片雲さくら

ダイナー/平山夢明

ダイナー /平山夢明/ポプラ文庫

「金がほしい」軽い気持ちで携帯闇サイトのバイトに手を出したオオバカナコは殺されかけ自分の墓穴を掘る羽目になるが、「料理ができる」と自分を売り込み、殺し屋ばかりがくるダイナーでウエイトレスとして命をつなぐ。
「気に入らないから殺されることもあれば、気に入ったから殺されることもある」殺し屋達は難癖のあるものばかりだが、そこで出てくるメニューは驚くほどおいしい。
どうせ死ぬとわかっていながら、カナコは知恵を絞り…。

 

書くのが遅いのかキライなのか知りませんが、『Sinker―沈むもの』以来の長編をたまたま見かけたので購入しました。
グロいという人もいますが、Sinkerに比べたら乾いたものだと思います。
また、どことなくコミカルな感じがして、それぞれ思い過去を抱えてはいるけれど、辛辣になることもなく、いいテンポで話が進んでいきます。
やっぱり、そういうシュールなことを伝わりやすく書くことに長けているせいか、食べ物の表現もやたらめったら美味しそうです。
ついさっきまで、惨殺シーンが続いたと思っても、それは美味そうだなと思ってしまうのはスゴイと思う。
私はフツーに食事しながら読めました。

 

悪い人だとわかっていながらも、スキンやボンベロと軽く将来を夢見てしまうカナコはやっぱりバカかなとも思うけど、同感だったりする。
犬に舐められることを腐った雑巾で、と言ってみたり、ああ、ナルホドと思う言い回しはやっぱり面白い表現が多かった。敢えて途中で続きを言わないところにも、想像は止まらずに思い浮かべては打ち消すが、あとでさらっと「やっぱりそうか…」と告げられるところも上手いなと思った。
こういうテンポよく長い作品をまた書いて欲しいものだ。

 

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします
TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://komimisyobou.jugem.jp/trackback/1905
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM