片雲さくら

ヒューゴの不思議な発明

久々に映画観てきました。

【あらすじ】1930年代のパリ。駅の時計台にひそかに住む孤児の少年ヒューゴ(エイサ・バターフィールド)の唯一の友達は、亡き父が残した機械人形だった。壊れたままの人形の秘密を探る過程で、彼は不思議な少女イザベル(クロエ・グレース・モレッツ)とジョルジュ(ベン・キングズレー)に出会う。やがてヒューゴは、機械人形にはそれぞれの人生ばかりか、世界の運命すらも変化させてしまう秘密があることに気付き……。


駅の壁の穴。入り組んだ迷路みたいなところを少年・ヒューゴが駆け抜けて、駅ですれ違う人、いつもその場所にいる人、駅でひろげられている店を眺めながら、一点に集中していく。
その視線の先にあるのは、ネジ巻式のネズミのおもちゃ。
おもちゃやのカウンターで老人はネジを巻いてうたたねを始める。
駅を見回る、犬を連れた公安員は遠くにいるのを確認済み。
ヒューゴは近寄っていく。老人が目覚める前に。
誰にも見つからないように。
そっと手を伸ばす。

そこから始まる物語。まぁ、壁の穴の向こうで駅の時計のネジを巻き続けながら、そうするしかなく生きている子どもなわけだけど。
博物館に努めていた父が倉庫で見つけてきた機械人形。壊れて動かない人形を父とともにせっせと修復していたのだが、その父も亡くしたいま、ヒューゴの興味は機械人形の修理。
よくしらないが、その時代、孤児となってしまうと即座に孤児院に連れていかれてしまうらしいが、どうもそれよりは窃盗を繰り返してでも、独り雑踏で生きていったほうがマシとでも思うくらいの場所なのか。
父を亡くしたヒューゴは機械人形一つを抱えて、引き取り手となった叔父とともに駅に向かうわけだが。

ああ、語ってしまうと勿体ない。

「そら、泣けるシーンを用意したから泣けよ」という胡散臭いヒューマンドラマではないのだけど、人々の生活と駅の描写、ヒューゴに協力する女の子、図書館のオヤジ、犬連れのマダム、公安員、花屋、いろいろな人々の「この先」も想像するだけでも、たくさんの愛が詰まった物語になっている。

特にヒューゴが凄い。ろくに学校にも通えなくなってしまったというのに、壁の向こうでほぼ独りきりで暮らしているというのに、この希望に満ちた逞しさはなんだろう。
生きている人にはそれぞれ意味があることを、少女に語るシーンは、「立派ねぇ」と母の気持ちになって泣いた
(あとあと考えると、達観しすぎてて、大丈夫かしらと思わないでもないけど)。

日常の、モロいときにはくいしばれなくて泣いてしまいそうなことに溢れている作品だったので、なんでもないだろうと思うところでよく泣いた。
きっとTVで観ても何故、どこで泣いたのだろうと思い出せないだろうと思うほど、些細な行動やセリフが、主人公だけではなくて、色々な人の記憶や気持ちに込められている、そんな苦い映画だった。

初の3D映画でした。
雪や雲が目の前まで迫ってきて、思わず避けてしまうw
昔の人はモノクロのフィルムでも、画面に向かって迫ってくる汽車に、悲鳴を上げて避けたというシーンもあるが、その避ける人たちに避けてみたり。
物落とされたり、こっちに向かって突っ込んでくるものや、逆にどこまでも奥へと進んでいく画面運びなんかで、何度足を踏ん張ったことか。
人と背景の間の空間に多少の違和感を感じたり、字幕より前にくる人のぼやけた輪郭にぎょっとしたりと、色々面白かった。
何も考えずに3Dを選んでから、「あ…眼鏡の上に掛けれるのかな?」と心配になったけど、普通に掛けられましたw
ただちょっと重い。そして泣いたりすると、はずすのも大変だし、3D眼鏡がずれたりしてまた大変で。

少年の話だけでなく、昔の映画をも語る物語なので、3Dである意味があるステキな映画でした。
是非、劇場で3Dで観てください。


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします






TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
満天
2012/03/14 4:17 PM
なんか、さくらどんの書く文章に引きこまれてしもうた。
エエ〜映画だったんだの〜。

なかなか映画館まで足を運べない私だもんで
きっとDVDで見るだろうと思う。
けど、気持ち的には映画館でしかも3Dで見てみたいな〜っと思ったよん

※ちなみに…恐竜館で3Dを見て、ゲロった私だがの〜(笑)

さくら
2012/03/14 11:06 PM
満天どん、こんばんは。
私もゲーム「九龍城」でゲロってしまったくらいだから、3Dはムリかと思っていたけど、
これはオススメです。
たぶん、アニメや迫力を競うような作りではないので。
あと映画の歴史をストーリーに取りこんでいたりするので、
ご夫婦で安くなる日とか、レディースデイとかに
ぜひ映画館で観てみてくださいww

ま、DVDでもじっくり楽しめるのではないかとは思うけど。

It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://komimisyobou.jugem.jp/trackback/1782
さあ、一緒に夢を観ましょう。 これは、巨匠マーティン・スコセッシ監督が、21世紀のデジタルテクノロジーを駆使し、110年前に作られた最初の“物語映画”と、偉大なる“映画の父”との時空を超えたコラボレー...
ノラネコの呑んで観るシネマ | 2012/03/10 1:39 PM
某ブログで、 <なるべく予備知識を仕入れずに観ることをオススメします! とあったので、これはさっさと観ようと、NY到着日の深夜に鑑賞。 1930年代のパリ。 巨大な始発駅の構内。 で... あまり予備知識を仕入れずに観ることをオススメしたいので、これ以上
日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜 | 2012/03/10 7:57 PM
★★★★★ “映画が人々にもたらす幸せを感じます”思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした とても思うことが色々あって、何から書いていいのか迷ってしまうほど素晴らしい映画でした。 マーティン・スコセッシ監督の映画と
映画とライトノベルな日常自販機 | 2012/03/12 3:20 PM
Data 原題 HUGO 監督 マーティン・スコセッシ 出演 エイサ・バターフィールド  クロエ・グレース・モレッツ  ジュード・ロウ  サシャ・バロン・コーエン  ベン・キングズレー 公開 2012年 3月
映画 K'z films 2 | 2012/03/12 11:03 PM
 【ネタバレ注意】  本作はなぜ二つの異なる要素から構成されるのだろうか。  『ヒューゴの不思議な発明』の主人公ヒューゴは孤児である。駅の時計台に隠れ住んでおり、かっぱらいをして暮らしている。...
映画のブログ | 2012/03/25 7:19 PM
2012年3月6日(火) 19:00〜 TOHOシネマズ有楽座 料金:1600円(シネマイレージデイ+メガネ持参3D料金) パンフレット:未確認 『ヒューゴの不思議な発明』公式サイト マーティン・スコセッシらしからぬ。ファンタジーぽくて3Dでパリが舞台。暖かい温もり。 「
ダイターンクラッシュ!! | 2012/03/28 2:21 AM
 『ヒューゴの不思議な発明』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)この映画については、『サラの鍵』や『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』を取り上げたエントリにおいて大いなる期待を表明していたところ、その期待以上の優れた出来栄えだと思います。  そ
映画的・絵画的・音楽的 | 2012/03/28 4:07 AM
五つ星評価で【★★★理念も映像もいいけど長いよ】 おーい、マーチン。 名前に「チン」が入ってるからって偉そうにしちゃいけないぜ。 これから、この俺様が迷惑な事に上から ...
ふじき78の死屍累々映画日記 | 2012/03/28 11:54 PM
【監督】マーティン・スコセッシ 【出演】エイサ・バターフィールド/クロエ・グレース・モレッツ/サシャ・バロン・コーエン/ベン・キングズレー/ジュード・ロウ 【公開日】2012年 3月1日 【製作...
シネマをぶった斬りっ!! | 2012/03/29 9:16 PM
■ ユナイテッド・シネマとしまえんにて鑑賞ヒューゴの不思議な発明/HUGO 2011年/アメリカ/126分 監督: マーティン・スコセッシ 出演: ベン・キングズレー/ジュード・ロウ/エイサ・バターフィールド...
映画三昧、活字中毒 | 2012/03/30 12:06 AM
 今年の第84回アカデミー賞で最多11部門でノミネートされ、同着最多5部門で受賞した作品ヒューゴの不思議な発明。僕の好きなクロエ・グレース・モレッツちゃんも出ているので絶対見逃せない。3Dがあまり好きではない僕もこの作品だけは3Dで鑑賞。なんか久々に3D
よしなしごと | 2012/07/03 2:31 AM
監督 マーティン・スコセッシ 出演 エイサ・バターフィールド、ベン・キングズレー、クロエ・グレース・モレッツ  古くからのSFもんで映画好きなご仁なら、一度はお目にしたことがあるだろう。目鼻のついた月に弾丸が突き刺さって月がしかめっ面をしている絵を。
とつぜんブログ | 2012/09/17 10:44 PM
 昨日より始めた、「次期衆院選、あなたはどこへ投票しますか? 」というアンケート。投票していただいた皆様、ありがとうございます。今のところは、自民党5票がトップ、2位は以
こんな映画観たよ!-あらすじと感想- | 2012/10/06 5:39 PM
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM