片雲さくら

5月に読んだ本(2018年)

スガシカオ、斎藤工、菅原卓郎、そうか、私はもじゃが好きだったのか?
ってことで「ミステリと云う勿れ」にめっちゃはまりました。
こんなにしゃべるひとだったら私なら普通に友だちになっているが、なぜ彼は違うのだろうか。いやきっと、本人が気づいてないだけで割と好かれているのかもしれない。
とか
そういえば、地球儀をみただけで、何年のものとかわかるほど国境が好きな人がいたな。
世田谷と神奈川の県境について話を振ってみたら、2時間しゃべり続けてたな。つか、よくそれを興味深く聞いてたな、自分、とか、いろいろ、無駄なことを思い出した。

lineをやってない友達とは疎遠になりがちだが、ちょっと思い出してみようと思ったのでした。


5月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:760
ナイス数:39

ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)ダンジョン飯 6巻 (ハルタコミックス)感想
シリアスっぽくなったのでなんか、読むのが億劫になってきたが、それでも面白かった。シェイプシフター、怖いな。雑な印象しかもってない私はすぐに仲間を失いそうだw オマケの話でひきづっているところは、やっぱみんな一緒かと思えて和んだ。
読了日:05月19日 著者:九井 諒子
ぼくの輪廻 5 (フラワーコミックス)ぼくの輪廻 5 (フラワーコミックス)感想
最初のころの爆発的な面白さはなくなったような気がする。
読了日:05月11日 著者:嶋木 あこ
ミステリと言う勿れ 2 (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ 2 (フラワーコミックスアルファ)感想
翔くん、やっと部屋に呼べそうなお友達がーと思ったのに。うーん、整くん、傍にいたら友達になりたいww 事件解決するごとに、なるほどと思うところを読み返すたびに面白く感じる。事件が巻をまたぐのはしょうがないけど、早く続きをww
読了日:05月11日 著者:田村 由美
不機嫌なモノノケ庵(10) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(10) (ガンガンコミックスONLINE)感想
え? お父さん、え? 安倍のくん、え? なんかいろいろ夢みてこんがらがりました。妖怪がとりついて体調悪くなるとかあるのかなー、だったらそっちのほうがちょっといいなーとか、そんなところも夢見たりw 年取ると、夢というより現実離れか。なんにしても続きが気になる。
読了日:05月05日 著者:ワザワキリ

読書メーター


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

TOPへ
片雲さくら

4月に読んだ本(2018年)

4月は意外に充実してました。


職場にイラストレーターさんがいた。
本の挿絵やら装丁やらされてるらしい。そりゃすごい!
って雑談からそんなことをしり、たまたま近所で個展までやるというのでみに行ったりしました。
いいねぇ。面白いわ。


それから記事にも書きましたが秩父へ日帰り旅行行ったり、
あと、お仕事がようやく動いて、一気に進んだ。
「できないなぁ」と思ってる部分も、なんとなく声を掛けた人がやってみたいといってくれたので、なんとかなりそうだし。
いろいろ、友だちだと思ってた奴に裏切られたり、信頼してた人が離れたり。
自分が悪いのかと思うところもあるが、落ち込んでても仕事は片付かないしな。


無駄なこと考えないように、世界観にひきこんでくれるような漫画や小説があると、いいね。


4月の読書メーター
読んだ本の数:5
読んだページ数:362
ナイス数:22

被写界深度(下) (H&C Comics ihr HertZシリーズ)被写界深度(下) (H&C Comics ihr HertZシリーズ)感想
上巻ラストは再会匂わす終わりでしたけど、でもやっぱ校内ではすれ違っていたなら、それ使うなって思ったり…。「どうしても」という理由ではなくて、狭い世界だからたまたま出会って、もともとわかってたからユルく懺悔で元通り、みたいな、残念な感じがした。絵はキレイだけどね。写真だけやってる人がそんな立派な身体はしてないだろう?
読了日:04月29日 著者:苑生
被写界深度(上) (H&C Comics ihr HertZシリーズ)被写界深度(上) (H&C Comics ihr HertZシリーズ)感想
絵はキレイ。もどかしさと物足りなさと、ま、そういうもんかなと思いながらも、なんか、紺ちゃんの許容量と、早川くんの思い詰めてきた感じはが中途半端にうやむやにされた感じがして、何ページか読み飛ばしたような気分になる。
読了日:04月29日 著者:苑生
餌付けは夜半、あの部屋で (B's-LOVEY COMICS)餌付けは夜半、あの部屋で (B's-LOVEY COMICS)感想
美しい絵でおいしゅうございました。そんな特別空間のあるお店なら、表紙間違ってるのでは? と思ったけど。高校生でもイケるお値段って…。ま、そういう会員求めるなら安くなくちゃだけど…とか、ゾンビに変化すると食欲以外なくなるのかとか、食じゃなくて襲ってくるのか? …とにかく無駄に考えもしなかったこと考えました。
読了日:04月24日 著者:ホームラン・拳
黄泉路喫茶コヘンルーダ (ウィングス・コミックス)黄泉路喫茶コヘンルーダ (ウィングス・コミックス)感想
うーん。つい買ってしまう。絵は好きなんだけど。。。
読了日:04月21日 著者:藤 たまき
ミステリと言う勿れ 1 (フラワーコミックスアルファ)ミステリと言う勿れ 1 (フラワーコミックスアルファ)感想
面白い!ついしゃべってしまうのが、誘導か計算か。あきらかなムダ話もあるだろうが、その内容もへぇってのもあるし。ついクスッとわらえる。父親と確執があるのか?チラリと見えた傷痕も気になります。今後が楽しみです。
読了日:04月21日 著者:田村 由美

読書メーター


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

TOPへ
片雲さくら

3月に読んだ本(2018年)

もう4月?

日が経つのが早すぎて、ついていけませんわ。

今年はまともに花見もできませんでしたわ。

 

家にこもって仕事していると、ふと立ち上がって歩けないほど

筋肉が弱っていると感じることがあります(笑

酒の飲みすぎでむくんでいる可能性もありますが、

どちらにしろ健康ではないなぁ。

 

先月は調子よく不眠症の波が訪れたので、読書の機会が持てました。

深町さんの小説はテンポよく進むので、小気味いいですね。

できればかっこいいキャラでハード目に進むやつをまた書いてほしいものだ。

 

3月の読書メーター
読んだ本の数:6
読んだページ数:1116
ナイス数:36

北北西に曇と往け 2巻 (ハルタコミックス)北北西に曇と往け 2巻 (ハルタコミックス)感想
ダークな内面もってそうな弟とどうなるのかと楽しみにしてたらアイスランドの紹介。友だちいたのかと驚いたが、またギャップがいい。立て続けに3度読んだ。リアルな絵ではないのに風景に息吹と空間を感じて胸がいっぱいになった。さすがの画力だ。
読了日:03月25日 著者:入江 亜季
卑怯者の流儀 (徳間文庫)卑怯者の流儀 (徳間文庫)感想
悪徳だけど憎めない、悪事だろうと正義だろうと意のままに、一人でも動く。警察組織だろうと反社会の人間だろうとなんでもつかうってところは八神シリーズと変わらない。大関とのやり取りが面白かった。
読了日:03月18日 著者:深町 秋生
【Amazon.co.jp限定】やっとこ甘夏 ~やつがれの五つ仔~ (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (絵本漫画)【Amazon.co.jp限定】やっとこ甘夏 ~やつがれの五つ仔~ (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (絵本漫画)感想
話が転がりすぎて「…なんの話だ?」って感じになるが、かわいいからいっか。思わずにやける楽しさは相変わらず。和むわぁ。
読了日:03月17日 著者:くるねこ 大和
血の轍(2) (ビッグコミックス)血の轍(2) (ビッグコミックス)感想
えー、そっちー? 過保護とおりこして子どもに依存して束縛ーってのはちょっと単純すぎて普通な気がするが、猫さんもママが? ママいつから、どうして壊れちゃったの? ってのはちょっと気になる。肉まんあんまん、ツナマヨおにぎり、ママ、レパートリー少ないよね。
読了日:03月11日 著者:押見修造
幻想ギネコクラシー 2幻想ギネコクラシー 2感想
「ひど…」っていいながらちょっと笑えるブラックユーモアがいいですね。ディスって笑えるってすごいと思う。コロボックルってそういう生態だったのかぁって感心しましたw ヴァイオレンスな女性がいいです。
読了日:03月10日 著者:沙村広明
血の轍 1 (ビッグコミックス)血の轍 1 (ビッグコミックス)感想
モノローグなしなので、誰がどう思っているかわからない分だけ、風景やら表情やらで読み取るしかない分、作者の書き込みの力が試さる。トーンが一ページで放棄され(?)全部ペンのみ、それが相乗効果の怖さになってる気がする。蝶々が怖い。
読了日:03月10日 著者:押見 修造

TOPへ
片雲さくら

12月に読んだ本(2017年)

こんにちは
今年もよろしくお願いします。

年末なので、本棚に入らない本は売り飛ばそうと整理していたら、登録してないものが多数あったので、ちょっといれてみた。
実際は12月に読んだ本は少ないww

12月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2373
ナイス数:45

フラジャイル(10) (アフタヌーンKC)フラジャイル(10) (アフタヌーンKC)感想
爆笑と号泣。やっぱりこの作品大好きだわ。岸先生。「いや多分君のほうが先…」ってしゃれにもならんことを子ども相手によく言える。と思いつつ、子どもだろうとなんだろうとひとつの命として、小料理屋で交わされる会話に涙した。そして間瀬の復活。カイジ並みの楽しみがある気がするー♪
読了日:12月31日 著者:恵 三朗
おまえのすべてが燃え上がる (新潮文庫nex)おまえのすべてが燃え上がる (新潮文庫nex)感想
これ以外持ってなかったから読むしかなかったけど、中盤までこのクソどもが幸せになろうと野垂れ死のうと興味もわかないほど、人として捉えることができなかった。どうせ、弟、空想でしょってわかるし。キモって醍醐に言う前にオマエのテンションのほうがキモいわ。静かにキレイに終わろうとしてるけど、なんだこれ?って感じだった。 ホント、なんだ、これ?
読了日:12月29日 著者:竹宮 ゆゆこ
【Amazon.co.jp限定】Under the Rose (10) 春の賛歌 (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (バーズコミックス デラックス)【Amazon.co.jp限定】Under the Rose (10) 春の賛歌 (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (バーズコミックス デラックス)感想
怖い怖い。こんな表紙やめてー! 誰か止めてー。誰を? そんなことになってしまったらグレゴリーはどうなるの? てか、今の今までモルゴースさん黙ってたってこと? 先生、弟の間になんかあったよね? もう、一つ秘密が暴かれるたびに謎が深まる。怖い。また2年待つの? 辛い…。
読了日:12月23日 著者:船戸 明里
入らずの森 (祥伝社文庫)入らずの森 (祥伝社文庫)感想
粘菌ってなんなんだろうな。想像できたらもっとリアルに感じて面白かったのかもしれないけど、ホラーをファンタジーで戦うっていうのはシラけるなぁ。じわじわと迫る恐怖が、残念なことになりました。
読了日:12月16日 著者:宇佐美 まこと
北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)感想
久々の入江ワールド。「わからんな」っていう愛着と、色気とバイオレンスとミステリー。描きたりないってほど表情に迫ってくる感じがやっぱり好きです。続きが気になりますね。
読了日:12月16日 著者:入江 亜季
あしょんでよッ 〜うちの犬ログ〜 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)あしょんでよッ 〜うちの犬ログ〜 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)感想
感想書き忘れ。コーギーはかわいい。コーギーはやっぱ、人の顔みていろいろ考えるんだなとか、いろいろ思ったり、懐かしくて涙でたり。とーたんがいい感じで楽しい。ずっととーたんの隣で幸せでいてほしいな。
読了日:12月16日 著者:らくだ
波津彬子選集 1 鏡花夢幻 (Nemuki+コミックス)波津彬子選集 1 鏡花夢幻 (Nemuki+コミックス)感想
花組芝居で泉鏡花の作品は出てきた。面白かった。お天気キャスターの木原さんがポスター描いてたころだから随分前だ。懐かしいなと思いながら読んだ。きっと原作を読んでもどうにも私には伝わらないのだろうなという確信したw
読了日:12月10日 著者:波津彬子,泉鏡花
異世界居酒屋「のぶ」(1) (カドカワコミックス・エース)異世界居酒屋「のぶ」(1) (カドカワコミックス・エース)感想
なんだ、ってのが正直。どうせ異世界なのだから、時代や国、あちこち移転するんだと思ってたので、1巻だけだと、なんだ、で終わるかな。そもそも今の時代のものの方がおいしいって観点は、ミシュランの評価が低いのに、万国どの時代でもホントはおいしいって言われるものなのかな、とか思ったり。通貨とか、儲けなしでいいなら娯楽ですかとか、ちょっと、うん、いらないかな。
読了日:12月09日 著者:ヴァージニア二等兵
鵼の絵師 5 (Nemuki+コミックス)鵼の絵師 5 (Nemuki+コミックス)感想
感想を書き忘れてました。やはりこれはほろりと泣かせるいい話があっていいですね。幽霊画のやつはちょっと怖い気もしましたけど…。
読了日:12月04日 著者:猪川朱美
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)感想
感想書き忘れてました。友達に「声を上げて笑うほど面白い」と言われて、『二度と買わないと誓ったオレンジ文庫』を買ってしまった。1巻はまぁそれほどでもないけど、いい感じのコンビですね。さらっと読み終わるし、正義のゆるさがツボかもしれない。
読了日:12月01日 著者:辻村 七子


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

TOPへ
片雲さくら

10月に読んだ本(2017年)

おかしいな。
漫画4冊読むのもいっぱいいっぱいなんて。
いったい一ヶ月なにしてんだかわかんないけど、忙しい。
そして、具合が悪い。
以前より酒が飲めなくなった。というか、飲んでも解毒できない朝が多くて、胃薬を飲むのだが、それも解けないうちに出てきちゃうっていうね。緑のうん●、、、
普通に休肝日を作れるようになった。

10月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:561
ナイス数:46

魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS) 最新巻魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS) 最新巻感想
チセがどんどんボロボロになっていく…話もどんどん重くなっていく。ハガレンは死人が出過ぎて途中で読むのやめたけど、そうならないといーな。
読了日:10月09日 著者:ヤマザキコレ
不機嫌なモノノケ庵(9) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(9) (ガンガンコミックスONLINE)感想
安倍くんと芦屋くんがどんどん信頼関係を深めていくようで、あっちの世界のいざこざもなんだかいーかも。行政さんこわいけど…
読了日:10月07日 著者:ワザワキリ
波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)感想
釧路つーか、北海道のディスりかたがスゴイな! 群馬のアレを越えたと思った。茅代さんとの闘いがもっとヒートアップしてくれるとますます腹捩れるわ。ミナレは無敵だわー。面白い。飲んでる後ろの席とかにそっと近づいてみたいww
読了日:10月05日 著者:沙村 広明
ぼくの輪廻 4 (フラワーコミックス)ぼくの輪廻 4 (フラワーコミックス)感想
表紙のとおり、ようやく輪廻。でもおっぱい。時代によっておっぱいと美人の魅力も変わるのかなぁ。男性は美しいが、これじゃただの痴女だろうと思うのだが、史実なんですかぁ? 
読了日:10月02日 著者:嶋木 あこ


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
片雲さくら

8月に読んだ本(2017年)

国芳とか、ポーとか、笹原くんとか、もー好きなもので、3〜4日おんなじ本を読みかえているうちに終わった感じです。そういえば、小説レビューをさっぱりさぼっていたことにようやく気付きました。っていっても大した量じゃないけどね。 暇つぶしに過去のレビューも整理して、あーこの話の続きを待ってたなぁってのを調べてみた。
ま、時代でしょうかね、kindleしかなかったりするのが多い。
しょうがない、kindle買うかーとなるのが読書好きなんだろうけど、私はそこまでじゃないんだなーってことにも気づく。
そしてコンプリートと思ってた作家さんが意外に(って言ったら失礼だけど)どばっと出してたりしてね。なもんで明日ちょっと延床広い本やをのんびりめぐってみようと思います。ww

8月の読書メーター
読んだ本の数:8
読んだページ数:1675
ナイス数:102

大江戸国芳よしづくし (ニチブンコミックス)大江戸国芳よしづくし (ニチブンコミックス)感想
素敵な一冊でした。国芳大好きです。好きなもんを好きに描けるわけではなかったのかーという時代の話とか、興味深い内容でした。めっちゃよいパトロンに出会えたのは、やっぱり彼の人間味の良さがあるんでしょうね。七代目の話も鼠小僧の話もぐっとくる裏があって、ホントに読み応えのある一冊でした。続編が欲しいです。
読了日:08月26日 著者:崗田屋 愉一
新庄くんと笹原くん2 (マーブルコミックス)新庄くんと笹原くん2 (マーブルコミックス)感想
やっと出た! もう会えないのかと思ってた。笹原くんも新庄くんもめっちゃかわいい! そして読んでるだけでも疲れるパワフルっぷりだ。ぐったりだ。でも楽しい。若いっていいね。そしてお兄ちゃんも結構な心配性で(あんな雑な性格なのに)ちょこちょこ出てくるとことおまけがいっぱいでたのしかったです。
読了日:08月26日 著者:腰乃
さよなら神様 (文春文庫)さよなら神様 (文春文庫)感想
久々に読んだがさすがだ麻耶雄嵩。4話の冒頭でどんでん返しよりびっくりさせられる。また、犯人がわかったところでとくに警察に突き出すとか、社会的にどうのとかでなく、個人の気持ちが処理できれば事件として解決、とでも思っているのかそっとしておくっていうところも麻耶雄嵩ならではだと思う好きなところ。いーよ、そういうおバカなラストも好きだよw
読了日:08月18日 著者:麻耶 雄嵩
ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)ポーの一族 ~春の夢~ (フラワーコミックススペシャル)感想
やっぱ身体に肉感がついてしまったので耽美な感じが多少、昔より薄い。アランがただのわがままぼっちゃんになってる。エドガーの謎のお出かけの理由がようやくわかった。
読了日:08月16日 著者:萩尾 望都
ポーの一族 (3) (小学館文庫)ポーの一族 (3) (小学館文庫)感想
名作。これを読むと「トーマの心臓」が気になり、そっちを読むとこっちも読みたくなる。メビウス。アランのわがままっぷりが好き。
読了日:08月16日 著者:萩尾 望都
ポーの一族 (2) (小学館叢書)ポーの一族 (2) (小学館叢書)感想
表紙が違いますが? エドガーがポーの一族になったいきさつ。子供に、ヒドイ。
読了日:08月15日 著者:萩尾 望都
ポーの一族 (1) (小学館文庫)ポーの一族 (1) (小学館文庫)感想
あるはずなのに本が見つからないので文庫を購入。懐かしい。あの時代ならではの細かく細い描き込みがやっぱり美しいと思った。そしてお話もこのページ数から想像できない複雑さで、やっぱり好きです。
読了日:08月15日 著者:萩尾 望都
ばらかもん(15) (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん(15) (ガンガンコミックスONLINE)感想
川藤っていい人だよなー、友達になってほしいわ。先生がどんどんクズに見えてくるけど、周りの人の支えで生きていける気がする。いい人ばっかりに囲まれて生活したいもんだぁーと、笑うよりしみじみと眺めて終わりました。
読了日:08月12日 著者:ヨシノサツキ

読書メーター

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
片雲さくら

7月に読んだ本(2017年)

暇なので読書すすめますww

7月の読書メーター
読んだ本の数:15
読んだページ数:2444
ナイス数:76

緋の纏 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 10巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
個々のキャラは好き(静さんだけは抜きで)だけど、やっぱ何度読み返してもお家騒動のほうは何が問題なのかわからない。すっぱり解決できることを杞憂で右往左往してるような? コタさんや要の活躍をみたいけどこの辺で落ちるとします。
読了日:07月31日 著者:乾 みく
緋の纏 9巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 9巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
なかなか読む気にならなかったが1巻から再読してようやく読んだ。んー。お家騒動とかなしに普通に火消しの楽しい生活だけだったらよかったのになーと思った。おりちゃん、太ってる方がかっこよかったのにな。
読了日:07月31日 著者:乾 みく
緋の纏 8巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 8巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
再読。
読了日:07月30日 著者:乾 みく
緋の纏 7 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 7 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
再読。
読了日:07月29日 著者:乾 みく
緋の纏 6 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 6 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
再読。世話になってる人に抜刀するくせに、主の命令で主の危機から離れるとかって、やっぱないと思うのよ。
読了日:07月29日 著者:乾 みく
緋の纏 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 5 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
再読。何度読んでも静さんはナイなーと思う。こいつの未熟さがお家騒動のほうも輪をかけてちんぷんかんぷんにしている気がする。
読了日:07月28日 著者:乾 みく
緋の纏 4巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 4巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
再読。
読了日:07月28日 著者:乾 みく
緋の纏 3巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 3巻 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
再読。
読了日:07月27日 著者:乾 みく
緋の纏 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 2 (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
再読。
読了日:07月27日 著者:乾 みく
緋の纏 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)緋の纏 (1) (IDコミックス ZERO-SUMコミックス)感想
再読。
読了日:07月27日 著者:乾 みく
愚者の毒 (祥伝社文庫)愚者の毒 (祥伝社文庫)感想
車の事故あたりから先が気になって一気に読んでしまった。久々に引き込まれる小説を読んだ。炭鉱閉鎖で各地がどうなったのか、働いてた人や家族がどうなったのか、あまり知りたいとも思ってなかったので、そのあたりは苦い気持ちで読みました。「人の名前を記号かなんかと〜」って怒った彼女の気持ちが最後になってぐっときた。
読了日:07月20日 著者:宇佐美 まこと
花園さん、結婚するんだって (フラワーコミックス)花園さん、結婚するんだって (フラワーコミックス)感想
なんで買ったのかわからないが手元にあったのでww 面白かった。「綺麗だね」のエピがよかった。先生夫婦もいいと思う。
読了日:07月16日 著者:三つ葉 優雨
獄都事変 (1) (MFC ジーンピクシブシリーズ)獄都事変 (1) (MFC ジーンピクシブシリーズ)感想
あーゲームの奴なのね。やってないせいでわからないのか、「わかってるでしょ」的な進み方なので、眺めて終わりですね。
読了日:07月16日 著者:あおのなち
スロウハイツの神様(1) (KCx)スロウハイツの神様(1) (KCx)感想
表紙に騙された。笑顔なのか、ひきつった顔なのか、わからん。内容が入ってこないです。
読了日:07月15日 著者:桂 明日香
えんどうくんの実験ノート 下 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)えんどうくんの実験ノート 下 (H&C Comics ihr HertZシリーズ)感想
津田兄はそれはそれで好きだけど、弟のそこまで嫌う理由が悪いけどわからんかった。ありがちな問題だから受け入れられるけど、急激に津田の魅力が失われた気がした。その分過激なえんどうくんの雄っぷりはよかったが、進展はないのかなと…。希望だけで終われるってある意味幸せだな。うん。
読了日:07月10日 著者:ハヤカワ ノジコ

読書メーター

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
片雲さくら

5月に読んだ本(2017年)

明日やろうと思うと一か月は軽くたってしまうなww
5月のまとめをかこうとしたらこんなに日がたってました。ひまなのになww

5月の読書メーター
読んだ本の数:9
読んだページ数:879
ナイス数:98

海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)海街diary 8 恋と巡礼 (フラワーコミックス)感想
姉妹みんなラブラブ街道まっしぐらだな。いい感じだ。吉田秋生、中学からずっと読んでるが、いまだ毎回胸に響く言葉を投げかけてくるところがスゴイ。絵やストーリーや舞台はほのぼのになってもちくりと刺さる言葉があるって、面白いものだなと思う。
読了日:05月13日 著者:吉田 秋生
ぼくの輪廻 3 (フラワーコミックス)ぼくの輪廻 3 (フラワーコミックス)感想
2巻表紙の話は笑いましたが、そういわれると今回はインパクト薄い気がする。ホクロくんはガチゲイってよりいきなり変態だったんじゃないか? つか、どっかからクレームきそうな気がするが、よく続くな…。
読了日:05月13日 著者:嶋木 あこ
きのこいぬ 7 (リュウコミックス)きのこいぬ 7 (リュウコミックス)感想
表紙のほたるが大人っぽくてビビった。ばあちゃんの日記で何かわかってしまうのが怖かったが、そんな風に明かされることもなくて良かった。きのこいぬ、ずっといてほしいな。
読了日:05月07日 著者:蒼星きまま
田中くんはいつもけだるげ(8) (ガンガンコミックスONLINE)田中くんはいつもけだるげ(8) (ガンガンコミックスONLINE)感想
こっちの感想を七巻に書いてしまった。子供の田中兄妹エピソードがかわいかった。なんだかんだいいおにいちゃんだ。
読了日:05月07日 著者:ウダノゾミ
不機嫌なモノノケ庵(8) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(8) (ガンガンコミックスONLINE)感想
和やかなお話だったのに、妖怪を抑える力とか使えるようになってくるとやっぱ戦いとかあるのかとさびしい気持ちになる。ヤヒコやモジャにもビビられるなんて…。
読了日:05月06日 著者:ワザワキリ
ばらかもん(14) (ガンガンコミックスONLINE)ばらかもん(14) (ガンガンコミックスONLINE)感想
月謝2万は高いだろ? 酒屋がなくなるのは都会でもツラいから継続してほしいもんだ。なるのお土産が面白かった。
読了日:05月06日 著者:ヨシノ サツキ
田中くんはいつもけだるげ(7) (ガンガンコミックスONLINE)田中くんはいつもけだるげ(7) (ガンガンコミックスONLINE)感想
田中くんがまさかのラブコメな展開になっていくのか?ww
読了日:05月05日 著者:ウダ ノゾミ
僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)僕だけがいない街 9 (角川コミックス・エース)感想
母さんエピソードが良かった。
読了日:05月05日 著者:三部 けい
ReLIFE7 (アース・スターコミックス)ReLIFE7 (アース・スターコミックス)感想
なをか映画のCMでネタバレされてたので残念。でも高校生ってだけでなんでもない日常も楽しそうで羨ましい。花火大会で告白、よいなぁ。
読了日:05月05日 著者:夜宵草

読書メーター

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
片雲さくら

1月に読んだ本(2017年)


読んだ本の数:5
読んだページ数:960
ナイス数:87

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)聲の形(7)<完> (講談社コミックス)感想
そういう終わりか、まぁ西宮は将也がいることで、ちょっとずつでも自分を出せるようになってるからいいのか。3つめをいわない植野がやっぱ清々しくて好き。人の死にそうな現場笑うような奴も父親になるのか、ぞっとする。なんかまとまってるような、無理やり終わらしたようなもやもやがあるが、課題を残すラストって流行りだからしょうがないのか。ま、なんとなくみんな幸せそうな終わりで良かったね。
読了日:01月02日 著者:大今 良時
聲の形(6) (講談社コミックス)聲の形(6) (講談社コミックス)感想
ユズルがどうしてそんな写真を撮ってたのか、ショックとともに涙が止まらなかった。植野のぶちギレっぷりに称賛するが母親の反撃にも胸のすく思いがした。皆の過去はいらないんじゃないかな?広瀬と島田を出せよ、(笑)える広瀬が怖い。より戻さなくていいから。
読了日:01月02日 著者:大今 良時
聲の形(5) (講談社コミックス)聲の形(5) (講談社コミックス)感想
真柴が気持ち悪い。そしてやっぱり川井がやらかした。が、「心の底から気持ち悪い」って言ってくれて少しスカッとしたがこういう奴には何言っても突き刺さらないんだろうな。やっぱり前の巻で植野が西宮に言ったことが正論な気がする。西宮が謝って済ませてるから、家族も学校も不和になったんでないか?だから、何故死を選ぶ?
読了日:01月02日 著者:大今 良時
聲の形(4) (講談社コミックス)聲の形(4) (講談社コミックス)感想
植野はたとえ間違ってたとしてもちゃんと自分の思ったことを率直に言うところが凄い。多分、理髪店なんか石田の家でなきゃいかないおしゃれさんでその頃から好きだったなら、やっぱ西宮さえこなけりゃ今頃将也と付き合ってたかも知れんと思うと、西宮に言った台詞は正しいが、島田と会わせる意味はわからん。西宮母、まぁ辛かったのだろうが、ひねくれすぎだろ。ありがとうくらい言えるようになったのはそんな夜だから?いい人になったの?
読了日:01月02日 著者:大今 良時
聲の形(3) (講談社コミックス)聲の形(3) (講談社コミックス)感想
将也はがんばる子だな。ガキの頃の悪さなんて足掻いたところで消せないし、フタするしかないし、ユズルがどこかで言ってたように「わざわざあいつとつるまなくてもしあわせになれるのに」に共感する。あー、だから私は学生時代の友達いないのか、と納得した。植野がそのまんまで嬉しい。川井、1巻から一番嫌いなタイプ、なんかまた巻き込まれそう。
読了日:01月01日 著者:大今 良時

 

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
片雲さくら

2016年まとめ

2016

読んだ本の数:106冊
読んだページ数:21880ページ
ナイス数:1058ナイス

 

マルコピだと壊れますね。

グラフだけにしました。

 

小説が一割ですかねー。

漫画は『雨柳堂〜』『暗殺教室』『天地明察』が主ですかね。

なんだかんだで100は読んでたんですね。

今年も3桁目指して頑張ります。

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

JUGEMテーマ:気になる書籍

TOPへ
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM