片雲さくら

2月に読んだ本(2019年)

通勤時間に本を読もうと思ったのに、全然読めませんねw
待望の漫画の続編がいろいろでていて家でじっくり読んでます。
小説は大して長くないのに、一ヶ月以上かかってますね。登場人物が多いと誰が何の人だか、途中で分からなくなるので、前に戻ったりしながらね。
そりゃ時間かかるわ。

2月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:1989
ナイス数:92

ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ (4) (フラワーコミックスアルファ)感想
爆弾の人の話は面白かった。やっぱりこれくらいにすっきりしてる方が面白いと思う。ガロくんは、いや、ガロくんの気配は常に緊張感があっていいね。外に出るだけで事件に遭遇する体質なんだ(w)から、ガロくんが常に見張っていてもおかしくない! 暗記できるにしてもページの行数と何文字目ってとこまでおぼえられるともはや別のスキル。また、不思議な人を呼び寄せてしまったらしい。
読了日:02月10日 著者:田村 由美
結ばる焼け跡 (ニチブンコミックス)結ばる焼け跡 (ニチブンコミックス)感想
なーに? 立て続けに二回読んだが、続きを待つしかないわな。「戦争」テーマが描きたかったなんて、それをタイムリーに読める自分が幸せ。だけど、多分、兼吉は大きな挫折にぶつかるだろうと思うと先を読みたくない気がするが、金井田と呼ばれるおっさんのセリフはどこまで真意なのか、目的はなにか、気になるのでやっぱり続きを待つ。
読了日:02月09日 著者:雨瀬 シオリ
ブルーピリオド(3) (アフタヌーンKC)ブルーピリオド(3) (アフタヌーンKC)感想
もう焼き直しは早いよ、と思いながら、個性とか自分らしさとかに悩んだ時期を考えると、その気付きに「あ」って思う。それからただ学ぶだけでなく、ゆかちゃんや、世田くん、友達との関係もちゃんと考えて今があるってことも描いてくれて嬉しい。ゆかちゃん、どうしたんだろう、気になる。湯島、懐かしい!!
読了日:02月09日 著者:山口 つばさ
ブルーピリオド(2) (アフタヌーンKC)ブルーピリオド(2) (アフタヌーンKC)感想
親に伝えるところは泣けた。伝え方がスゴイ。まっすぐな子だと思った。私はデザインをやってるが依頼者が賞賛するものに納得ができないことが多々あるが、読んでいて、ああ、そういうこと? と学ぶところもあった。専門学校では課題は多かったがその評論やデザイン論、歴史、ほとんど教えてもらってない。点をつける人の好みさえ知ってればよかったからなー。はー。過去はしょうがないにしても、なんか、明日が楽しみになる漫画だ。
読了日:02月06日 著者:山口 つばさ
ブルーピリオド(1) (アフタヌーンKC)ブルーピリオド(1) (アフタヌーンKC)感想
美術部、昔を懐かしみながら読んだ。いい先生や、影響を受ける先輩がいるっていう学校って空間はやっぱりすごいと思う。さらにそれを自分でチャレンジするちから、伸ばす力があるっていうのが若さだよね。私は美術部に居ながらなにも習ってこなかったなぁと噛みしめながら読んだ。高2で思い立って藝大に行けるものなのか? 続き、というより未来が見たい!
読了日:02月03日 著者:山口 つばさ
フラジャイル(13) (アフタヌーンKC)フラジャイル(13) (アフタヌーンKC)感想
いろいろと問題が起こる病院だなー。あのちっさいのが女先生だとは思わなかった(それはどうでもいいが)。宮崎先生が追い込まれても頑張る姿がいい。限界だってほど仕事積まれても頑張れるってスゴイ。そして、素直に頭下げて手伝ってもらうってことも知ってる。エライ。善悪、モラル、良心、今回いろいろ、どちらが正しいのかわからないが、医療や科学ってそういうことも考える分野だから、先を見る人の意見ってのが見えて、改めてスゴイ漫画だなと思った。
読了日:02月03日 著者:恵 三朗
絶叫 (光文社文庫)絶叫 (光文社文庫)感想
「陽子、あなたは」と誰が語りかけているのか、そこまでこんな孤独な人を誰が語れるのか、途中まで違和感しかなかった。幽霊だという金魚はなぜ出てきて、そしてなぜそこで消えたのか。愛情に飢えるのと物欲は秤にかけられるのか。誰の絶叫か。読んでるときはなるほどーと思ってた気がするが、一旦時間をおくとぼんやりする。先が気になるって読み進める中毒性はある。
読了日:02月03日 著者:葉真中 顕
断罪のドラグネット(2) (あすかコミックスDX)断罪のドラグネット(2) (あすかコミックスDX)感想
子どもが出てくると非日常的な二人が少し生身に感じる。育った環境からしてルスランさんが保護者的なことができるとは思ってなかったが、そこまで傍若無人なわけでもないというのが、意外だった。真嶋がアツイからそうなるのかしらw 二人の過去がリンクしてそうで少しハラハラしますね。
読了日:02月02日 著者:椹野 道流,小田 すずか
断罪のドラグネット(1) (あすかコミックスDX)断罪のドラグネット(1) (あすかコミックスDX)感想
原作が椹野さんだし、絵も綺麗なので飼っちゃいました。おう、ちょっと崩壊した世界の破天荒な方らしい。頭蓋骨はいいとして、死体に触った手で顔に触れたり、その部屋でくつろいだりするのはやっぱ、衛生的にどうかなと思う。「美しい死体」ってなんでしょうねー。
読了日:02月02日 著者:椹野 道流,小田 すずか

読書メーター

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
ななこ
2019/03/31 5:45 PM
さくらさん、こんにちはー!

おぉたくさん読まれていますね、
私も読みたい読みたいと思いつつ、最近は10時半になったら眠くなってしまうので読書がさっぱり捗りませんw
でも通勤中に読めるのは良いですよね。
私は車通勤になっちゃったんで、ますます読む時間がありません。朗読CDでも聞こうかと( ̄w ̄)

さくら
2019/04/28 9:44 PM
ななこさん、こんばんは。
すれ違いばかりですみません。

春は眠いですよww
車だと読めませんね。
朗読CD、どうなんでしょう?
余計眠くなる気もしなくもないですけど、まんがの付録のヤバい声優さんのドラマCDとか、ドキがムネムネするくらい聞き言っちゃうからいいかもしれないですね!
ニヤニヤしながら運転してたらコワいかもしれないですけどww
いいものがあったら教えてください☆彡

It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://komimisyobou.jugem.jp/trackback/2098
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< July 2019 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM