片雲さくら

新選組刃義抄 アサギ 2/山村 竜也(原作)、蜷川 ヤエコ(作画)

評価:
山村 竜也
スクウェア・エニックス
¥ 560
(2009-11-25)
うーん
凄い面白い!!
この新撰組漫画は素晴らしい

以蔵と相まみえた総司だったが、近藤に怪我を負わせることとなった。自分を責める総司にさらに歳三は叱咤する。
一方、試衛館に含みを持つ芹沢鴨が、一丸となろうとする彼らの存在を脅かす。

 

どうにも、このカラーと中味のギャップがね。
表紙からは想像もつかないほどの画力に、ホントにうっとりします。
「誠を貫け、ぢを衛れ」(爆
容赦ない拳固がたまらないっすね☆
こんな輩がいるんぢゃ、まだ死ねないねぇ。

 

芹沢とやらがコワいっす。彼の中に救っているモノはなんでしょう。
竹光侍」の木久地と同じ匂いがします。しかし、このゾクゾク感がたまらないです。

斉藤一、飄々と人を食ったようなヤツで期待したんだけど、そういう人もやっぱり後くらいところがあるからのことなのか、面白い展開になってきましたね。

 

指揮官としては柔軟さっていうは、きっと大切な素質だと思うんだけど、この近藤さんのヘタレっぷりは好きかもしれない。
アソばれたい男…。洟タレてますぜ、先生。

 

新選組刃義抄 アサギ 1 新選組刃義抄 アサギ 1
山村 竜也 (著), 蜷川 ヤエコ (イラスト)
レビューはこちら

 

TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
nanaco☆
2010/04/20 8:38 PM
ひゃ〜☆レビューがいっぱいで嬉しいです^^

本当に、表紙からは想像もできないような描き込みですよね!
普通、表紙には力入れるパターンが多い気がするんですが、この方の場合は中身で完全燃焼しちゃったって感じでしょうか(笑)

芹沢さん、怖いですね。
美しい男達が多い中で、ちょっと違う意味で目立ってる気がします^^;
新見さんがめちゃめちゃ好みでした〜♪
ちょうど今薄桜鬼をプレイしてるところなので、ついつい漫画と比べてにまにましちゃいます。

さくら
2010/04/24 1:49 AM
nanacoさん、こんばんは。
あの描き込様からすると、ちょとカラーは損してる感じがしますよねぇ、やっぱり。

やっぱ、男ばっかり集まると
変な奴もおバカもいたりして、それなりに大変なんだなぁと思ったり。
私は以蔵が気になります。

薄桜鬼ってそういう話なんですかぁ。

It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
http://komimisyobou.jugem.jp/trackback/1476
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM