片雲さくら

楽園まであともうちょっと (花音コミックスミニ)

評価:
今 市子
芳文社
¥ 1,000
(2008-08-30)
大人の世界であってBLって言わないのでは……。
借金から始まる恋愛
何回読んでもおもしろい名作

入院するおやっさんに頼まれて、潰れそうな旅行会社・楽園企画を任された川江。別れた嫁の親父だし、検査入院の間だけだと聞かされていたが、ローンズ・キクチから借金取りたてに、浅田がやってくる。いい男、食いつたのは元嫁だけでなく川江も一緒。
借金で首のまわらなくなった会社。なりふり構わない元嫁。そして、ローンズキクチの社長と不倫関係にある男・浅田(つまりゲイだ)は、川江とほぼ会った瞬間から両想いなのに、借金問題やら会社のことやら元嫁やら、ゴタゴタは最果てなく続く。

 

キクチの社長との夜のために浅田が越したマンションは、隣が川江の部屋だし、やーさんは住んでるし。元嫁は葬儀屋の支払いを踏み倒して母親連れて夜逃げしてくるし、仕事にやーさん絡んでくるし、やーさんの私情も絡んでくるし、雪だるま式にドタバタが膨らみ過ぎてどうでもよくなってしまったわ、借金問題も恋愛も。
そういう細かい設定についてのキメ細かさがさすがの今市子なのだろうけど、ハチャメチャ過ぎて疲れてしまった。
川江がアンジェラ・アキに見えてしまうのも、足引っ張ってるかもね。(汗

 

元嫁、楽しきゃいいじゃん的に分別を無視して強引に突き進む。実際いたら迷惑だろうけど、彼女のせいで酷すぎる生活になってるけど、嫌いではない。
目の保養とばかりに美青年好き。噂好き。お祭り女。なので、ノセられてというか、嘘から出たというか、売り言葉にというか、その気にさせられた人、巻き込まれた人はたくさんいる。
山小屋の猿並はやっぱ好きにはなれないな。なんか気持ち悪い人だった。「百鬼夜行妙」の開と同じ匂いがする。

 

川江が山好きってことで、巻き込まれて登った浅田も登山が好きになる。
こんな何も知らん人が実際に登山コーディネーターやってたら、もっと借金増えそうだ。が、あとがきにもあったべたなネタがなく、さすがだと笑った。
安心して読めるけど、危険さとか色っぽさが足りない気がした。

 

TOPへ
スポンサードリンク

スポンサーサイト

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | - | - | -
Comment
It comments.









    
Trackback
Trackback URL of This Entry
トラックバック機能は終了しました。
楽園まであともうちょっと 1 (1) (花音コミックス)今 市子芳文社 2002-02-28by G-Tools 雑誌ダ・ヴィンチの特集「このBL作品に芥川賞を!」でノミネー...
にゃんこのBL徒然日記 | 2010/01/10 3:55 PM
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM