片雲さくら

orbital period / BUMP OF CHICKEN

評価:
BUMP OF CHICKEN,BUMP OF CHICKEN,藤原基央
TOY'S FACTORY Inc.(VAP)(M)
¥ 2,459
(2007-12-19)
【ディスク1】
  1. voyager
  2. 星の鳥
  3. メーデー
  4. 才悩人応援歌
  5. プラネタリウム
  6. supernova
  7. ハンマーソングと痛みの塔
  8. 時空かくれんぼ
  9. かさぶたぶたぶ
  10. 花の名
  11. ひとりごと
  12. 飴玉の唄
  13. 星の鳥 reprise
  14. カルマ
  15. arrows
  16. 涙のふるさと
  17. flyby
前回記事でもいいましたが、透明感のある声なので、若いのかなと思っていたら、94年から活動とのこと。
案外苦節ってのが長いのかしら? 年月ほどアルバムは出てないみたい。
初めて聴くのになぜ聴いたことあるんだろう? なんでだろうと思ったら、『ALWAYS 続・三丁目の夕日』の歌だったんですね。「花の名」、サビだけやたら聞いたことがあると思ったらそういうことでした。
「才悩人応援歌」も初めて聴く曲じゃない気がするんだけど、なぜだかわからない。

歌というか、モソモソと呟くような、囁くような曲もあって、逆に聴いてしまうのか、そういう曲のほうがはっきりと言葉が聞き取れるので不思議だったりします。
まいったなぁ、ってことはないけど、どの曲も好きかもしれない。特にというと「arrows」かな。
「〜さ」「〜だよ」って言葉の終わりが好き。fishmansのサトちゃんを思い出してノスタルジックな気分になります。クスン

ところで、表記としては15曲となっているんで、ぶっ壊れたか? と思うくらい、どんどん曲目数が表示され、最後に即興で曲を作り始めるメンバーの雰囲気が録音されています。
笑えます♪
いや、その拘りはちょっとわかりませんが、…なに? パンダじゃないの?
ステキなオマケですね。

星の鳥
絵本がついてます。
王様の物語。「星の鳥」ってタイトルですが、この物語を歌にしているのが「ハンマーソングと痛みの塔」ですかね。でも、物語の最後としてはこの歌だけだと足りない、アンサーソングが必要な気がします。「プラネタリウム」がそれだったら嬉しいなと思う。

ヘビロテできそうな、いいアルバムです♪


JUGEMテーマ:BUMP OF CHICKEN
TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
作太郎
2008/10/18 12:51 PM
>透明感のある声なので、若いのかなと思っていたら、94年から活動とのこと。
そうか。さくらさんはバンプ、昔から知っていたわけじゃないんですね。
彼らは活動から1枚目のCDが出るまで6年を要し、2枚目のシングル、天体観測がドラマの主題歌になって売れました。
結構苦労人です。
ちなみにそのドラマ、伊藤英明君、オダギリジョー君、小雪さん、小西真奈美さんと、今では有名になった人がたくさんでてます。(ごめんなさい。またヲタ度が・・汗
絵本までついているですか・・・
この記事がダメ押しです。多分週末かっています



さくら
2008/10/18 2:56 PM
作太郎さん、こんにちは。
情報ありがとうございます♪
噛めば噛むほど味が出てくるような、
聴けば聴くほど好きだと思えるいいアルバムですね。
私も明日、ほかのアルバムも買いに行っているかもしれません(^^;

It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://komimisyobou.jugem.jp/trackback/798
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM