片雲さくら

ティラノ作ってみる!

ティラノザウルス

やることないとスマホで一日終わってしまうような。
依存してるとは思いたくないなということで、手作業できるかなって感じで。
世界堂で見つけて買ってみた。

アルミで出来てる恐竜です。
どうよ、これと同僚に見せたら、
「ゾイド? ゾイド? …ゾイドじゃないんだ」
え、まぁ、フツーに恐竜ですんませんって気分になってちょっとテンション下がったが。

作りだしたら楽しいのさ、これが。
学研なんだね。
つーことは子ども用? でも小学生にはちょっと難しいのでは? と思った。
だってドライバーとかナットとか書いてあっても説明ないし。
結局指で簡単に折れるってのはわかったけど、なんか、工具を使ったらもっとキレイにできるのではないかと思うととりあえず調べてしまうではないか。
改訂版ということで、恐竜のことをちょこっと知れるブックレットはついているものの、組み立てに役立つ情報はついてないところが、大人メ全な気がしてならない。
ティラノザウルス4時間くらい、ですかね。
アルミのとがった部分を気になるなら削ってね、ってのは結局、子どもがソレで怪我して、だからいったじゃん的なニュアンスを残しているだけのような、ま、それは企業からしたら必要だろうけど。
サンドペーパーがついているので、磨くよ。
案の定、磨くと摩擦跡がついて、カッコ悪い。それはま、内側にするしかないねえ。

ま、暇つぶしにはもってこいですね。



ティラノザウルス出来上がるとやっぱり嬉しいね。
ええ、なんか、かっこいいす。
手、手なんすか。前足というにはついても役に立たないと思うし、かといって、手というには…
だってこのスケールであってるならこの手で口に獲物を放り込むには結構な苦労よ。
とどかないでしょ。
焼き鳥も食えんよ。
尻尾でなぎ倒して、気絶してる間に食っちゃうみたいな?
手は添えるだけ? 届く? 添えられる?





出来上がりを堪能し…堪能つーか、かなり、そんなことを考えて時間をつぶしましたね。
はい。
 


TOPへ
片雲さくら

光あれ/馳星周

評価:
馳 星周
文藝春秋
¥ 1,512
(2011-08)

原発のある厚賀市。恩師の死により同窓会に出る羽目になった徹は離婚の危機にあった。中学時代サッカー部で親しかった昌也、その日話し、海まで車を流したがその彼が事故った現場に出くわしてしまう。
思い起こされる、サッカーにむちゅうだった中学時代、サッカーから離れた理由、ミズの女、そして原発の街に縛られる理由と、つきまとう死の影―。

 

ま、引越し貧乏だし、故郷ないし、学校でも会社でも「ここが居場所」と思ったこともない私にとっては、街に縛られる気持ちはさっぱりわからん。
金持ちや、有力者、学力、その他の武器、人にはいろいろあるだろうが、その土地でダメだと思ったら、外へいけばいいのではと思うのは育った土地によるものなのか。夢を見てはいけないのか、みる力もないのか、「ここでダメなら、外なんてもっとダメ」と思わせる縄はなんだったんだろう。

 

むしろそんな納得しがたい理由で無理やり、その街に自分を縛りつけようとしてる気がしてならないが、案外、原発のせいでまとわりつく死の影に、あわよくば、巻き込まれてしまいたいとでもいうような絶望に魅入られているような感じがした。
別に希望もないのなら、水の女とアレがあうってだけで、溺れていればいいものを、自分を律するために、幸せにしなきゃいけない女というか、突然現れたコマを利用して、結婚して「頑張れる自分」を作ろうとしている男の物語みたいな。

 

幸せにしようと思う気持ちには、愛しさがないということにぞっとする話だった。
「醜かった」
ただ、攻め立てる妻に対する素直な感想が怖い。
ヒモになるのがあってるような、クソ男だが、それでも娘は可愛いのか。だったら、醜くなろうとも、守ろうとした女の元へ戻るしかないのだろう。 過去や原発が原因ではないと思う。ただ、人はいくらでも、その
せいにしていいわけしながらもくいしばることはできる、、、のだろうか。

 

江戸の大震災のあと、3週間後にはたくましくも、あちこちから資材をかき集め、長屋が完成したという資料がある。大火の多かった江戸時代、一時的な避難所はできてもどんな規模でも一年後にその避難所で過ごす人はなかったという。
「3・11が起こる遥か前、原発の町で暮らす人間を笑顔うと思い立った」と帯にある。
すがりついてでも、見いだせる「光」がそこにあるというならそれを応援しようと思うが、本当にそれは光なのか? 扉をあければ、窓を少し開ければ、と思ってしまうのは体感してないからなのか、それを傲慢と言うのかわからないけど、なんだかなぁと。。。
うん。

 

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします
TOPへ
片雲さくら

6月に読んだ本(2014年)

健診がありまして。
ダイエットなんかしても続くわけがないので、悪あがき程度に半身浴3時間とかしたり。
必要なのは本ですよ、読書ですよ。
3時間じっとしてることなんてできないですからね。

それでもやっぱり毎回同じような結果だったりするのよね。
ええ、貧血と中性脂肪で「要医療」。
笑えるのが注意すべきことをとか、食べたほうがいい食品とかが、否定しあってることですわな。デブになりたくないなら貧血は我慢しろってことか、貧血を治したいならデブになるのもやむを得んといってるのか、よくわからん資料を貰う。
でも改善する気がない、つーか、日の終わりに酒のまずに居られるわけがないので、そもそも。
アル中になったら、考えよう。



2014年6月の読書メーター
読んだ本の数:9冊
読んだページ数:2088ページ
ナイス数:58ナイス


竹書房漫画文庫 かいしゃいんのメロディ 3 (竹書房漫画文庫 OT 3)竹書房漫画文庫 かいしゃいんのメロディ 3 (竹書房漫画文庫 OT 3)感想
再読。そうそう、2000年問題とかあったなぁと思いだす。時々時事ネタでてくるのはネタ切れなんだろうか、と思ったが読み返すと懐かしいね。
読了日:6月29日 著者:大橋ツヨシ
(漫画文庫)かいしやいんのメロディ2 (竹書房漫画文庫 OT 2)(漫画文庫)かいしやいんのメロディ2 (竹書房漫画文庫 OT 2)感想
再読。そうそう、左右さんちのネコがね、好き。
読了日:6月29日 著者:大橋ツヨシ
かいしゃいんのメロディー 1 (竹書房漫画文庫 OT 1)かいしゃいんのメロディー 1 (竹書房漫画文庫 OT 1)感想
再読。無性に読み返したくなった。うずが好き。ああいう人が会社にいたらなと思う…
読了日:6月29日 著者:大橋ツヨシ
北斗の拳 イチゴ味 2 (ゼノンコミックス)北斗の拳 イチゴ味 2 (ゼノンコミックス)感想
林先生(今でしょ)があまりにも熱く語ってたのでつい読み返したくなったので本屋に行ったらこれがあったんで読んでみた。週刊誌の最後に4ページくらいある程度なら盛り上がれるかな。連続で読むと疲れる。
読了日:6月25日 著者:行徒妹,河田雄志,原哲夫,武論尊
おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫)おやすみなさい、また明日 (キャラ文庫)感想
あとがき読んで納得したけど、最後まで書いてくれて読んでて嬉しかったし、泣けてきた。いい話だという以前に、「前向き」「頑張れ」って言葉に疲れた人に癒しのセリフがいくつもあって震えた。初読みの作家さんだけど、BLにこだわらず色々書いて欲しいと思った。
読了日:6月22日 著者:凪良ゆう
鬼の王と契れ (キャラ文庫)鬼の王と契れ (キャラ文庫)感想
うーん、使役とか「鬼怖い」とか説明が繰り返しでなんかノレなかった。もっとかっとんでるのかと思ったけど…残念。
読了日:6月21日 著者:高尾理一
光あれ光あれ感想
地方都市と原発。引越し好きの私には「土地」にすがる理由や故郷という思いはわからないけど、鬱屈としていく気持ちや背景がなんとなくわかる気がしてぐいぐい読ませるものだった。結婚は感情より決意だったこの男にとって、「醜かった」というリアルな感想はラストへの引鉄になっているのかと思うとどれだけ無様になっても、元の鞘に戻るべきと思う。
読了日:6月20日 著者:馳星周
文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース)文豪ストレイドッグス -1 (カドカワコミックス・エース)感想
発想は面白いと思ったけど、戦いシーンがチンケ。それぞれの文豪様の深いことや私生活や、あるあるやトリビアなんかがちりばめられてるかと思ったけど、そんな立派な話ではなさそうだ。まだ『放課後のカリスマ』の方がいいかも。
読了日:6月8日 著者:春河35
積木の恋 (プラチナ文庫)積木の恋 (プラチナ文庫)感想
話は詰まらないし、学歴あるけどバカっぽい加賀谷。退屈だろうなと思う反面、どんな理由だろうと揺るぎなく支えようとする誠意を感じてしまう。甘え慣れない蓮がそんな平凡な生活にさえ根を張る気がない謙虚さにもなんだか泣けてきた。特別ステキで幸せってな話ではないけど、素直に響く話だった。
読了日:6月1日 著者:凪良ゆう

読書メーター

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします




TOPへ
片雲さくら

ONE OK ROCKのFOOL COOL ROCK! 観てきました



本作は、昨年行われたアジア、そして初のヨーロッパツアーとなるONE OK ROCK 2013 “Who are you?? Who are we??” TOURへの完全密着取材を敢行。1か月半に渡り、11カ国12公演を駆け抜けた彼らの足跡を綴っていく。フランス、ドイツ、イギリス、オランダ、香港、韓国、タイ、マレーシア、シンガポール、インドネシア、台湾。現地のファンで埋め尽くされた会場で圧巻のライブパフォーマンスを魅せるメンバーたち。それに呼応し、熱狂する海外ファンの興奮。ステージ裏の張りつめた緊張感と数々のドラマ。


FOOL COOL ROCK! 公式サイト
FOOL COOL ROCK! ONE OK ROCK DOCUMENTARY FILM@ぴあ映画生活


フィルムライブといってもいいくらいのライブシーンを満載とした、2,200円で満喫するには勿体なさ過ぎるくらいの濃い2時間でした。
ああ、ホント、楽しかった。思わずにんまりしてしまうくらい楽しかったし、あとそうね、彼らの歌詞は半分以上英語だったりするから、ライブで一緒に歌えないところもあったりするのは、「アホな私にはしょうがないよね」と思ってたところ、ちょっと反省しました。
だって、海外の、それこそ英語圏ではない人たちでさえ、日本語の部分で涙したりするシーンがある(『wherever you are』のサビとかね)んだけど、そういうの。
「日本語も覚えるくらい何度も聴いてくれたんだと思うと嬉しい」みたいなことをtakaちゃんが言ってたりするのを見ると「アホだから」と自分を赦しちゃってることを恥ずかしく思ったりした。
「deeper deeper」とか、カタカナなノリでなら歌えるけど、歌詞の意味までは理解してないもんね。そういうの、2日間もならんでやっとライブ観られる海外のファンより、ネットで注文(ま、去年は一つも取れなかったけどねー)できる幸せな環境にいる自分がどれほど幸せかっていうことを噛みしめた。

それから、海外も周ってこそ、はじめてツアーといえると思ってるというのを聞くとますます焦るよね。うん、日本にいるからって安心はできない。世界で活躍してくれるのは、嬉しいけど、遠くなってしまうような、ね。

ほか、彼らの各地での感想や舞台裏も面白かったし、緊迫のシーンや、アホなじゃれあいも観れて楽しかった。“お母さん”発言とか、ビンタとか、バスの中とかね。
それからやっぱり、あんなちっちゃい子なのに(って言い方も失礼だけど)、あんなに跳ねながらでも息も乱さず歌えるとことか、10秒以上声張ってもブレないとか、やっぱtakaちゃんすげーなと、改めて感動した。
あの青いライトを背負って、手を突き出されるだけで世界が見えるような、力強さと大きさを感じてしまうのが不思議だった。密着しているカメラマンの語りもメンバーや彼らの歴史を垣間見れたような気持ちになってよかった。

ドキュメンタリーというよりまさにライブだった。ライブだけどドキュメンタリーだった。
ONE OK ROCK 。
いいバンドだと思う。
若い人の躍動こそが明日へのエネルギーになっているアラフォー(まだいうか…)にとっては濃厚なエキスだった。


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします







TOPへ
片雲さくら

5月に読んだ本(2014年)

暑いっすな。梅雨を迎える前に夏日、猛暑日が来るとはね。ってことで、風呂で本読む機会が増えました。
ちょと面白い入浴剤を目にするとついでに本を買って帰るという優雅な日があるのかなんとなく幸せです。
そのうち湯気の中にいるのも不快になるほどの日がくるのかと思うとうんざりしますがね。


2014年5月の読書メーター読んだ本の数:14冊読んだページ数:2993ページナイス数:96ナイス妖奇庵夜話  その探偵、人にあらず (角川ホラー文庫)妖奇庵夜話 その探偵、人にあらず (角川ホラー文庫)感想角川ホラーはホラーといいながら怖いもんないし、いっそもっとイラスト増やしてラノベっぽくしてくれた方が読むほうも楽しいんだか。悪意のないヤツほど人を傷つけるもんだということ、青目は趣味としてもあの女…。キャラが面白いので続編買ってもいいかも。読了日:5月30日 著者:榎田ユウリ
群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)群青学舎 四巻 (BEAM COMIX)感想再読。読了日:5月25日 著者:入江亜季
群青学舎 三巻 (BEAM COMIX)群青学舎 三巻 (BEAM COMIX)感想再読。読了日:5月25日 著者:入江亜季
群青学舎 二巻 (BEAM COMIX)群青学舎 二巻 (BEAM COMIX)感想再読。都さんはこの間なにかあったのかってほど違ってる気がするな。「北の十剣」はこんな短い物語の中でも圧倒的な背景と歴史が一瞬でわかる。ダイジェストな感じなのにすごいなぁ。読了日:5月25日 著者:入江亜季
群青学舎 一巻 (ビームコミックス)群青学舎 一巻 (ビームコミックス)感想再読。人の肉感的なところがすき。そして圧倒的な描写にやっぱり引き込まれる。読了日:5月25日 著者:入江亜季
青空の卵 (2) (ウィングス・コミックス)青空の卵 (2) (ウィングス・コミックス)感想うーん、深刻に考えるとあまりいい交友関係ではないきがするけど、温かい人たちばかりだからなんとかなってるのかな。坂木が連れてくる人に文句はいっても拒否はしないから世界は開かれてるけど…、うん、まあいいや。読了日:5月25日 著者:藤たまき
まほろ駅前番外地 (文春文庫)まほろ駅前番外地 (文春文庫)感想三浦さんの作品はまだ5〜6作しか読んでないが、どうも長編とかよりこういう読み切りとか短編とかのほうが、すっきりしていていい気がする。あちこちに妄想が飛んでしまう感じがするので、こういうあらゆる登場人物が出る作品のほうがあってる気がした。IWGPみたいにもっと事件性があったら面白いかもしれないけど、人も街もどこか現実味がなくて、時間つぶし程度な本かな。読了日:5月18日 著者:三浦しをん
それでも、やさしい恋をする (H&C Comics/CRAFTシリーズ)それでも、やさしい恋をする (H&C Comics/CRAFTシリーズ)感想小野田さん好きだったので購入。「“謝ります”はな、実質謝ってねぇんだよ! 謝れ!」で大爆笑してしまってほぼ内容覚えてない。幸せならいいが、なんかそこまで進まなくとも呑み友でもって思ってしまうのは小野田ファンの嫉妬かw 外川さんの出方がまた好き。映画化って…。読了日:5月17日 著者:ヨネダコウ
青空の卵 (1) (ウィングス・コミックス)青空の卵 (1) (ウィングス・コミックス)感想小説のほうでBLくさいという人が多かったので、漫画を購入したがそれほどでもないし、作者性別不明ってことだが、間違いなく男だろうと思った。…違うかな? しかし、こいつをひきこもりと言ってしまうとホントの引きこもりは怒るんじゃないかな。二人して依存しすぎ。あとやっぱり「和菓子〜」でも思ったけど推理は強引すぎるかな。読了日:5月17日 著者:藤たまき
艶縛―軍靴の蹂躙 (ARLES NOVELS)艶縛―軍靴の蹂躙 (ARLES NOVELS)感想軍服、大正ものってことで、あっという間に読み切るほど堪能しました。そっか、このイラストの方亡くなってしまったんですね。とてもキレイだったので、もっと見たいと思った。残念です。読了日:5月15日 著者:バーバラ片桐
アナトミア (IDコミックス gateauコミックス)アナトミア (IDコミックス gateauコミックス)感想「縁側〜」読んでこの方の他の作品も読んでみたくて購入。メルヘンチックな雰囲気ながら、露骨で簡潔なセリフのギャップが面白い。綺麗だけど、エロさはない。ストーリー重視で楽しめた。読了日:5月12日 著者:藤たまき
テンカウント (1) (ディアプラス・コミックス)テンカウント (1) (ディアプラス・コミックス)感想うーん、ドアノブとつり革は私にとっては同じレベルだし、10番目は容易に予想がつく。でもそれなりにストーリーに浸れた。読了日:5月10日 著者:宝井理人
悪辣色男 (ラヴァーズ文庫)悪辣色男 (ラヴァーズ文庫)感想「無害」な39歳。あまり興味もわかないので、本気でタイトルのような男が現れたのかと思っただけに、ありきたりのハッピーエンドで、いいっちゃいいけど、物足りない。初の○○プレイだそうで。でも好きな体位はかわんないんだなって感じでw 奈良さんもすっかりごっつい男ばっかになってきましたね。読了日:5月5日 著者:中原一也
六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)六花の勇者 (六花の勇者シリーズ) (集英社スーパーダッシュ文庫)感想何が地上最強なのかわからないけど、根拠もなくそれだけ言い続け、周りに「バカ、卑劣」という評価をされまくるという前半はクソ面白くなかったし、勇者の戦いっぷりがあまり想像できなくて、なんで? って感じ。人を疑うのって読んでてもシンドイけど、解決したと思ったら「また?」ってのにがっくり。読了日:5月3日 著者:山形石雄
読書メーター


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします





TOPへ
片雲さくら

ジンギスカン! アーンド ビアガーデン

ビアガーデン2014
早くもビアガーデン! 行っちゃいました。
まだ5月、毎年行っているけど、5月に行ったことはなかったよね。早い。
どこもまだ始まったばかりだったのだけど、ここはゴールデンウィークあたりからやってるとかで、思わず心揺さぶられて、同僚を誘ってみた。
前の日もその前の日も雨ふったし、行く道すがらもカーディガンはおるほど寒かったしちょっと心配だったんだけど、行ってみたら、なんと快適!
テラスという感じなので、風はふきこまないし、雨が降っても横殴りじゃないかぎり、ここなら大丈夫って感じ。前、トウモロコシも飛んでっちゃうほどのバーベキュー&ビアガーデンで必死になったことはあるけど、ここはちゃんとくつろいで呑めるね。

ビアガーデン2014つーことで、ジンギスカン。ドーン!
すごい! この量。
つか、なんか良い肉なんじゃね? ってのがわかるっしょ。
分厚いけど、すぐ咬み切れるし、脂も甘くて美味い。
いつもなら呑みに徹する私だけど、結構な量食えました。
美味かった。
骨付、とくに美味い!


ビアガーデン2014参加者半分男子でしたが、ずっと焼きまくってても食べきれないくらいでしたねぇ。
あ、これ以外にバーニャカウダもついてきます。
飲みホには焼酎もワインもありで、(うーん、できればハイボールもほしい)
結構満足というか、かなり満足なビアガーデンでした。
ジンギスカン好きな方はぜひ行ってみるべき!






人気ブログランキングへ ポチっとお願いします






TOPへ
片雲さくら

富士山周辺のお土産、さんざん買いまくりました。

特別、誰にこれあげようとかそんな予定もないのに買ってしまうのは酔ってるからかもしれない。
座るとどこでも呑んでます。
電車、乗り換え、蕎麦屋、土産屋、旅館、バス停。
呑まないのはバスの中とタクシーくらいじゃないですかね。
地ビールが案外なくってがっかりしましたが、ワインは有りました。缶もあるからいいね。

富士山土産つい手を伸ばしてしまうのがやはり地域限定品でしょう。
河口湖周辺に土産屋さんがたくさんあります。
カチカチ山に行ったあと色々眺めてみました。
富士山周辺ってことだからよくよく見ると静岡、わさび、とかあったりして、「あ、違う違う」と戻したりしながら、へんなものを買ってしまうw
一味入りキットカットってどうよ? って思ったけど、一味の味はしなかった。しかし人に食わせてみると「あとから来る…」とまるで私、だましたような。
個人差ですよ。


富士山土産会社へ持っていったお土産。
なんすか、もつ味のドロップって!
ええ、これはホントにそんな味で、ビールでものみながらならいいけど、仕事中に食うもんじゃないと。
そのせいか、「おせんべいは、ふつーに美味しかったです」と好評を得る。
なんすか、フツーって。



プレミアム信玄餅プレミアム信玄餅

あちこちで信玄餅は売ってるんですけど、大月駅前にこの桔梗屋があるんですよね。
どうもそこでしか売ってないらしいと噂を聞きつけてとりあえず買ってみました。
プレミアム信玄餅。
原料が普通のよりいいらしいですよ。
しかし、黒蜜にしても、きなこにしても、このクニュクニュの本体にしても、
これ単体ではどうなのか、さっぱりわかりませんね。
単に信玄餅って感じでした。うーん。

信玄プリン信玄プリン


黒蜜かけて食べるプリン!
これは考えただけでも美味いだろうと思っていたけど、やっぱり美味かった!
しかくい容器に入っているので、家庭にあるスプーンで食うと角っこが食えないらしいが、ついてるスプーンで食うと食べ残しもありませんw

富士山土産会社のはす向かいに座ってる彼女がふち子さんをあつめているので、温泉ふち子さんを購入。
ほろ酔いふち子さんが欲しかったんだけど、スタンダードに足蹴りのふち子さんだった。しかし、ひじ、ひざ、ほっぺ、色っぽく赤い。



人気ブログランキングへ ポチっとお願いします





TOPへ
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< July 2014 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM