片雲さくら

フラジャイル 病理医岸京一郎の所見

久々に面白い漫画があったので、漫画のレビューをしましょう。

次の病気の中で年間の死亡者数が一番多いのは?
1. インフルエンザ
2. 結核
3. HIV

歯医者にPMTCで通ってるんですけど、それが医大や病院が多い街なんですね。
本屋に入るとなるほど平積みの作品がほかの町とは違ったりするんですよね。
ってことでこの帯が目に入りました。
一巻の答えは本の裏に書いてあったのに、2巻のこれは帯の裏。
つまり、開封しないと見れないんですね。
調べりゃわかるかもしれないけど、その前に考えているうちに

「この表紙の人、うちの上席に似てるな」

と思って興味を持ってしまって買いました。

それまで知らなかった「病理医」という職の岸京一郎。このちょっと人相悪い人が主役です。
主役っていうかその人の話ってことかな。

病理医が「癌」という診断をする。
病理医はそれ以外に検査技師の出してきた細胞サンプルなんかを顕微鏡でみて、
追加検査の必要性や治療についての意見をする。らしい。
これに見落としや間違い、いわずもがな嘘があってはいけないわけだけど、
この資格を取るにはなんと6割の正解でなれるんだということ。
まったく知らない話が展開されていて「へぇ」といちいち感心しながら先へ進む。

だったらあんたらの家族が倒れたとき
6割しか判断がつかないって言えるんですか?


あんたムチャクチャだよ!!
人間がやってるんだ ミスも錯誤も起る前提で−


病理は10割出しますよ

100%正しい。つまり1つも間違えませんよ。
と言える人間はそういない。が岸先生は言いきってしまう。
それだけのいえる人なのだということが、ちょっとずつわかってくるのだが、
この顔で、そして人が嫌がりそうな言葉をわざわざ選んで口にする性格なので、
どうぜ口だけの嫌なやつなんだろ? って思ってたし、周りの医者もそう思ってるところも
あるのだが、それが違うのだということを徐々にわかってくるところが面白い。
ちょっとずつ成敗されていく感じが楽しいのだ。
そう、医者が悪だというわけではないけど、言われなきゃ忘れてただろうという悪習慣をさらっと指摘したり、患者のことをどっちも思っているのに寄り添っていたのはどっちだと言われると、あれ? ってなるところ。
目から鱗というより、頭割られたような世界の開け方だった。

そう、うちの上席に似てる思ったのは人相の悪さと卑屈な笑い方だけだった。
ここまで完璧なことができる人だったらついていきたい。
私らに小言いいながら妄想でシャチョウをデスってるより、両手をポケットにつっこんだまま、シャチョウに向かってぐうの音も出ないほどの理論と正義で成敗してほしい。
ま、ないけど。妄想天国会社を一瞬でも夢見る機会を与えてくれて感謝するよ。

岸先生のほかにも、神経内科から病理になりたいとやってきた宮崎先生。
ありがちなうるさいイノシシの子ども系なキャラ。
検査技師の森井くん、かなり優秀だけど「そうだったんだ」ってのがある。
それ岸先生に相談したこともないだろう? って思うのになんとなく察して、
ちゃんといろいろ言葉をかけてくれるところがいいですね。
なんとなくじゃなくて、「うちのもの」がどういう行動するか予測できるって、それだけ理解してるってことなのかしら。ますますいいね。

3巻がようやく出て、製薬会社の治験の話が出てきます。
単に怖いなと思ってた話だけど、わらをもすがる思いで病気と闘っている人にとってはそれは一筋の光でもある。ここに間違いや改ざんがあってはならない。
火箱さん、達観してるだけあって悪なのか、素なのか、わからなかったけど、
岸先生のうしろでガキみたいに大泣きしてるのみて、いい子だと思った。

ヤなヤツは、私は排除というか視界に入れないようにするが、岸先生は「やだ」といっても受け入れるからやっぱいい人なのかしらね。
火箱さんと治験者、森井くんの将来、気になります。
長く続いてほしい漫画だと思いました。
一巻はちょっと読みにくいなと思ったし、一話はちょっと表情ありすぎな上に、アツすぎな気がしたので☆はいっこ減らしましたが、ぜひ読んでほしい漫画です。

 
TOPへ
片雲さくら

姫路城へ行ってきました

姫路城9mm@大阪の翌日、姫路城へ行ってきました。
塗り替えられて、再公開が始まったばかりということで、サイト上で混雑状況なども公開されてますが、日曜日などは整理券も発行されるくらいの混雑状況とか。
この時点で、直近の交差点です。
まだ遠い。。。


姫路城ま、その混雑ってのは結局のところ天守閣まで行くとってことなんですが、場内もちょっとは見たいってことで水の門とか、城外だと思うんですけど、ギリまで城の下まで見たいってなるとそのコースをたどるしかないわけで。
行ったときは場内所要時間1時間30分と言われました。
並ぶこと、待つことが大嫌いなのだが、ここまで来て間近でみられないのもしゃくなのでいってみました。



姫路城ミニチュア。
…適当? ってのが感想ですね。つか、これ本当かよって感じ。
それ以外のたいしたものはなかったですね。
正直、本丸しか残ってない川越城のほうが面白かったくらいに、つまらなすぎる場内でした。
急階段ばっかなのに、クソガキや海外の人が入りまじってるので押されてもケツ触れてもしょうがないみたいな、
そして、見に来ているっていうのに、「立ち止まらないでください」とは?!
ま、天守閣からの眺めも、想像どおりなので大した感慨はないんだけど、払った金の分くらいは満喫したいとか、
混雑の中登ってきたのだから、くだる前にちょっと落ち着きたいという気持ちを打ち砕き、
さっさとこの場から離れたい思わせる場内整理の人たちの発言は別格でした。



姫路城そんなだったら整理券発行のもと、人数制限でゆったり回れる方がまだましだけど、
炎天下でこんなところで待たされたらたまったものではないぞっていうスペースを帰りにみてさらにぞっとしつつ、
白く眩しい壁を見ながら退散しました。
あやしい雲行きでしたが、なんとなく晴れてきて。
なんだかんだで2時間くらいかかっていて、すっかり腹へって
どうにもとまらないーっ


姫路おでん駅前に戻って姫路おでんのお店に行きたかったのだが、そこまで歩きたくないってほど疲れてしまってたので、城前の交差点をわたったところでおでんとビールでお昼にしました。
なるほど。
私、冬のコンビニの匂いが嫌いなんで、おでんは嫌いなんだと思ってたけど、
これはおいしかった。
そうか、関東は昆布だしだが、関西はかつおだしでつくってるんですね。
しかもしょうが付。めっちゃおいしかった。
27度、暑いよねーといいながらもおでんがめっちゃおいしかった。


姫路城お城の外堀を昔風の木船が進んでました。
ちょっとすすむと庭を集めた好古園というところがある。
水戸黄門とか大岡越前とか、最近だとるろうに剣心などの撮影にも使われたというお庭だそうで。
大岡越前は大好きで、全シリーズを見ました。
ああ、ここに伊織さんと忠相が佇んでたような…ってところで写真をとりつつ
また、いろんな花や植物も楽しめる雰囲気を堪能しました。
鯉がね、やたらめったら、どいつもこいつもでっかくて、なるほど、将軍様や悪代官が無駄に餌をあげたりするシーンを飾る役者っぷりを感じました。…ええ、鯉に。


そのあと、播磨国総社へお参りしてたら雨が降ってきて、雨宿りしてもやむ気配がないのでタクシーで駅まで戻り、
座った瞬間、かなり疲れていることを認識した。
神戸に移動して生田神社へお参りする予定だったがその元気も時間もなさそうで、一旦ホテルへチェックインすることに。
続きはまた。

TOPへ
片雲さくら

焼きしゃぶ初体験、神戸牛ずくし、うまし!

神戸に用はないんだけど、神戸牛が食いたかったので。
神戸牛、ちゃんとしたものが食いたかったのでコースで出してくれるこのお店を予約しました。

八坐和最初にいっておくとホントのことろ、早めに食事して神戸牛はしごする予定だったのだけど、昼間歩き疲れてしまったのもあるけど、このコースでかなり満足してしまったので、結局のところ、はしごを諦めてホテルへ帰ったんですけどね。

お店の前で、チャンピョンアピールする牛。
八坐和って店です。



八坐和なぜかスパイダーマン。
店予約する前に調べたところによるとなんでもやざわ、あの矢沢のファンであったため、オーナーだかがこの名前にしたとかで、店内に入ると矢沢の写真と歌がお出迎え。
食事中もずっと聴くのかと思ったが、あっという間に店内はいっぱいになってとくに気になるほどではなかった。




八坐和はい。大阪城コース開始。
コース名はたぶんですけど、ライブ会場名でランク付けされてますよね。

美味い。


八坐和美味い。



八坐和神戸なんとかハイボールは青いです。
見た目のまんまの味でした。


八坐和来ました、焼きしゃぶ。
私らは焼きしゃぶってものを初めて体験するのだけど、店の人によると昔からあったという。
そうか、関東では知られてないのかと思って、旅行から帰ってきて関西人の一人にきいてみたけど、
あっさり知らないと言われた。
ってのはともかく、ようはしゃぶしゃぶ用のお肉を鉄鍋でシャッと焼いて食べる、みたいな。
火は載せたらすぐ落とす程度でいいみたいな、ちょっとメンドクサイけど、それでも美味しかったです。
写真撮りたいといったら、店員さんがわざわざ受賞のあれこれを並べてくれました。
野菜もめっちゃ美味しかったです。



八坐和炙りずしも外せないですよねー。
コースに入っているので安心ですねー。



八坐和焼きしゃぶとすしで十分いっぱいな気分だったけど、
この肉うどんが出てきて、匂いにノックダウン。
気が付いたら食べ終わってたって感じ。
汁も残して頂いてたので、おかわりして汁をすすって満喫しました。


八坐和デザート出てきますが牛の味が消されてしまうのがもったいない気がして、ちょっと食って残してしまいました。
ステーキ一口がデザートでもいいぞってくらい、神戸牛、美味かったです。






TOPへ
片雲さくら

カオスの百年vol.11@ZEPP Namba

カオスの百年vol11

冬将軍も10周年に駆け付けるくらいだから雨でもしょうがないかといいながら、
大阪まで行ってきました。
9mm Parabellum Bullet、久々のライブでーす。

チケットが全然とれないので9mmライブをメインに地方へ旅行に行くのが楽しみになりました。
前回は新潟で酒三昧でしたが、今回大阪なんで、とくに観光地もないから、つーか、大阪はもうさんざん遊びに行ってるからね、どうしようかって誘ったら連れが行かないというので、今回はオンリー旅かと一人チケットを取る。
ちょっとさびしーなと思ってラインで「サボローくん」のスタンプを送ったら、
それがツボだったのか「やっぱり行きたい!」と。
で、彼女は一般でナントカチケットが取れたので、一緒に行くことに。
で、どこ行くかーと悩んでるところに姫路城の塗り替えが終わって公開、というニュースを聞いて、
「ライブみてたこ焼き食って、翌日姫路で城みて神戸牛食って帰るのはどう?」
ってことで、2カ月、ちんたら計画を立てて行った。ま、それは後として。
ZEPP Namba、地図見てるのにわかんなくて、街人にききながら行きました。

9mm! 久々のライブですよ! 去年のラストにギターの滝が骨折したなんてニュースを見たので、それからすっかり個人活動みたいになってて、ぜんぜんチケット取れないし、新譜の発売なんて話もでないし、で、ストレスたまってましたが、
何故、カオスが大阪で?
しかも単独って?
みたいな謎な感じはありつつ、どうでもいいからライブいきたーいってのが、やっと叶いました。

大阪。大阪でライブはHEAVEN以来かしら?
始まったとたんのノリのよさにもうそのまま楽しく没頭しました。
なんつーんだろうね、なんか東京とはやっぱり空気が違う気がする。

今回、一人かぁと思って静かに上からみようかと思って二階席で一人だったんだけど、
静かにどころか、開始と同時に周り立ちあがってフツーに盛りあがってたので、たのしかった。
(連れは一般でとって1400番台で落ち込んでたが、中村くんのそばまで行けたようで喜んでいた)



1.Answer And Answer
2.Discomunnication
3.Sleepwalk
4.Wanderland
5.TerritorialPissings(Nirvana)
6.どうにもとまらない
7.The Revenge of Surf Queen
8.Scenes
9.反逆のマーチ(新曲)
10.ダークホース(新曲)
11.誰も知らない(新曲)
12.MadPierrot(新曲)
13.Butterfly Effect
14.キャンドルの灯を
15.カモメ
16.ハートに火をつけて
17.Black Market Blues
18.Living Dying Message
19.Talking Machine
20.The Silence

〜アンコール〜
21.ドラムソロ
22.生命のワルツ
23.新しい光
24.Lovecall From The World


卓郎の淡泊でいて何故か笑いを誘うMCつーか、アナウンスに笑いました。
メンバーそれぞれの作った新曲とやらを初披露ってことで、なんか、なるほどーと思いながら聞き入り、ノリました。
初回聴きでは卓郎作が、「なんだろう?」と思ったけど、やっぱり聴けば聴くほど、ガムのように噛めば噛むほどおいしくなる曲なのだろうか。
中村くんのが好きですね。
早くもう一回聴きたいです。9/9発売。遠いなぁ。

Butterfly Effect、滅多にやらないっすよね。聴けたのが嬉しかった。
ニルヴァーナの曲は一緒に歌えたりするのがやっぱり嬉しい。が、周りを見ると、あれ?って思う。これは世代を感じますね。そんな歌詞、、、と思いながらも一緒に歌えて楽しかった。

銅鑼が置いてあるのに、ドラムソロがないまま終わったので、なんか段取り間違えたのかと思ったけど、アンコールでちひろがやってくれました。
ヒカルスティックがやたらかっこよかったです。あんなくるくる回しながら、よく叩けるもんだなぁと感心したり。

鏡をみて「誰だろう?」と思ったり、ライブしないと死んだようなもんだと、そんなことを言ってた気がする。
「生き返った」って言葉で自然に叫べたりして、やっぱり9mm好きなんだなぁと思った。
ライブに行けばエナジーを貰える気がする。
体力が続くかぎり、好きな曲は、好きなアーティストはやっぱりライブで体感して音楽を噛みしめたいと改めて思った。

出て、連れと合流して、難波のあたりでお好み焼きを食って呑んだ。
早く食いたくて、ひっくり返してソース塗ったら、未だ早いと取り上げられて、つきっきりで店員さんが焼き直してくれた。
酔客でゴメンな。

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします






TOPへ
片雲さくら

舟を編む/三浦しをん

子どもの頃から語釈に感心のあった荒木は、玄武書房で辞書づくり30年越え、定年を迎える前に辞書づくりに適した人間はいないかと出版社内で探し、「まじめ」と呼ばれる青年を見に営業部へ行く。真面目とあだ名されるほど超ド級のものだろうと思ったそれは…。

 

荒木からまじめ、西岡と視点が推移していく中で、辞書に対する想いというのは人それぞれ違うものだというのはその人の視点でそれぞれ納得のいくものではあったが、どんどん情熱というか、その熱さも下がっていくような感じがしてなんだか尻すぼみな感じがしてしまったのは私だけだろうか。
まじめという人間が中核となるわけだし、そこまではやっぱり面白かったが、中盤で終わってしまうのはどうなんだろうと思ってしまう。彼らが熱望して身を粉にして尽くしてきた辞書づくりがどうなるのか、そこまでの物語だろうけど、語釈それぞれに面白みを感じても、辞書を切望するまでに引き込まれないので、なんとなくラストまで付き合わされたような感じがしてしまう。

 

そう、,魄いたら△鮑垢靴討い董↓△鯆瓦戮燭薛,亡泙泙譴襪判颪い討△襪茲Δ覆發里箸、またいくつも巡って順路を戻るみたいな、結局モノをしらないと理解はできない用語っていくつか辞書には載っていた。そして、辞書によって説明が違うのも知ってるので、この作品に出てくるそれぞれの辞書に対する感想は、恐らくどんな人間でも感じてたことなのだろうと思う。
それだけに、辞書づくりってこんなに大変なんだよってことは、この本を読めばわかることなのだ。そこは面白いのかなー。
辞書の末巻、とくに英和辞書についてとても熱く語る知人がいた。時代や生まれ、文化、そして触れてきた言語の数やそれにまつわる歴史、その言い方になるまでの一単語について、「まじめ」より面白すぎる拘りのある人を知ってるだけに、「こんなもんか…」と思ってしまった。
例文の突飛な辞書について人気の深夜番組でも何度か取り上げられてるのを見たこともあるので、やっぱり最後まで、同じ熱量の人で、あるいは同じ視点のままで通してほしかったなぁと思う。

 

唯一、ぬめり感というものを気にしたことがなかったので、その部分については面白かった。読んで得した。
日本の製本技術ではページ数に限界があるという。それに対抗できるのは唯一辞書だと思うが、生涯持っていても飽きない辞書っていうのが出たら楽しいなと思う。 地図3年、辞書5年で買い替えるべきと言われたものだが、今や買わなくてもネットで調べられてしまうからね。出版業界はますます大変だろうけど、図鑑がヒットしてたり、やたら面白い地図が出まくってる昨今、辞書も紙で残すべき価値観を誇って出版されるものがあれば面白いだろうな、と思った。

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
片雲さくら

大満足のしゃぶしゃぶ食べ放題

ろくまる五元豚
お彼岸の話になりますが、
毎年墓参りのあとは家族で、恵比寿で飲んで帰るというのを楽しみにしております。
去年はとくに調べもしなかったので、歩き回った挙句けっきょく、恵比寿ガーデンプレイスでフツーにビアガーデンに入って、(それなりに楽しく飲みましたがw)…という感じで。
今年は妹が下調べしたしゃぶしゃぶ食べ放題のお店にいきました。

ランチタイムが終わるかおわらないかって時間だったせいか、ちょと飲みモノや食事の出てくるタイミングが遅かったですが…
予約していけばよかったですかね。
展望レストランなのに、窓際に通されないとちょっと落とされた気がします。

ろくまる五元豚つーのは差し置いても、まあ出される肉にびっくりすること間違いなしの食べ放題でした。
これ、肉の刺身(?)ですか。
飲み介たちには満足のいくツマミですかね、…いや、これで結構、食べごたえがあるので、
メインのしゃぶしゃぶ肉がやってくるとびっくりしますよ。



ほら。
ろくまる五元豚
ほらほら。

ろくまる五元豚しゃぶしゃぶのコースでお肉選べます。
鍋の種類も選べます。
これは豆乳鍋ですね。
このあと〆のごはんだかうどんだかを考えるとぞっとするほどの肉の量でしょ。
お野菜とかもきますからね。
大人4人でしたが、最後にはきっつきつな感じでした。
〆は蕎麦にしました。

あ、デザートもしっかり食べました。


事前にお肉の用意に時間がかかりますと言われてたのを承諾しましたが、
結構まったりするほどでしたね。
そのせいか(?)時間制限もなかったので、3時間くらいのんびり食事ができました。
せめてのみものはもうちょっとはやく出てきてくれるとありがたかったのですが…。




関連ランキング:鍋(その他) | 恵比寿駅目黒駅




人気ブログランキングへ ポチっとお願いします




TOPへ
片雲さくら

月夜の島渡り/恒川 光太郎

さとうきび畑の集落にクームンが出没した。もじゃもじゃ頭の大人の男、片手に蛇をつかみ…。誰もが恐れていたがある日クームンの棲家を見つけた私は彼にくつを差し出した。願いがかなうとは思っていなかったが、「母がまともになってほしい」と呟く。クームンのせいかはわからないが母はそれからしばらくして、酒を飲んで暴れることはなくなった。(クームン)

 

沖縄のどこかを舞台にした7つの短編ホラー集。
私なんぞ、沖縄には行ったことがないので、イメージを押し付けられるとそのまま想像してしまう。もしかして未だ誰も知らない、おそろしい島が存在するかもしれないと思うとコワイ。

 

そうはいってもどちらかといえば、人がすこしおかしくなっているところもあるし、殺人が土台だったりするので、やっぱり未知の生物がいると思うより、隠され続けてきた犯罪や人の心の歪みが怖いのだと思う。
『夜のパーラー』
見下してたはずの人間に出しぬかれることなんてないと思っていたのに、いつの間にかこういうことになってしまうなんて…。自分にも起りそうで、絶対に巻き込まれるものかと思っていたはずなのにこのラストは、という感じだった。

 

人気ブログランキングへ ポチっとお願いします

 

TOPへ
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< August 2015 >>

rss atom 管理者ページ
Selected Entry
Recent Comment
Recent Trackback
Categories
Archives
About
 
Recommended
無料ブログ作成サービス JUGEM