片雲さくら

9mm Parabellum Bullet @日比谷野外音楽堂


 

6/19、LIVEのため家を出たら雨がパラついていた。野音、雨でもやるでしょ。
だから時間はあったけど、傘を取りにもどらずそのまま野音へ。

Waltz on Life Lineツアー初日ですー。9mm久々のライブですー。
発売からずっと聴いて、なんかライブが目に見えるようでときどき小躍りしながら聴いて、楽しみにしてきました。


野音入場でサイリウムのリストバンド配られました。
すっげー♪ アイドルみたいだー
場内アナウンスでは「必ず腕につけてください」と
必ずなんだ♪
指定席なんで今回珍しく、滝さん側です。めっちゃ近い♪
 


明るいうちにライブが始まりました。
「生命のワルツ」「Lost!!」とアルバムの歌で始まって、アルバムの曲がバンバン演奏されました。
4曲くらい続いて、あれ? なんか、今回のアルバムって案外おとなしめだったのかなとか、いつもはギターを回したり、コードに絡まったり、「よく弾けるな…?」って不思議に思うほど、楽しそうにギター弾いてる滝さんがなんだがおとなしめに見えるのは、膝下露出してないからか? とか、冗談みたいに言ってみたり。。
と思ってたら、「Lady Rainy」が終わってすっとステージが変わる。
あれ? 武道館や横アリみたいに2部構成とかなのかしら?
「俺ら、アクシデントに言い寄られてるから…」といつもの調子でのんびりと卓郎が語って、卓郎のアコギソロ。「The Revolutionary」
それから途中まで弾いて、止まりw また弾いてとまり。
夏まで(?)練習すると次の曲を前のほうのお客さんのリクエストで「黒い森の旅人」。あれは誰の曲だったのかしら?


そしてどうやら滝さんが腕を悪くしたらしいとのこと。
そう聞くとみてしまうが、卓郎が話してる間も、一度肩にかけたストラップを外したり、
曲が始まっても、ほぼ動かず、うなだれるように顔を下に向けたまま。
つらそうだったが、それでも演奏を中止することはなく、
ならばこちらも全力で、一緒に歌おうと、腕を振り、拍手を送り、
それでも、やっぱりハラハラしながら歌った。
「スタンド・バイミー」は、やっぱりメンバーへの思いなのかなと思うとぐっときた。

「太陽が欲しいだけ」も、めいっぱい腕を伸ばして、受け止めようって思って声張った。



アンコールは一曲のみ。
2時間で終わってしまったので、多分、予定のセトリとはだいぶ違ったんじゃないかと思うけど、きっとツアーの中で万全の滝さんや彼らのステージになっていくのだろう。 今日はツアー初日だし。
これからもライブはたくさんあるし、全然問題ないよね?


新曲、なんか20年前に友達がはまってた漫画? まだやってんの? の曲らしいw
ホントに90秒しかないというが、まんまCDになるんだっだらめっちゃカップリング長いのか? 今日の奴か? そんな話をしながら肉食いにいった。
ま、人間だもん、歳とるからね、体には気ぃつかわんとな! 
滝さん、肉食え、魚食え、けがしないよう気を付けてな!
次を楽しみにしてます。


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします 。
 

TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://komimisyobou.jugem.jp/trackback/2034
S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM