片雲さくら

地下鉄の犬/草間さかえ

評価:
草間 さかえ
コアマガジン
¥ 680
(2010-08-25)
反則です!
不器用×不器用 違った性格のかわいさがある
ふふふと微笑み、はぅ…と溜息。

夜道をふらつきながら歩く男、電柱にぶつかり見事に転ぶ。タバコの自販機を入れ替えてた男は、彼を助け起こす。それだけの一瞬。
あくる夜、珈琲の匂いに誘われて入った煙草屋兼骨董屋で彼らは再会する。
「趣があります」割れた茶碗を修繕したものを愛でる店の主・朝倉。妻と別れてから、所在なくただ「あれ」を入れるものを朝倉に頼むことにした篠田。
どことなくかみ合わない二人が、会うたびにやがてゆっくりと…。

 

穏やかだ。
篠田さんはどっか抜けているというか、「…なんだ? この人」っていうか、多分あの会社の人々のように全力で「労ってやらなきゃ」と思ってあげたくなっちゃうような、気がつけばヌードな、感じの人だ。脱いでないけど。
あわわ、着た方がいいよ?! ってな感じの。
でも見せてるのは多分、弱みじゃないところがおかしいのかもしれない。

 

朝倉はどんどん、意外性を出してくるところがまた、面白かった。
内弁慶な感じがしたんだが、ちょっと遠出するだけで、こんなに他人から話しかけられる人、多分、私なら一緒に歩きたくない。
でもそのフツフツとする感じが拍車をかけてしまうんでしょうな。

 

地下鉄で見かけた迷い犬。なるほどなと思った。

 

「親子だと思われるかもしれないだろ」
…そーですか? 篠田さん、かわいいです。

 

 

TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM