応援歌でした。

まじで。

 

フェスによくでる9mmですから、「はじめてみた」って言われることもありますが、

続けて「かっこいいね」って言われたり、あのギターのリフをもう一度聴きたいとか言われると

ちょっと自慢したい気持ちになります。

夏が来る前に、今回のアルバムもめっちゃかっこいいのよと、とりあえずザワつかせてみました。

もうすぐライブ。どんな風になるのか、楽しみです。

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

TOPへ
片雲さくら

クラシックコンサート

と、いうわけで練馬にでかけました。

友だちの会社のエライ方がやっている財団オケがタダで鑑賞できるということで。

 

たぶん、学生時代の友達とか一切いないので、

一番の古い友達ですかね。

それも、年賀状の仲になってましたが、

私が無精なもんで、ここ2〜3年くらい書いてないのに今年もくれて、

泣くほど改心して、、、、でも年賀状のお返しを書こうと思いつつ、

2月になってしまったので、焦ってバレンタインチョコを送って謝罪しました。

 

したら電話をくれて、久々に会おうということになったものの、

連絡するといいつつ約束の3月がすぎ、これはあかんと思ってたときに

クラシックコンサートがタダで見れるけど、こない?とのお誘いが。

 

再び泣きましたわ。

自分のいい加減さと、彼女の心の広さに。

 

なんだかんだでようやく会いまして。

ずっとわらいながら話たり、あいかわらず理解できないお互いの部分とかに

首ひねったりしながら、話がつきない時間がながれ。

 

クラシックは眠〜くなる波が2〜3度訪れたりしますけど、

それでも面白い構成でした。

バーバー「管弦楽のためのエッセイ第2番」

これは滅多に演奏されることはないらしいですが、パンフにあるように

たしかにハリポタとか、そんな映画の世界のように、ストーリーが見えてくるような面白い曲でした。

 

2番目がエルガー「チェロ協奏曲(ヴィオラ編曲版)」

独奏のヴィオラ奏者の方がかっこよかったです。女性ですが。

キレッキレの感じで、魅了されました。

 

ラストがチャイコフスキー「交響曲第5番」

眠気の波に持ってかれましたw

でも、なんでしょう、あのラッパですか、ちっさいホルン?

の中で、まったく出番の来ない人がいて、ながーい曲の中で2〜3回、

すっくないセンテンスだけで、ずっと黙って座っているのが切なかったですわ。

もっと分けてあげてもいいのに、それもとチャイコフスキーとそのパート担当になんかあったのか

モロモロ…、考えつつ、ユラユラしてましたw

 

 

 

終わって、そのまま帰るのは寂しい気がしたけど、どう止めたらいいかわからずに

駅まで向かったところで、まだ帰るにも早いのでお茶してく?って出て

ところがドトールやミスドでさえ、満席で、

クルったようにうるさいファミレスでドリンクバーを注文しつつ、

おかわりする気にもなれないところで、名残り惜しんで話をして。

また会おうねといいながら、別れた。

 

そうね、割と私って、「しょうがないよね」なんて自分に言い訳しつつ

人付き合い雑にしてんのかもしんねーなと反省しました。

反省しつつも、すぐにも変わらないだろうって言い訳してしまうけど、

やっぱり、ちゃんと話ができる友達っていうのは、

どうしても、どんなことしても、なんとか会って話して、直接会ってみるべきだなと

思いました。

ホントに、大切にしたいと、思った。

 

うん、努力しよう。

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

 

 

JUGEMテーマ:日々徒然

TOPへ
片雲さくら

お肉にこだわりのあるおいしいお店

AKITAKA

何年振りかで会う友達と、コンサートがあるので練馬で待ち合わせ。

練馬ぜんぜんわからないけど、友達が調べてくれて、から揚げ鍋が有名という肉料理自慢のお店へ。

雨が降ってたので、開店前についてしまってちょっと待ってましたけど、

開店前に入れてくれました。

 

ランチは肉盛り1種や2種とから揚げプレートとかいろいろありました。

肉盛りプレートにも自慢のから揚げが付いてくるらしいので、

しかも肉もこだわりがあって希少部位でも、こんながっつり出してくれます。

 

これは2種盛り。

ごはんとスープもつきます。

友だちは+100円で牛すじカレーもつけてました。

美味かったです。

プラスドリンクでまったりと時間をつぶしました。

 

関連ランキング:アジア・エスニック(その他) | 練馬駅桜台駅豊島園駅

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

JUGEMテーマ:日々徒然

TOPへ
片雲さくら

オラフで一週間

やっとテレビで公開されたので「アナ雪」見ました。

で、なんとなくオラフがかわいくて

 

オラフ

 

オラフ

 

オラフ

 

作ってみました。

サクサクと無心でやってると嫌なこと忘れますね。

一日二時間くらいたらたらやってました。

案外、力作ww

 

JUGEMテーマ:羊毛フェルト

TOPへ
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM