片雲さくら

12月に読んだ本(2017年)

こんにちは
今年もよろしくお願いします。

年末なので、本棚に入らない本は売り飛ばそうと整理していたら、登録してないものが多数あったので、ちょっといれてみた。
実際は12月に読んだ本は少ないww

12月の読書メーター
読んだ本の数:10
読んだページ数:2373
ナイス数:45

フラジャイル(10) (アフタヌーンKC)フラジャイル(10) (アフタヌーンKC)感想
爆笑と号泣。やっぱりこの作品大好きだわ。岸先生。「いや多分君のほうが先…」ってしゃれにもならんことを子ども相手によく言える。と思いつつ、子どもだろうとなんだろうとひとつの命として、小料理屋で交わされる会話に涙した。そして間瀬の復活。カイジ並みの楽しみがある気がするー♪
読了日:12月31日 著者:恵 三朗
おまえのすべてが燃え上がる (新潮文庫nex)おまえのすべてが燃え上がる (新潮文庫nex)感想
これ以外持ってなかったから読むしかなかったけど、中盤までこのクソどもが幸せになろうと野垂れ死のうと興味もわかないほど、人として捉えることができなかった。どうせ、弟、空想でしょってわかるし。キモって醍醐に言う前にオマエのテンションのほうがキモいわ。静かにキレイに終わろうとしてるけど、なんだこれ?って感じだった。 ホント、なんだ、これ?
読了日:12月29日 著者:竹宮 ゆゆこ
【Amazon.co.jp限定】Under the Rose (10) 春の賛歌 (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (バーズコミックス デラックス)【Amazon.co.jp限定】Under the Rose (10) 春の賛歌 (特典:描き下ろしイラスト データ配信) (バーズコミックス デラックス)感想
怖い怖い。こんな表紙やめてー! 誰か止めてー。誰を? そんなことになってしまったらグレゴリーはどうなるの? てか、今の今までモルゴースさん黙ってたってこと? 先生、弟の間になんかあったよね? もう、一つ秘密が暴かれるたびに謎が深まる。怖い。また2年待つの? 辛い…。
読了日:12月23日 著者:船戸 明里
入らずの森 (祥伝社文庫)入らずの森 (祥伝社文庫)感想
粘菌ってなんなんだろうな。想像できたらもっとリアルに感じて面白かったのかもしれないけど、ホラーをファンタジーで戦うっていうのはシラけるなぁ。じわじわと迫る恐怖が、残念なことになりました。
読了日:12月16日 著者:宇佐美 まこと
北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)北北西に曇と往け 1巻 (ハルタコミックス)感想
久々の入江ワールド。「わからんな」っていう愛着と、色気とバイオレンスとミステリー。描きたりないってほど表情に迫ってくる感じがやっぱり好きです。続きが気になりますね。
読了日:12月16日 著者:入江 亜季
あしょんでよッ 〜うちの犬ログ〜 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)あしょんでよッ 〜うちの犬ログ〜 1 (MFC ジーンピクシブシリーズ)感想
感想書き忘れ。コーギーはかわいい。コーギーはやっぱ、人の顔みていろいろ考えるんだなとか、いろいろ思ったり、懐かしくて涙でたり。とーたんがいい感じで楽しい。ずっととーたんの隣で幸せでいてほしいな。
読了日:12月16日 著者:らくだ
波津彬子選集 1 鏡花夢幻 (Nemuki+コミックス)波津彬子選集 1 鏡花夢幻 (Nemuki+コミックス)感想
花組芝居で泉鏡花の作品は出てきた。面白かった。お天気キャスターの木原さんがポスター描いてたころだから随分前だ。懐かしいなと思いながら読んだ。きっと原作を読んでもどうにも私には伝わらないのだろうなという確信したw
読了日:12月10日 著者:波津彬子,泉鏡花
異世界居酒屋「のぶ」(1) (カドカワコミックス・エース)異世界居酒屋「のぶ」(1) (カドカワコミックス・エース)感想
なんだ、ってのが正直。どうせ異世界なのだから、時代や国、あちこち移転するんだと思ってたので、1巻だけだと、なんだ、で終わるかな。そもそも今の時代のものの方がおいしいって観点は、ミシュランの評価が低いのに、万国どの時代でもホントはおいしいって言われるものなのかな、とか思ったり。通貨とか、儲けなしでいいなら娯楽ですかとか、ちょっと、うん、いらないかな。
読了日:12月09日 著者:ヴァージニア二等兵
鵼の絵師 5 (Nemuki+コミックス)鵼の絵師 5 (Nemuki+コミックス)感想
感想を書き忘れてました。やはりこれはほろりと泣かせるいい話があっていいですね。幽霊画のやつはちょっと怖い気もしましたけど…。
読了日:12月04日 著者:猪川朱美
宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)感想
感想書き忘れてました。友達に「声を上げて笑うほど面白い」と言われて、『二度と買わないと誓ったオレンジ文庫』を買ってしまった。1巻はまぁそれほどでもないけど、いい感じのコンビですね。さらっと読み終わるし、正義のゆるさがツボかもしれない。
読了日:12月01日 著者:辻村 七子


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

TOPへ
片雲さくら

あー、時間って早いな

ななこさんにコメント頂きまして、すっかりブログの更新も読書メーターの記録も忘れていたことに気付きました。

読んだはずの本も読書メーターに記録してませんでしたねー。

漫画は発売日に買いにいって舐めるほど読みながら、忘れてますね。

小説はとりあえず、積読を消去するまで新しいものを買うのやめようと思い、

ゆっくり読んでます。

ちょっと前まで読む暇もなかったけど、ようやく風呂で湯舟が水になるまで浸って読んでますw

 

ま、激震の年でしたね。

転職先が決まって5月に会社やめたんですけど、

その転職先の社長がパワハラ、セクハラ、モバハラ大好きのクソみたいな男だったので、3週間で辞めました。

「ばばぁには手ぇださねーよ!」って笑いながらいってましたけど、

若い女子社員が毎日泣かされて、「ごめんね、いいすぎて…」とかいって食事に誘うなんて拒否権なし。

そして仕事が遅れてまた翌日怒られるとか、DV連鎖を楽しんでいるキモい男がいる職場で働けるかっつーの。

 

勢いで辞めつつ、私って組織で働けない人間なのかもなーと思いつつ。

そんなときに個人的に仕事を貰い、なんとなく仕事しつつ、上手くいくかもーと思ってたところで、

組んでた奴に裏切られ。

5年は付き合ったかなって、友達だと思ってた奴なのに。

そこそこ仕事はできるだろうと思ってた奴なのに。

途中で突然明かにやる気なくしてるなと感じつつ、持ち上げたり叱ったりしつつ続けてみたが、

最後までは持たなかった。

挙句の果てにクライアントには私が一方的に仕事を投げ出して、心折れましたとかって訴えてたっていう、

笑っちゃうわ。

 

金を持ち逃げされたうえに、結局あのヤロー、ばれないように仕事間引きしてたんじゃねーかってことが発覚し。

 

私のことを悪く言ってるってのも知ってたし、実際悪く思われているというのも伝わってきていたので、

この際、触れないことにしておくというのもできたかもしれないけど、

今後、やっぱりこの仕事を続けていくならそれはないなと思い、

詰られる覚悟で乗り込むと、

クライアントも私が悪いという印象を与えられながらも、ヤローの態度がおかしくなりつつあることに

スタッフ全員が感づき、意見が一致したときには逃げられてたという結末に。

うーん。

友だちだと思ってたんだけどな。

仕事ってうまくはいかないものなのかな。

やっぱ、個人ってムズカシイのかな、っていうか、ヤローはどう考えてもおかしいだろっていうか、私が原因ですか?

とか、いろいろナヤミつつ、まず3か月が無収入で終わってしまったので、慌てて仕事を探し、

安すぎるバイトだが、同じ業種だし、未来を思えば…ってことで妥協しつつ、バイトを始めながらも。。。

 

そのひどすぎる状態のまま知らん顔はできないので、

フォローさせてもらうことにした。

金は入ってこないが、自分が信念をもって始めた仕事だし、

縁は切ったとはいえ友だちだったやつを共同制作者として据えてしまった責任もある。

あいつの自堕落を自分のスキルにしてはいけない。

信頼の回復とはムズカシイものだが、まず、私を受け入れてくれた人には報いないといけない。

 

勉強させてもらいました。

ってことで片づけてもいいかもしれないけど、これで転んではいられない。

個人怖いとわかりつつ、組織があうかというとそうでもない気もするしな。

こんな状態でも、助けてくれる人もいるし、誘ってくれる飲み友達もいる。

私はまだ頑張れる。

来年もまだ五里霧中かもしれないけど、

笑顔を向けてくれる人を、声を掛けてくれる人を、大切にしながら来年も頑張っていこうと思った。

 

 

JUGEMテーマ:日記・一般

TOPへ
片雲さくら

10月に読んだ本(2017年)

おかしいな。
漫画4冊読むのもいっぱいいっぱいなんて。
いったい一ヶ月なにしてんだかわかんないけど、忙しい。
そして、具合が悪い。
以前より酒が飲めなくなった。というか、飲んでも解毒できない朝が多くて、胃薬を飲むのだが、それも解けないうちに出てきちゃうっていうね。緑のうん●、、、
普通に休肝日を作れるようになった。

10月の読書メーター
読んだ本の数:4
読んだページ数:561
ナイス数:46

魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS) 最新巻魔法使いの嫁 8 (BLADE COMICS) 最新巻感想
チセがどんどんボロボロになっていく…話もどんどん重くなっていく。ハガレンは死人が出過ぎて途中で読むのやめたけど、そうならないといーな。
読了日:10月09日 著者:ヤマザキコレ
不機嫌なモノノケ庵(9) (ガンガンコミックスONLINE)不機嫌なモノノケ庵(9) (ガンガンコミックスONLINE)感想
安倍くんと芦屋くんがどんどん信頼関係を深めていくようで、あっちの世界のいざこざもなんだかいーかも。行政さんこわいけど…
読了日:10月07日 著者:ワザワキリ
波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)波よ聞いてくれ(4) (アフタヌーンKC)感想
釧路つーか、北海道のディスりかたがスゴイな! 群馬のアレを越えたと思った。茅代さんとの闘いがもっとヒートアップしてくれるとますます腹捩れるわ。ミナレは無敵だわー。面白い。飲んでる後ろの席とかにそっと近づいてみたいww
読了日:10月05日 著者:沙村 広明
ぼくの輪廻 4 (フラワーコミックス)ぼくの輪廻 4 (フラワーコミックス)感想
表紙のとおり、ようやく輪廻。でもおっぱい。時代によっておっぱいと美人の魅力も変わるのかなぁ。男性は美しいが、これじゃただの痴女だろうと思うのだが、史実なんですかぁ? 
読了日:10月02日 著者:嶋木 あこ


人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

 

TOPへ
片雲さくら

コムサで誕生日ケーキ注文しました

コムサのケーキ

「きゃー! こんなおしゃれなケーキがあるなんて…」

と感動してもらえるすごいケーキです。

いちごとモンブランのケーキ。誕生日ケーキで調べていたら

やたらインパクトあるケーキが並んでいるのがコムサでした。

おしゃれな洋服やさんがケーキ? と驚きましたが、

あのファッションビルの一番上にカフェがあり、そこで予約ができるようです。

 

服なんて買えないので、恐る恐る入ってみました。

エレベーターが見当たらず、エスカレーターで登ると

一階ごとに180度回らないといけないので、フロアごとに店員に声を掛けられて

ちょっと気恥しい。。。

 

カフェもフロア一面で、入るとショーケースにキレイなケーキが並んでいます。

ワクワクします。

店員さんに声を掛けるとカタログからケーキを選ぶように言われます。

カタログ並べているだけでも楽しいです。

季節のフルーツもありました。いちじく…好きだった気がするけどどうなんだろう?

マンゴーとかやたら美しくって、絶対おいしいに決まっているし、

メロンも宝石みたいでゴージャスだし、迷うわー。

結局、スタンダードにいちごにしました。

秋らしくマロンもね。

ろうそくの色は数字で決まっているらしいですが、スリムで可愛いですね。

 

お味はもちろん見た目どおりにいちごのすっぱいのとマロンのクリームと

中のクリーム、フルーツ、パイ生地とクッキー、4等分ぺろっといけちゃいます♪

切るのが大変ですけどねww

 

季節ごとに楽しめそうなので、また利用したいと思います。

Cafe comme ca

 

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
片雲さくら

愚者の毒/宇佐美まこと

評価:
宇佐美 まこと
祥伝社
¥ 756
(2016-11-11)

職安で名前を取り違えられたことから仲良くなった女性ふたり。希美の紹介で、葉子は妹の子供を連れ住み込み家政婦として働く。住み込みをすることになった家の息子であり会社社長である男に思慕を抱くが、希美の口から聞かないまでも幼馴染以上の仲ではないかと疑る。口が利けない子供のために、父として頼りたいものの、この環境ではと思う気持ちは…。

わぁ。久々に惹きこまれる作品でした。車の事故あたりから先が気になって、一気に読んでしまった。
口のきけない子供、葉子の事情、難波家の事情、炭鉱閉鎖後の貧しい生活は誰の記憶? あれ、この奥様は誰? あれ? まさかここまでつながったりしないよな? と、ひとつ疑いだすと、「まさか?」と悪い想像をしたりしつつで、具合が悪くなりそうなくらい負の連鎖がどことどこでぇ? みたいな心の絶叫とともに話が転がっていく。
中でも炭鉱が閉鎖されてから、あれだけの工夫はそういわれればどこいったんだという思いもしなかったものを見せつけられた気がした。あの時代、そう裕福だった人はいないだろうけど、戦国時代の地主様と農民並みの関係になっていて、さらに都会からの邪悪な怠惰が忍んでいたり、なんだかめっちゃ怖かった。

カラスがそれほど調教できる鳥なのかわからないけど、習性を逆手にってこともあるなら100%行くってわけでもないから、思いの強さが成就させたのかと思うと、これも怖い。
職安で名前を間違えられる。面接までいってるわけだから、期待と交通費のことを考えれば怒らなくもない。些細な事と受け流すしかないと思うことにも、勝気に行く活発な女性なのかと、最初受け流していたが。読み終わってみて、希美の想いというものを改めて強く感じた。

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

JUGEMテーマ:小説全般

 

TOPへ
片雲さくら

コキアを見に行きました

森林公園

先週母の誕生日で実家に帰って、花が見たいというので

国営武蔵丘陵森林公園 に行ってきました。


森林公園

ちょうど見ごろだったようで。

一面、真っ赤なコキアが咲いてました。

場所によってちょっと薄かったり、

こんな真っ赤だったり。

 

周りや間を通れるようになっているのであちこち歩き回ったりしました。


 

森林公園母が少し足を痛めているので、あまり歩きたくなかったのですが、

南口からも中央口からもちょうど歩いて20分くらいのところらしいです。

見た目中央のほうが近いかと思い、中央駐車場に車をとめていきました。

レンタサイクルをしようかとも思いましたが、全部貸し出し中とのことで待ち時間が…ってことなので歩きました。

ま、でもかなり登ったり下ったり、いろは坂ミニ版みたいな感じなので、自転車じゃなくてよかったと思いますが。
 

ま、森林公園ってくらい森林ですから、山道もしょうがないのかなとは思うけど、

植物園のように、歩く道が整備されているわけではないので、

蜘蛛の巣だらけだし、森林浴は楽しめますけど、

花畑を目的にくるシニア層にはキツいですね。

休日だけでも、駐車場からは入れる門を開けてほしいと思いました。

 

森林公園

ハロウィンシーズンなので、なにかいろいろやっているようです。

グッズや食べ物もいろいろ。

晴れててよかったです。

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

TOPへ
片雲さくら

トロカデロ・デ・モンテカルロ・バレエ団、観てきました

去年母が不意に、「男性ばっかりのバレエ団が海外にあるんだって」ってな話をして、

なに? って聞いたら「観に行きたいんだよね」っていってたので、

今年、ずっと来日情報をチェックしてチケットを取りました。

残念ながら、母はその日予定があっていけなかったのだけど。。。

どうしよう、お父さん誘っても嫌がるかしらと思いながらも、妹の誕生日プレゼントとして誘ってもいたので

ほかに譲ることもできず、父と三人で行きました。

 

BUNKAMURA オーチャードホールでの公演で、前から5列目という、よい席でした。

ま、若干全体を見渡すには前の人の頭が邪魔だったりする席でしたが、

表情や、細かい仕草もみれてよかったです。

 

トロカデロ・デ・モンテカルロ

演目は「ショバニアーナ」「瀕死の白鳥」他小作品 「ライモンダ」

 

開演前のアナウンスまで面白かったです。

2016年英国ナショナルダンスアワードで最優秀男性ダンサー賞受賞、

英国部隊芸術事業者協会賞 ダンス部門 優秀賞受賞 など、

世界の名門バレエ団を押しのけて受賞したことやら紹介があり、

女装バレエというだけでない、面白さのみでなくちゃんとしたバレエであることもにおわせてくれます。

 

いざ始まると、中央の王子(?)を含むプリマ(?)の位置取りのいざこざから始まり、

男性でも女性のような手の先まで美しい動きをするのねぇと感嘆してると、

端っこにいるダンサーを蹴り倒したり、どついてみたり。

王子っぽいのはひたすらぼーっとしてんだなと思ったら、袖に下がるだけなのに壁にぶつかってもんどりうったり。

ラインなのに、一人ずれたり、仲間外れになったり、興奮して一人で前でちゃったり。

 

中央で熱演(?)しているのに後ろで、おかしなことしてたり、

ホントに、どこに視線を投げてよいやら、一回ではものたりないほど、隅々まで面白い作品でした。

 

「瀕死の白鳥」は、チュチュから、ひらひらと羽根のようなものが落ちる。

どういう仕組みになっているのか、動くたびに、ひらひらひらひら。

美しいのに、笑える。

短い作品ですが、幕が下りてからもなにか客席と一体になれるような、

このまま引き下がるのではつまらないみたいな尾のひきかたも楽しかったです。

 

笑いが中心というわけではなくて、ああ、こんなスゴイこともできるのねというか

まさに圧巻の演技をするのに、すぐに「ぷっ」と笑えるようなおちゃめなことをしてくれる。

なんだろう、日本のお笑いやコメディとは違う、沸点と上品さはちょっとうまく語れないです。

 

女装バレエということですが、もうずっと見ていると「キレイな人」にしか見えなくなってくる。

男性役が宝塚に見えるみたいな。おっきい女性役の人が逆に男性を抱え上げてみたり。

バレエ自体生でみるのは初めてなのでアレですが、テレビとかでみる無理にガリガリに痩せて軽やかにみせる女性より

胸の筋肉が見えるし、腕もみっちりしてる男性ダンサーの方が美しいと思ってしまった。

 

カーテンコールが何度も続きまして、「ソーラン節」が披露されました。

これも、それぞれの個性が出ていて面白かったし、きれいだなと思いました。

最後の最後まで楽しかったです。

 

父も妹も興奮気味に面白かったねーと言ってくれたのでよかったです。

また機会があれば観たいね、と意見が一致したので、また、今度こそ母もつれていきたいと思います。

 

トロカデロ・デ・モンテカルロ・バレエ団

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM