片雲さくら

3月に読んだ本(2018年)

もう4月?

日が経つのが早すぎて、ついていけませんわ。

今年はまともに花見もできませんでしたわ。

 

家にこもって仕事していると、ふと立ち上がって歩けないほど

筋肉が弱っていると感じることがあります(笑

酒の飲みすぎでむくんでいる可能性もありますが、

どちらにしろ健康ではないなぁ。

 

先月は調子よく不眠症の波が訪れたので、読書の機会が持てました。

深町さんの小説はテンポよく進むので、小気味いいですね。

できればかっこいいキャラでハード目に進むやつをまた書いてほしいものだ。

 

3月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1116
ナイス数:36

北北西に曇と往け 2巻 (ハルタコミックス)北北西に曇と往け 2巻 (ハルタコミックス)感想
ダークな内面もってそうな弟とどうなるのかと楽しみにしてたらアイスランドの紹介。友だちいたのかと驚いたが、またギャップがいい。立て続けに3度読んだ。リアルな絵ではないのに風景に息吹と空間を感じて胸がいっぱいになった。さすがの画力だ。
読了日:03月25日 著者:入江 亜季
卑怯者の流儀 (徳間文庫)卑怯者の流儀 (徳間文庫)感想
悪徳だけど憎めない、悪事だろうと正義だろうと意のままに、一人でも動く。警察組織だろうと反社会の人間だろうとなんでもつかうってところは八神シリーズと変わらない。大関とのやり取りが面白かった。
読了日:03月18日 著者:深町 秋生
【Amazon.co.jp限定】やっとこ甘夏 ~やつがれの五つ仔~ (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (絵本漫画)【Amazon.co.jp限定】やっとこ甘夏 ~やつがれの五つ仔~ (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (絵本漫画)感想
話が転がりすぎて「…なんの話だ?」って感じになるが、かわいいからいっか。思わずにやける楽しさは相変わらず。和むわぁ。
読了日:03月17日 著者:くるねこ 大和
血の轍(2) (ビッグコミックス)血の轍(2) (ビッグコミックス)感想
えー、そっちー? 過保護とおりこして子どもに依存して束縛ーってのはちょっと単純すぎて普通な気がするが、猫さんもママが? ママいつから、どうして壊れちゃったの? ってのはちょっと気になる。肉まんあんまん、ツナマヨおにぎり、ママ、レパートリー少ないよね。
読了日:03月11日 著者:押見修造
幻想ギネコクラシー 2幻想ギネコクラシー 2感想
「ひど…」っていいながらちょっと笑えるブラックユーモアがいいですね。ディスって笑えるってすごいと思う。コロボックルってそういう生態だったのかぁって感心しましたw ヴァイオレンスな女性がいいです。
読了日:03月10日 著者:沙村広明
血の轍 1 (ビッグコミックス)血の轍 1 (ビッグコミックス)感想
モノローグなしなので、誰がどう思っているかわからない分だけ、風景やら表情やらで読み取るしかない分、作者の書き込みの力が試さる。トーンが一ページで放棄され(?)全部ペンのみ、それが相乗効果の怖さになってる気がする。蝶々が怖い。
読了日:03月10日 著者:押見 修造

TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://komimisyobou.jugem.jp/trackback/2086
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM