片雲さくら

2月に読んだ本(2017年)

うわー、気が付いたらもう3月で。 全然小説を読んでないことに気付きました。 積んでたはずの本もどこへいったことやらってくらいに本から離れてました。
うーん、もうすぐ誕生日です。
ここで最後と思って入ったカイシャもやっぱりブラックで。
祝日は出勤なのに有休は少ないし、昇給ありってはずだったのに約束してないといわれちゃったし、上司は土日なしで働きすぎて、急激に認知症と虚言癖になり、仕事の邪魔をしてくるし、大納会で無駄に30分話してたクソすぎる会長とか人類で最も敬えない生き物だってわかってしまったので、なんだ、誕生日迎える前にもう一回転職活動しちゃおうかなって思いました。はい。
もうすぐ50です。
なに? 忍耐力ないの? って第一印象で思われるほど、転職してますけど、やっぱ、未来ないなって思った時点で耐える必要性を感じてないので、これはやっぱり繰り返すねぇ。って、見透かされてるから、ブラックにしか引っかからないのかもしんないけどな。 ここにはいられないと思ってしまうわ。
ダメなんだろうね。わかってはいるけど、残ってもダメなら酒友が増える分、転職のほうが面白いかなと思ってしまう時点で、ダメなんだろうねww。

2月の読書メーター読んだ本の数:13
読んだページ数:2673
ナイス数:56
静かな炎天 (文春文庫)静かな炎天 (文春文庫)感想葉村シリーズ続けて読むとホントに、「仕事はできるが不運すぎる」ってのに笑える。ここまでどうして不運を引き寄せるのか、「聖夜プラス1」は可哀そうだったわ。つか、電車事情を知ってるせいか、やたら頷けた。セリフのあとの「ざまあみろ」とか「くそったれ」とか、そういう受け止め方がとても身近に感じて今一番好きなキャラだ。続きが待ち遠しい。読了日:02月27日 著者:若竹 七海
金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)金の国 水の国 (フラワーコミックスアルファスペシャル)感想んー、ワンピースの同人かと思った。もっとオリキャラで描いてくれれば話が入ってくるのかもしれないけど、んー。読了日:02月26日 著者:岩本 ナオ
アブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~ 2 (ビッグコミックス)アブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~ 2 (ビッグコミックス)感想つぎたし、が怖い。けど、ちょっと飛ばしすぎな気がして、なんでそこにたどり着くのか、なぜこいつにつながるのかってのがわからんかった。読み直してみる。読了日:02月25日 著者:
DOG END 2 (裏少年サンデーコミックス)DOG END 2 (裏少年サンデーコミックス)感想いいっすね、怒ると方言になる人好きですよ。クソメガネあほっぽいとこあってかわいいですね。死ぬよ、って言われたらちょっと防衛しろよww読了日:02月25日 著者:ゆりかわ
神様のジョーカー(3) (イブニングKC)神様のジョーカー(3) (イブニングKC)感想え? なんだ終わりなのかって感じ。エピソードの一つとしてなら許せるけど、結局あの見た目もよろしくないじじぃが出ずっぱりの暗い漫画だったのかと思うと腹立つ。終わりもそんなもんだろうねって予想と一緒。川村、卑屈な笑いするくせに泣くのか、情緒不安定。神、つか人も器がちっさい、狭すぎる世界の話。読了日:02月19日 著者:佐原 ミズ
神様のジョーカー(2) (イブニングKC)神様のジョーカー(2) (イブニングKC)感想マヒロは死んだとばかり思ってたが、そんで、また危ない目に遭うのね。神様とかいうよりは運が悪すぎる、嫌われやすい女ってのもいるからなぁ。確信がもてないね。一時人気だったからといって落ちぶれたやつにペンを持たせても商品になるものをかけるとは思えん。なんでこだわるのだろう? 神が見たいだけ? 読了日:02月19日 著者:佐原 ミズ
ふるぎぬや紋様帳 1 (フラワーコミックススペシャル)ふるぎぬや紋様帳 1 (フラワーコミックススペシャル)感想新連載なんすね、雨柳堂も続けてね。これもまたちょっと怪しい世界なのね、着物のにいさんが美しい。目の保養。読了日:02月19日 著者:波津 彬子
ぼくの輪廻 1 (フラワーコミックス)ぼくの輪廻 1 (フラワーコミックス)感想面白かったー! 表紙が笑えるから買ったけど、中身も面白かった。DTとゲイと巨乳ってすげー組み合わせだ。こんな少女漫画ありなのか? まさにご乱心だろww 続き買うわ読了日:02月19日 著者:嶋木 あこ
アブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~ 1 (ビッグコミックス)アブラカダブラ ~猟奇犯罪特捜室~ 1 (ビッグコミックス)感想虫みたいな顔の油小路先生がいるお蔭で猟奇殺人がテーマでも暗いまんまにはならない。拘束された犯罪者に知恵借りるってオマージュはこれを超えるものがないってことなのか? 飲まれちゃいそうな危うい感じ。ちょっと続きが気になる。読了日:02月05日 著者:リチャード ・ウー,芳崎 せいむ
DOG END 1 (裏少年サンデーコミックス)DOG END 1 (裏少年サンデーコミックス)感想クソ真面目なメガネとゆるい感じのがんばる子ちゃんコンビ。好きですね。スポーツでも殺戮でも。レズビーなねぇちゃんたちもすげぇいい感じ。読了日:02月05日 著者:ゆりかわ
それから、君を考える (Canna Comics)それから、君を考える (Canna Comics)感想表紙買い。なんかこう、描き手のクソ恥ずかしさをクソ汚い絵とか、落書きレベルとか、誰かの真似っぽく描かれると、それまで世界に入ろうとしてたのに一気に気分壊されるから嫌い。短編ばっかだから、そこからどうしたって深いものもそもそもないから、「大型新人」って帯にまた騙されたかなと思う。読了日:02月05日 著者:小松
ヨルとネル (ヤングチャンピオンコミックス)ヨルとネル (ヤングチャンピオンコミックス)感想4コマだからって笑えるとは限らないのね。たぶん、この生物がこの世にありながら「ふたりっきり」って切なさが付きまとってるからかしら。笑いのネタもあるだろうけど、どんなテンションでもまず私は笑えなかったし、どんどん暗い気持ちになった。…そういう気分だっただけで話は関係ないのかもしんないけど。読了日:02月04日 著者:施川ユウキ
破戒 ~ユリ・ゲラーさん、あなたの顔はいいかげん忘れてしまいました~ (CUE COMICS)破戒 ~ユリ・ゲラーさん、あなたの顔はいいかげん忘れてしまいました~ (CUE COMICS)感想すっけー昭和だなと思ったら、昔の作品だったんですね。わけわかんない感じとか、ナンセンスさとか、どうでもよさとかの半端さが怖い。読了日:02月04日 著者:松尾スズキ,山本直樹
読書メーター

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
片雲さくら

バレンタインってカイシャに必要ですか?

バレンタインに会社でチョコって配ります?

あ、渡しますって人は別にいいんですけど、

チョコを買って渡すのと配るのってもう、そこで気持ち的に違うと思うんですけど、

そうなった場合、もういいんじゃないかと思うわけよ。

 

仲良くておやつをたまに分け合うようなそんな雰囲気なら全然気分でOKだと思うんだけど、

毎日のように誰かが誰かとギスギスしてるカイシャにそういうイベントって必要でしょうか。

 

チョコ配ったところでちょっと、その日だけでも雰囲気よくなるとか、

そういうのあればいいけど、それもないだろうし、

どう考えてもないだろうし、

どうなんだろう?

 

って思ったのだが、「毎年恒例だし、期待してる人もいるし…」という人がいたので

よっしゃ! 私は買わないと決めたw

 

ま、結局そう宣言したことで大半の女子は今年チョコを買わなかったのだけど。

 

けど、チョコは買いに行く。

自分用? まぁ、自分用を買わない人はいないよね。

ってことで今年は新宿伊勢丹に日曜に行ってみた。

ごった返すデパートってのを久々に見た、というか体感した。

怖かった。

ミュシャ

歩き回ってたらミュシャの缶ケースと、丸い筒みたいなのが売ってた。

もうすぐ始まりますが、会社の女子4人でミュシャ展行こうぜって話をしてたとこなので。

自分のはまぁいっか。

ってことで、自分のは夜ご飯だよ。

米沢琥珀堂1

米沢琥珀堂の米沢牛コロッケと、チーズと卵のメンチカツ。

冷めた場合はレンジでチンしてトースタでちょっと焼いてと説明書もつけてくれた。

風呂上りにビールと一緒に♪。

米沢琥珀堂1

だりゃー!!

チーズがトローン。

肉汁がじゅわーん。

やばい、美味い。

やっぱチョコよりビールだよなぁ。。。。

 

 

 

ミュシャ

ミュシャ

あ、あの本型の箱がやっぱほしいなぁと、月曜日。

やっぱりいっちゃいました。

ミュシャ

ミュシャ

ちょっと大きな缶とそれぞれ用のベルベット風の小袋付。

いいわねぇ。

なんか箱はそもそも書類整理用にほしいと思ってたけど、

缶はなんかしら使えそうだしね。

うん、買って損はないか。といいながら、またミュシャ展いったら

いろいろ買ってしまうんだろうなと思う私でした。

 

 

ミュシャ展

 

 

TOPへ
片雲さくら

1月に読んだ本(2017年)


読んだ本の数:5
読んだページ数:960
ナイス数:87

聲の形(7)<完> (講談社コミックス)聲の形(7)<完> (講談社コミックス)感想
そういう終わりか、まぁ西宮は将也がいることで、ちょっとずつでも自分を出せるようになってるからいいのか。3つめをいわない植野がやっぱ清々しくて好き。人の死にそうな現場笑うような奴も父親になるのか、ぞっとする。なんかまとまってるような、無理やり終わらしたようなもやもやがあるが、課題を残すラストって流行りだからしょうがないのか。ま、なんとなくみんな幸せそうな終わりで良かったね。
読了日:01月02日 著者:大今 良時
聲の形(6) (講談社コミックス)聲の形(6) (講談社コミックス)感想
ユズルがどうしてそんな写真を撮ってたのか、ショックとともに涙が止まらなかった。植野のぶちギレっぷりに称賛するが母親の反撃にも胸のすく思いがした。皆の過去はいらないんじゃないかな?広瀬と島田を出せよ、(笑)える広瀬が怖い。より戻さなくていいから。
読了日:01月02日 著者:大今 良時
聲の形(5) (講談社コミックス)聲の形(5) (講談社コミックス)感想
真柴が気持ち悪い。そしてやっぱり川井がやらかした。が、「心の底から気持ち悪い」って言ってくれて少しスカッとしたがこういう奴には何言っても突き刺さらないんだろうな。やっぱり前の巻で植野が西宮に言ったことが正論な気がする。西宮が謝って済ませてるから、家族も学校も不和になったんでないか?だから、何故死を選ぶ?
読了日:01月02日 著者:大今 良時
聲の形(4) (講談社コミックス)聲の形(4) (講談社コミックス)感想
植野はたとえ間違ってたとしてもちゃんと自分の思ったことを率直に言うところが凄い。多分、理髪店なんか石田の家でなきゃいかないおしゃれさんでその頃から好きだったなら、やっぱ西宮さえこなけりゃ今頃将也と付き合ってたかも知れんと思うと、西宮に言った台詞は正しいが、島田と会わせる意味はわからん。西宮母、まぁ辛かったのだろうが、ひねくれすぎだろ。ありがとうくらい言えるようになったのはそんな夜だから?いい人になったの?
読了日:01月02日 著者:大今 良時
聲の形(3) (講談社コミックス)聲の形(3) (講談社コミックス)感想
将也はがんばる子だな。ガキの頃の悪さなんて足掻いたところで消せないし、フタするしかないし、ユズルがどこかで言ってたように「わざわざあいつとつるまなくてもしあわせになれるのに」に共感する。あー、だから私は学生時代の友達いないのか、と納得した。植野がそのまんまで嬉しい。川井、1巻から一番嫌いなタイプ、なんかまた巻き込まれそう。
読了日:01月01日 著者:大今 良時

 

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
片雲さくら

2016年まとめ

2016

読んだ本の数:106冊
読んだページ数:21880ページ
ナイス数:1058ナイス

 

マルコピだと壊れますね。

グラフだけにしました。

 

小説が一割ですかねー。

漫画は『雨柳堂〜』『暗殺教室』『天地明察』が主ですかね。

なんだかんだで100は読んでたんですね。

今年も3桁目指して頑張ります。

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

JUGEMテーマ:気になる書籍

TOPへ
片雲さくら

12月に読んだ本(2016年)

2016年12月の読書メーター
読んだ本の数:10冊
読んだページ数:1671ページ
ナイス数:75ナイス

聲の形(2) (講談社コミックス)聲の形(2) (講談社コミックス)感想
西宮の母ちゃんこわいわ。子供の意思は尊重しないわ、マジで他人の子なぐるわ、妹がこうなのも姉ばっかで見ないせいなのか?ナイトのような妹だが、姉は守られてばっかじゃなく見てるのね、良かった。つか、将也死ぬつもりだったのか。死ってそんなに価値あるものか?
読了日:12月31日 著者:大今良時
聲の形(1) (講談社コミックス)聲の形(1) (講談社コミックス)感想
手話や取っ組み合いの西宮が何を言ってるかわからない。わからない将也の目線で描かれてる。障害者とはいえ西宮のせいで煩わされる気持ちに憤るのはわかる気がするが、イジメになるのはなんでかな。親や先生もなんか気持ち悪い。
読了日:12月31日 著者:大今良時
フラジャイル(7) (アフタヌーンKC)フラジャイル(7) (アフタヌーンKC)感想
小早川さんの想いが演奏される。シーンの見える演奏ってすごいな。泣けた。まさか、ここであの譜面が使われるとは思ってなかった。それにしても、せっかく検査技師もいっぱいいて病理もあって大病院としてはちゃんとそろってるものを排除する必要があるのだろう? 質を落として広く浅くでいい病院といえるのか? 患者が繰り返し来ればいいというのか? コンサルの立場もあるのだろうが、前回の製薬会社の話のようにどんな理由があっても受け入れがたい話になりそうだ。 
読了日:12月18日 著者:恵三朗
はたらく細胞(4) (シリウスKC)はたらく細胞(4) (シリウスKC)感想
後輩? そうか、細胞も新陳代謝するしなぁ。彼女も年老いていくのだろうか。あれ? 血小板はずっと子供のままなら…。やたら危機にあうからだだな。しかし、ちょっと最近擬音をでかくかくことで、ごまかされすぎてるシーンが多い気がする。
読了日:12月18日 著者:清水茜
竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)竹易てあし漫画全集 おひっこし (アフタヌーンKC)感想
これは面白かった。吉田秋生好きの女子になら薦められる。ミナレさんほど、カッとんでないけど、赤木さん、どこかにマジでいそうな子だなと思った。スカッとしてていい。アホなイタリア人の思惑にはまらないのも面白い。自由に遊んでるようで、ちゃんと考えてたりするところもいい。後ろのカットんだハイスピード漫画も、Vシネでありそうww。「ファイティング」? フィル・ライノット? 作者のちゃらんぽらんな感じがますます好きになったわ。
読了日:12月18日 著者:沙村広明
ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)ブラッドハーレーの馬車 (Fx COMICS)感想
怖。『波よ、聞いてくれ』が面白いので他の作品も読んでみようと思ったら…。残忍な話だけど、生と死に分かれる未来やら少女側、監視、囚人、いろいろな視点で殺伐と進む。読ませる話だった。
読了日:12月17日 著者:沙村広明
波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(3) (アフタヌーンKC)感想
北海道人やばーい!! と笑いながら思ってしまったが、きっとミナレさん基準にしちゃいかんのだろうな。細かいところで「プッ」と笑ってしまうが、全体、ホラーやオカルトっぽい表現が多いので、面白いのに人には薦められないのが残念。いろんな人がちょっとずつ見えてきて続きが楽しみ。
読了日:12月17日 著者:沙村広明
艶漢(10) (ウィングス・コミックス)艶漢(10) (ウィングス・コミックス)感想
いよいよ核心ってことなんだろうけど、遅々として進まない。組の仕組みとかわかってくるたびに陰惨なものが出てくるので、なかなか読み進めるのが億劫になってきた。アンリ、好きなんだけどな、、、
読了日:12月17日 著者:尚月地
田中くんはいつもけだるげ(5) (ガンガンコミックスONLINE)田中くんはいつもけだるげ(5) (ガンガンコミックスONLINE)感想
白石さんがいじらしいが、ずっと片想いのままのほうがしあわせだろーな。田中くんは続けて読むと、読むことがだるくなってくる。田中くんに感染してるのか?
読了日:12月5日 著者:ウダノゾミ
田中くんはいつもけだるげ(4) (ガンガンコミックスONLINE)田中くんはいつもけだるげ(4) (ガンガンコミックスONLINE)感想
太田、いい嫁になりそうだと思ってたが意外とボケというかズレてるところもあるんだな。みゃーのがかわいくて癒される
読了日:12月5日 著者:ウダノゾミ

読書メーター

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
片雲さくら

2017年1月8日

年明けに最愛のペットとお別れしました。
 

 

 

 

TOPへ
応援! ブログ村ランキング | 近況 | - | -
片雲さくら

11月に読んだ本(2016年)

2016年11月の読書メーター
読んだ本の数:6冊
読んだページ数:1188ページ
ナイス数:68ナイス

波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(2) (アフタヌーンKC)感想
放送事故のようなってそれ大丈夫なんでしょうかね、地方のラジオだからって…。ミツオ。死ねばいいのにと思うが死に目に会いながらぬくぬくと生きてる感じが絵になって表れて笑えた。「射殺」ってコマだけで思い出し笑い2日できる。ホントにテンポよくて面白い。が、話がオカルトというかホラーチックに持っていかれちゃうのがちょっと万人受けしないだろうからザンネンな気がする。
読了日:11月26日 著者:沙村広明
波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(1) (アフタヌーンKC)感想
通常生活が大喜利のような店舗のよいのり突っ込みで、会話の端々まで活力にあふれていて笑えた。こういう女性好きだ。バイタリティ、って言葉だけじゃなくエネルギーの塊みたいで、失恋だの詐欺だの哀れな話だけど。。。そもそも、話の始まりが飲み屋で知り合ったばかりのおっさんに管巻いてるって、これだけで即買いしましたw
読了日:11月25日 著者:沙村広明
さよならの手口 (文春文庫)さよならの手口 (文春文庫)感想
「仕事はできるが運の悪い女探偵」そっか、確かに運悪すぎ、ってかよく生きてられたなってヒドイ目に遭ってきた。しかし今回いきなり冒頭からすぎてさすがに笑った。運悪いどころの話じゃない。それにしても、毒吐きまくっていてなんだかスカッとする。友達になれると思う。続きも速攻買いました。
読了日:11月20日 著者:若竹七海
ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)ダンジョン飯 3巻 (ビームコミックス)感想
あまり大笑いする部分はなかったな、というか、ダンジョンだけにシビアな危険が迫ると、な。ま、カエルは笑えたけど。あの4人じゃどうにもラスボスには立ち向かえない気がしてたけど、人が増えてくるとなんとかなるのかな、つかそろそろラスボスなのかしら。
読了日:11月13日 著者:九井諒子
魔法使いの嫁 6 (BLADE COMICS)魔法使いの嫁 6 (BLADE COMICS)感想
アリス? 時々女子っぽいなと思いつつ女だとは思ってなかったで、、、その分こめて女子がクリスマスプレゼント買いに行くっていう話題に和みました。アリスと師匠の関係もなんとなくわかってますます親しみを感じた。
読了日:11月13日 著者:ヤマザキコレ
ふしだらニート (ビーボーイコミックスデラックス)ふしだらニート (ビーボーイコミックスデラックス)感想
面白かった。初読み作家さんですが、絵がキレイでうれしい。アホな子って楽しいですね。どっちの話もニートですが、なんか居ることでそれなりに役に立ってるってのはいいことだと思ってしまうw
読了日:11月13日 著者:ジャガー芋子

読書メーター

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM